この人にお願いしたい!相談しやすく親身なサポートをしてくれる、優秀な保険外交員とは


「そろそろきちんと保険に加入しようかな」。そう考えてはいるものの、保険外交員がいまいち信用できないため、勧められる商品が本当に自分に合っているのかわからないし、二の足を踏んでいる。そんな経験をもつ方も少なくないはず。

万が一のときにあなたを支えてくれるのが保険商品であり、あらゆるサポートをしてくれるのが保険外交員です。だからこそ、信頼のおける保険外交員に担当してもらい、自分にピッタリの保険商品を選びたいですよね。そこで今回は、優秀な保険外交員の見極め方についてご紹介します。

【保険契約前】日常的なコミュニケーションでわかる、保険外交員の優劣

保険に加入するのであれば、担当の保険外交員は安心しておまかせできる人がいい。では、「安心できる保険外交員」とはどんな人なのでしょうか?保険契約前、つまり顧客になる前でも判断できるポイントがたくさんあります。

清潔感のある身だしなみを心がけている

どんな職種にも通ずることですが、身だしなみに気をつかっている保険外交員は、「印象がよく、気配りができる人」として見られています。営業や接客といった人と接する職種の場合、他の職種以上に、顧客に不快感を与えないなど、接する相手のことまできちんと考えられる人柄や人間性は重要です。

一概に「スーツを着用していれば、きちんといている」とはいえませんが、TPOにあわせたオフィススタイルに、髪や肌、指先まで整えられた清潔感のある身だしなみは、優秀な保険外交員が心がけている要素です。

いつも笑顔でさりげない声かけをしてくれる

勤務先企業に出入りしている保険外交員なら、毎日、昼休みなどに訪問があるはず。その際、契約顧客であるかないかをいっさい問わず、誰に対してもいつも笑顔で挨拶をしてくれる、さりげなく声かけをしてくれるなど、押しつけがましくなく、爽やかな印象を抱かせる保険外交員に注目してみてください。その都度、あなたのペースや状況をなるべく汲み取った対応ができる保険外交員であれば、契約後も信頼のおける接し方をしてくれるはずです。

最初から保険加入目的で声かけをしてこない

「保険に加入してください!」という目的でしか接してこない保険外交員には要注意。前項にも関連しますが、自然と挨拶をかわす間柄になり、いつのまにか雑談をする顔見知りになっている。そんな“ガツガツしていない”保険外交員がおすすめです。

会話のなかで話を聞いてくれる割合が多い

「あなたの話を聞いてくれる>保険外交員が話をする」。対面での会話のなかで、このバランスは保険外交員の力量をはかるポイントです。優秀な保険外交員ほど、保険に対する希望や疑問、不安はもちろん、雑談に至るまで、相手の話を徹底して聞いてくれます。

業界問わず優秀な営業や接客業に共通しますが、自分が話す割合が多い人間は、残念ながら一方的で優秀とは程遠いといえます。心を開いて安心できる保険外交員は、漏れなく聞き上手です。

適度な距離感を保ってくれる

顔見知りになった、仲良くなったからといって、急激に距離を縮め、友だち感覚で無遠慮に領域に入ってくる保険外交員は避けたほうが無難です。つかず離れずの適度な距離感を保ってくれる保険外交員こそ、お互いに信頼関係を築きやすいため、むしろ日常的な会話もしやすくなります。

保険に関する疑問になんでも答えてくれる

優秀な保険外交員ほど、契約前からちょっとした疑問にも気さくに答えてくれます。これは「自分の契約者だけに手厚く、それ以外を相手にしないわけではない」と判断できるポイントです。「質問したら保険に加入しないといけない」と不安がらせることなく、なんでも質問できる雰囲気をもった保険外交員に注目してみましょう。

【商品説明】プラン説明時に差が出る、保険外交員のスキルと人間性

いざ「保険商品を検討しよう!」という段階になると、あなたに合った保険商品でプランニング説明がはじまります。この説明時に顕著に現れるのが、保険外交員のスキルと人間性です。

具体的な日程候補を提示してくれる(提示しやすくしてくれる)

プランニング説明のための予定調整において、「いつがいいですか?」と漠然とした聞き方のみの保険外交員には、「いつまで経っても話が進まない」「頼りにならない」という印象を強くもつ人が少なくありません。

「◯日の◯時〜◯時、△日の△時〜△時であれば、ご希望場所にご訪問可能ですが、◎◎さまのご都合はいかがでしょうか?」、あるいは「◯日から△日のあいだで、◎◎さまのご都合のよろしい時間帯はございますか?」といったように、具体的な日程候補を提示してくれる or 提示しやすくしてくれる保険外交員に注目してみてください。あなたを優先して意向を汲みながら、さりげなくリードしてくれる頼もしい担当になってくれるはずですよ。

個人情報を無理に聞き出そうとしない

プランニングには、氏名・生年月日・年収・家族構成・希望保険料・先々不安に感じている疾病・保険に求めることなど、個人情報が必要になりますが、無理に聞き出そうとしない保険外交員は信頼がおけるといっていいでしょう。

「まだ加入するかどうか迷っている」など、正直に伝えてみてください。最低限の情報で可能な限りプランニングしてくれる、同世代のモデルケースで説明してくれる、といった柔軟な対応をしてくれるはずです。

説明が具体的でわかりやすく、温かみが感じられる

保険商品は専門性が高く、一般的にわかりにくいといわれています。だからこそ、しっかりと説明できる能力と、顧客ファーストで考えられる人間性をもった保険外交員こそ、優秀です。

  • 話し方が理路整然としているため、腑に落ちる。
  • 具体的な数字や事例を交えており、イメージがしやすい。
  • 比較される自社や他社の商品まで提示し、なぜこの商品があなたにおすすめなのか詳細説明があり、自分に合ったプランニングだと納得感が得られる。
  • 話し方に温かみがあり、あなたのペースや理解度に寄り添った優しい説明のため、売りつけや営業成績重視など自己中心的な印象がまったくない。

上記を一例として、“あなたのことを真剣に考えた結果”であることが感じられる保険外交員を選ぶと、まず間違いないでしょう。

プロとして、本当に必要なプランを提案してくれる

年収やライフスタイルに合った無理のないプランニングをしてくれる保険外交員を選ぶのがおすすめです。「アレコレ希望を出してみて、それらをすべて汲んだうえで幅広いプランを作成してくれる」「相談に乗りながら、その場でいろいろと追加で提案してくれる」といった外交員であれば、さらに◎。

その前提で、「あなたにとって本当に必要なプランを提案してくれる」保険外交員がもっとも優秀です。たとえば、「希望保険料は5,000円だけれど、女性特有のリスクをカバーした保険料6,000円のプランをあわせて提案」といったように、希望を聞く=御用聞きが優秀なわけではありません。もっとも優秀な保険外交員は、プロとしてあなたをサポートする頭脳とスキル、人間性をもっていること。安心しておまかせできる保険外交員の見極めポイントにしてくださいね。

先々の見直しを含めたライフプランニングまで案内してくれる

保険商品は、加入したら一生そのままというものではありません。その時々のライフステージにあわせた見直しが必要です。

このため、先々の見直し時期や、どんな商品に切り替えていくことがおすすめか、など、人生設計と照らしあわせたライフプランニングまで案内してくれる保険外交員を選んだほうが◎。今回の加入商品という目先だけではなく、人生を総合的に判断し、あなたを力強くサポートできる力量をもった保険外交員に担当になってもらいましょう。

すぐにサインさせようと結論を急がせない

「すぐにサインしてください!」「◯日までに契約したほうがいいですよ!」と、結論を急がせる保険外交員はNGです。とはいえ、検討期限を提案してくれる保険外交員は◎。

◯日に契約年齢があがってしまう=保険料が変わってしまうなど、あなたにとってデメリットとなる情報を提示したうえで、「よろしければ、◯日までに一度検討してみていただけませんか?」といったように促してくれる保険外交員のほうが安心できるはずです。また、プランニング説明の日程調整と同じく、「返事はいつでもいい」だと検討も返答もしにくくなります。上手にリードしてくれる保険外交員がおすすめですよ。

【保険契約時】「この人にお願いしたい」と信頼できる、優秀な保険外交員

契約時の対応においても、優秀な保険外交員はひと味違います。契約前に判断したい場合、実際に契約した周囲に聞いてみるなどしてみましょう。

契約時の対応がゆったりとしていてスマート

動きがゆったりとしたスマートさは、優秀な保険外交員の特徴のひとつです。決して遅いのではなく、丁寧な所作と物腰は、「契約していただく自分のたいせつなお客様」との想いが随所に感じられ、大事にされていることがわかり、あなたに安心感と特別感をもたらしてくれます。

反対に、まるで相手を軽んじているかのように流れ作業かの如くサインをさせる、説明もどこかいい加減で時間ばかり気にしているなど、不信感を感じる保険外交員は避けたほうがいいでしょう。

加入商品に関する最終的な説明をきちんとしてくれる

契約時にあらためて、加入する商品の契約概要をはじめ、重要事項説明、保障開始日、クーリングオフ、今後のスケジュールなど、すべて説明してくれる保険外交員を選びましょう。特に、がんに関する保障については規定日数経過後という商品が多いため、覚えておきたい事項の案内をしてくれる保険外交員は安心できるはずです。「不明点は後日でも構いませんのでいつでもご連絡くださいね」といった一言がある人なら、さらに信頼がおけますよ。

迷いがあるようなら、無理強いせず少し時間をおいてくれる

「どちらのプランにしようかまだ迷いがある」といったように、最終的に躊躇しているようであれば、正直に伝えてみてください。その際、決して無理強いをせず、少し時間をおいてくれる保険外交員が◎。そのうえで、何日までに返事をしたほうがあなたにとって最良かを教えてくれるなど、きめ細やかなフォローができる保険外交員なら、あなたのベストパートナーになってくれるはずです。

きめ細やかなアフターフォローで長年のパートナーに

契約前・説明時・契約時の見極め方をご紹介しましたが、「定期的に声をかけてくれて、相談しやすい雰囲気をつくってくれる」「加入後は知らん顔で放っておかれる、といったことがいっさいない」など、契約後も適度な距離感でフォローが手厚い保険外交員こそ、もっとも優秀です。

契約時のお礼はもちろん、誕生日や記念日に、気持ちの負担にならないバースデーカードや卓上カレンダー、ハンカチを贈ってくれるなど、保険外交員の力量と人間性次第で「この人が担当でよかった」と実感できるかどうか大きく変わってきます。

もちろん、「病気や怪我をした際、迅速に入院給付金や一時金などの手配をしてくれる」「お見舞いやいたわりの言葉や気持ちに優しさがあり、人間として信頼できる」など、保険を利用する際の対応も重要です。

なにより、「この人なら安心できる」と感じられる保険外交員を選べば、後悔がないはず。ぜひ参考にしてみてくださいね。

保険の加入や見直しが気になる人は、
まず1分で診断
「保険ロボアドバイザー ドーナツ」