AIやロボットがどれだけ進化しても、仕事がなくなることはない!?


AIRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)で、世の中が便利になるのはすばらしいこと。でも一方で、「私の仕事、AIに取られちゃうかも」と不安に思っている人も、いるのではないでしょうか。

事務作業や単純な入力はロボットで代替可能と言われていますが、それって本当なのでしょうか。もし本当なら、今の仕事はいつなくなってしまうのかと気が気ではないですよね。

そこで今回は、AIやロボットによって仕事がなくなってしまうのか?について、考えてみたいと思います。

49%の仕事がなくなるってほんと!?

事務作業や入力作業などの「単純な仕事」は、人間がやらなくていい時代が来ると言われています。その「単純な作業」とは、具体的にどの仕事のことなのでしょうか。

2015年に大手シンクタンクの野村総合研究所NRI)と英オックスフォード大学が、日本の労働人口の49%が人工知能やロボットで代替可能との調査結果を発表しました。大きな波紋を呼んだ話題ですので、覚えておられる方も多いでしょう。

この数字を見て、みなさんはどう思いましたか。自分の仕事はロボットやAIに取られてしまうかも、と不安を感じた方が多かったように思います。

将来なくなる可能性の高い仕事の2つの特徴

この調査では、「人工知能やロボット等による代替可能性が高い100種の職業」として、以下のようなものが挙がっています。

  • 一般事務員
  • レジ係
  • 駅務員
  • ビル清掃員
  • 新聞配達員
  • 清涼飲料ルートセールス員
  • CADオペレーター など

さらに、こうした仕事に共通する特徴として、以下の2点を挙げています。

  1. 必ずしも特別の知識・スキルが求められない職業
  2. データの分析や秩序的・体系的操作が求められる職業

特別な知識やスキルが求められないと言っても、業務の人と打ち合わせをしたり、より良質な仕事をしようという工夫もたくさんしていると思います。

ただ、皮肉なことですが、こうして人間がした努力を、効率よく作業できるように整えれば、あとはシステムに落とし込むだけで、AIやロボットが作業できるようになってしまうのです。

また、CADオペレーターや税理士、公認会計士のような高度なデータ分析が必要な仕事もAIやロボットによる代替可能性が高いと言われています。

パソコンですら、人間よりもはるかに速いスピードで数式を計算してしまいます。このような大量のデータを計算する作業や分析する仕事というのは人間よりAIに分があるため、AIやロボットによる代替が進みやすいといえます。

AIやロボットは「忖度」できない

しかし、現実はそう簡単にうまくはいきません。実際に、筆者の職場でもRPAを導入しようという話が出たのですが、結局は立ち消えとなってしまいました。

人間が手で行っていたものをシステムに落とし込むというのは非常に大変なことです。ロボットは人間のように、抽象的な表現をかみ砕いて理解してくれるわけではないので、すべてシステムで細分化し何とか表現する必要があります。

たとえば「ちょっとこれ、うまくやっといて」とか「いつもの感じでやっておいて」という指示は、ロボットには理解できません。職場の人間どうして、お互いに「うまくやる」とか「いつもの感じでやる」というのが暗黙の了解で分かっているからこそ成り立つものであって、その相手がロボットであれば通じないわけです。

何をどうやるのが「うまくやる」ことなのか、というのを具体的な命令文にして落とし込まなければならないのです。ロボットやAIには「空気を読む」ということがないので、抽象的なことは受け入れてもらえません。いわば「忖度」が通じない、ということなので、日本人にはよくも悪くもなじみにくいかもしれません。

汎用人工知能と特化型人工知能

自分で得た情報をもとに自ら判断して処理に取り掛かるような、人間に近い知能のことを「汎用人工知能」と言います。汎用人工知能は、知識を応用する力、自己学習する力があります。

逆に、先に言ったような人間の指示を受けて、抜群な知能を発揮するものを「特化型人工知能」と言います。人間が組み込んだプログラミングと大量なデータの分析・計算を武器に、ある特定の領域において抜群の能力を発揮します。

一時話題になった将棋の人工知能は「特化型人工知能」のひとつであり、すでに多くの分野で実用化が進んでいます。

参考

Adecco – AI・ロボットへの代替は、バックオフィスからフロント業務へ

将来なくならない仕事の2つの特徴

ここまでは「将来なくなる可能性の高い仕事」について見てきました。では逆に、将来なくならない仕事にはどういうものがあるのでしょうか。

同じく、野村総合研究所と英オックスフォード大学の共同研究の結果によると、次のような職業がAIやロボットによる代替可能性が低い職業とされています。

  • アートディレクター
  • 犬訓練士
  • 映画監督
  • 作詞家・作曲家
  • 俳優
  • 美容師
  • 保育士
  • 内科医 など

共通する特徴としては、以下の2つが挙げられています。

アイデア、仕組み、コンセプトなど抽象的な概念を創造する職業

アートディレクターや作詞・作曲家などがこれにあたります。自分が取り込んださまざまな情報や経験を咀嚼し、自分なりに表現するというものは、AIやロボットが最も苦手とする分野です。

AIやロボットは、命令されたことは何でもできるのですが、それだけでは個性は生まれません。「創造する」というのは、人間だけがもつ独特の「感性」や「感覚」が必要なことであり、これがなければオリジナリティも生まれません。人間が膨大なデータを即時に計算できないのと同じように、AIやロボットにも苦手な仕事があるというわけです。

高いコミュニケーション能力が求められる職業

臨機応変な対応が求められる保育士や内科医、美容師なども、AIやロボットによる代替が難しいと言われています。

特に保育士は、幼い子どもが発する言葉を聞いて、求めることを理解してあげるという高い能力が必要です。子どもたちの顔色を見て体調不良だと判断したり、園児たちのケンカを仲裁したり、園児たちをあらゆる危険から守ったり。こうした言葉以外のコミュニケーションは、やはり人間の方に分があります。

人間がやることに意味がある職業

AIやロボットが演技をしていると思えば、なんだか白けてしまうというのは誰でも想像できると思います。また、汗もかかずスポーツするAIやロボットの姿を見て感動できるでしょうか。

もちろんAIやロボットの能力の高さを競う大会などでは、技術者や発明者の努力を感じて感動することもあるでしょう。しかし、通常はそうではありません。私たちは選手のがんばりやチームメイトとの絆などを見て、感動したり感銘を受けたりするものです。

今ある仕事はなくなるかもしれないけれど、労働や仕事そのものはなくならない

さて、少し目線を変えてみましょう。先ほど、49%の仕事はAIやロボットに代替される可能性があると言いました。だからといって、私たちの仕事は本当になくなってしまうのでしょうか。

技術革新により仕事が奪われるのではなく、新しい仕事が生まれる

第一次産業革命では、蒸気機関が発明され、失業を恐れた労働者が暴動を起こした(ラッダイト運動)のは有名な話です。しかし、そのあと仕事はなくなったでしょうか。結局、モノが大量に製造ができるようになり、価格が下がったことによって需要が拡大し、蒸気機関の機械を動かすための「オペレーター」という仕事が新しく生まれました。

また、AIやロボットが仕事をするといっても、今の段階ではまだ「誰かが命令」しなければなりません。システム化するためのしくみを考えるのも、プログラミングをするにも、まだ人間の手が必要です。

こう考えてみると、49%の仕事が代替されるからと言って、仕事が奪われることはなさそうだと感じませんか。

そもそも、わたしたちの仕事では「それができるようになったら、次はこれをやって」というように、仕事ができるようになったらどんどん次の仕事を覚えることを求められます。もしくは、「その仕事はもうしなくていいから、こっちの仕事やって」ということを言われたこともあるのではないでしょうか。

同じように、事務作業や入力作業がAIやロボットによって代替されるようになったとしても、次は、AIやロボットではできない仕事を任せられるだけなのです。

人件費<AI・ロボットの購入費

経済的な合理性の面でも、AIやロボットによって仕事を奪われる可能性は低いといえます。AIやロボットはまだまだ導入にかなりのコストがかかります。イニシャルコストで何千万、ランニングコストで何百万というお金がかかることもザラです。つまり、人間の手でやったほうがいい、というわけです。

筆者の会社では、結局ここが乗り越えられず、今もまだ人の手で事務作業をやっています。導入だけで桁違いのお金が必要となり、毎月のランニングコストも跳ね上がります。会社としても、そのシステムを導入してどれだけ利益が上がるのか、回収できるのかと不安になったんですね。

いわゆるバックオフィスの仕事をAIやロボットに任せようとしていたために、明確に「このシステムを導入するとどれだけの利益が出ます」ということが試算しづらかったというのも、理由のひとつです。

また、導入するためにはコストだけでなくリソースが必要です。つまり、その事務作業を担うシステムを動かせる人が必要なのです。AIやロボットが導入されたからと言ってすぐに事務作業を任せられるわけではありまあせん。そして、人も必要なくなるわけではありません。

AI・ロボットを実用化するために必要なのは、プログラミングだけじゃない

事務作業だけを見ていると、それほど複雑で難しいことをしているというわけではありません、ですがそれを、プログラミングできるレベルまで落とし込める人もおらず、管理する人もおらず、何かシステムに不具合があったときにすぐに立て直せそうな人もいない。そんな状況ではとても事務作業を効率よく進めるためだけにAIやロボットを導入しようという話にはなりづらいのです。

会社は当然、なにかトラブルがあったときのことを考えます。新システムを導入するときには、どんなに完璧なシステムだとしても「もし何かあったらどういう体制でだれが何をしてトラブルを解決するのか」というところを考えておく必要があります。

そのときに誰も「システムのことがよくわかっていません」という状態では導入に踏み切れません。このあたりも、人間が手作業で行うメリットだと思います。

参考:

nomad journai – AI時代をどう生きるか?】第5回: AIが経済や産業構造にもたらす影響

AIやロボットに仕事を奪われることはない

簡単な作業や繰り返し行われる同じような作業、また大量のデータを扱う仕事などは今後、人間よりもAIや人工知能を使っていくことが多くなるかもしれません。

しかし、だからと言って仕事を奪われるというのはちょっと言いすぎではと思います。どこの職場だって、新しい人が入ってきたら簡単な仕事から任せますよね。それと同じことだと思います。その分手が空いた人は、また別の仕事を覚える。別に仕事がなくなるわけでもないですし、新しい仕事を覚えればクビを切られるということはありません。

今後もAIや人工知能の発明に関する話題はいくらでも出てくると思います。それならそれで、私たち人間にしかできない仕事をやっていけばいいのです。AIや人工知能は私たちの仕事を奪うものではなく、私たちの仕事をもっと便利にしてくれるサポート役であると思ったほうがいいのではないでしょうか。