五月病の予防には運動と、睡眠と、バナナがいい!?


4月に新しい環境になって、ようやく少しずつ慣れてきたかな…と思った頃にゴールデンウィークがやってきます。慣れない環境でがんばってきたストレスから解放され、リフレッシュするいい機会ですが、その一方で休みが続くと、会社に行きたくなくなってしまったり、会社へ行ってもやる気が出なくてつらい状態が続いたりしますよね。これがいわゆる「五月病」です。今回は、五月病の原因と対策についてご紹介します。

新入社員はすべて当てはまるかも!?五月病の原因とは

まずは、そもそも五月病とは? というところから。よく聞く言葉だけど、実際にはどういうものかよくわからないという人も多いと思います。ここで、具体的な症状と原因を確認しておきましょう。

五月病になると、どうなっちゃうの?

五月病になると、どういう症状が出るのでしょうか。自覚症状としては、以下の通りです。

  • 学校・会社に行きたくないと思う
  • 何をしても楽しくない
  • やる気が全くでない
  • 集中力が落ちる
  • 思考力が落ちる
  • 気分がすぐれない

こうしたさまざまな症状に悩まされることで、学校や会社に行けなくなり、欠勤や遅刻をしてしまいます。これが続くと社会的に信用を損ないますし、そうなると自暴自棄になってしまったり落ち込んだりと、さらに自分の首を締めることになってしまい、症状が悪化するケースもあります。

また、これらの精神的な症状のほかに、以下のような身体的な症状も出ることがあります。

  • 体がなんとなくだるい
  • 朝起きることができない
  • 寝つきが悪く、眠りが浅い
  • 食欲が落ちる
  • 動機やめまいがする

こうした症状が積み重なってますます体調が悪化し、専門医への受診が必要になるケースも多くあります。五月病とはいいますが、五月が終われば自動的に治るものではありません。「ただの五月病だ」と軽い気持ちでいると、体からのサインを見逃してしまうことも。自分の体の不調には、たとえ小さなことでも気が付けるように、体には気を遣うようにしてください。

参考:済生会 – なんだか気分が優れない? それ、五月病かもしれません!

五月病の原因は?

では、どうして五月病になってしまうのでしょうか。これにはいくつかの理由が考えられますが、おおまかに分けると次のようなことが原因となっていることが多いようです。ここでは、医師のアンケートをもとに情報提供している医療・健康情報メディアの「イシコメ」の五月病に関する記事(「五月病を徹底解剖!(原因編)精神科・心療内科医200人アンケートで分かった五月病の7つの特徴って? )を参考に、五月病の原因についてまとめていきます。

人間関係の悩み

上司との相性に問題があると、ストレスを感じやすいようです。上司と合うか合わないか、上司がいい人かどうかが、社会人が五月病になるかどうかの分かれ道のようです。

新しい環境では当然、これまでと違った人間関係がつくられていきます。その中では、当然自分に合わない人も当然含まれます。しかし、合わないからといって避けているわけにはいきません。上手くやっていくためにいろんなことを我慢することが必要ですし、意見を上手く伝えられず、もどかしさを感じることもあるでしょう。また、上司や先輩からの圧力があったり、動機やクラスメイトとウマが合わなかったりと、ストレスの要因はたくさんあります。

特に、若い新入社員の場合は、これまでの学生気分が抜けず、上司や先輩に叱責されたこと自体が大きなストレスに感じるものです。慣れてくるとそうでもないのですが、最初のうちは誰だってコワイし、次から話しかけるのがいやになるし、怒られたことで自分の評価が下がったのではないかと心配になるものです。学生時代には経験のないことだと思いますので、仕方のないことです。気にしないで、仕事で挽回するということに徹するのが一番ですが、新人のうちはなかなかそれもできないことで、さらにストレスが溜まってしまうことにもなるようです。

人間は、変化によってストレスを感じる生き物です。そのストレス状態が続くと、たとえそれがポジティブな変化であっても、憂鬱な気分になってしまい、やる気がなくなったり学校へ行きたくなくなったり、身体的にも拒否反応が出たりすることがあります。

日常生活の変化

新しい生活になって起床時間や就寝時間が変わったり、居住環境が変わったりと、いろいろな変化があると思います。そういう変化で、これまでの生活リズムが崩れるとストレスに感じることもよくあります。

学生から社会人になった途端、睡眠時間や食事のタイミングは大きく変わります。たとえば、帰りが遅くなればそのぶん就寝時間も遅くなりますし、会社に遅刻しないように早めに行こうと思うと、学生のときより早起きすることになる人が多いと思います。

逆に、学生のときは徹夜で飲み会をやったり、ゲームをやったりしていたけれど社会人になるにあたって規則正しい生活に戻ったという人もいると思います。そういう人に多いのが、規則正しい生活に修正したことでストレス解消のタイミングを失うというパターンです。

自分では「大丈夫」と思っていても、体が追い付いていない可能性も。自覚がないうちに身体的な症状が出始めたり、精神状態にも影響したりする可能性があるので注意が必要です。

想像していた新生活のイメージとのギャップ

新しい環境に対して抱いていた理想と現実のギャップが大きく、ギャップに耐えかねてうつ状態になってしまう人も多いようです。新生活を始める時には「こんなこと始めよう」とか「あんなことにチャレンジしよう」とかワクワクしていたり、「仕事をがんばろう」と意気込んでいたりするものです。

しかし、実際に会社へ行き始めると現実が見えてきます。私も経験がありますが、心弾ませて「がんばろう」と意気込んで向かった会社で、びっくりしてしまうくらいの勢いで上司が部下を怒鳴りつけていたり、先輩社員が死んだような目で働いていたり。胸で膨らんでいた期待や希望がしぼんでいくのを感じることもあると思います。

こうしたギャップが「こんなはずではなかったのに」という落胆につながり、現実を受け止めきれずにうつ状態に陥ってしまう人が多いようです。

目標を達成し、次の目標が見つからない

たとえば、志望していた学校に合格し、入学できることになった途端に「燃え尽き症候群」になってしまい、やる気が出なくなってしまう人もいます。新社会人でも同じように、目標としていた会社に入社できたり、憧れの仕事に就けたりすると「燃え尽き症候群」になってしまうことも。

入社が目標ではないとはわかっていても、やっぱり憧れの会社に入るためには大変な努力をしたと思います。「燃え尽き症候群」はいわば、がんばったことの証とも言えますが、次の目標を決めてどんどん先へ進まないと、燃え尽きてしまうのかもしれませんね。

仕事量が多い、または厳しい

社会人によくあるうつ状態の原因がこれです。何年も働いている人でさえ、仕事量が多くノルマなどが厳しい環境にいると、心も体も疲れ果ててしまい、うつ状態になることがあります。また、夜は終電帰り、朝も早くから出勤という激務を続けていると、睡眠不足や栄養の偏りから体調不良まで招く人もいます。

ですが、気をつけなければならないのは、ベテラン社員だけではありません。中には新入社員のうちから、ろくな研修も受けずに即戦力扱いされて仕事を振られるケースもあります。作業量の多さだけでなく、不慣れで思い通りにいかないことにストレスを感じるというわけですね。

参考:イシコメ – 五月病を徹底解剖!(原因編)精神科・心療内科医200人アンケートで分かった五月病の7つの特徴って?

五月病になりやすい人の特徴

では、五月病になりやすい人とは、どういう人なのでしょうか。以下のような性格の人がなりやすいといわれています。

  • がんばりやでまじめ、責任感がある、おとなしい
  • 気遣い・気配りができる、几帳面
  • 我慢づよい、忍耐強い
  • あまり感情的にならない

まじめで責任感の強い人ほど、ついがんばりすぎて「あれもこれもやらなきゃ!」といろんなものを背負いこんでしまう可能性があります。怒られたりミスをしたときに責任を感じてふさぎ込んでしまったり、「なんとかしなければ!」といろんなことに手をかけてしまい、結果的に自分の仕事が膨大な量になるということもあります。

気遣いができる人はいろんなことに気を使いすぎて、自分のストレスが限界を超えることがあるようです。また、我慢強い人は自分の中で問題を抱え込んでしまって、誰にも愚痴を言ったり相談したりできずにうつ状態に陥ることがあります。最後の、あまり感情的にならない人は、自分を押さえつけてしまってストレスが溜まってしまうようです。

一般的にはこうした人柄は「好ましい人物」として評価されていますが、いい人でいることで、五月病になる可能性も高くなってしまうのです。

参考:女性の美学 – 「新生活に要注意!五月病の症状と原因、簡単にできる対策ポイント」(http://josei-bigaku.jp/satukiriyuu654164/

五月病の予防には、食事が効果あり!

五月病を予防するにはどうしたらいいのでしょうか。性格を変えるのは時間もかかりますし難しいので、食事で予防する方法があります。

最近、注目されているのが、幸せホルモンといわれるセロトニンを摂取することで心のバランスを安定させるというもの。幸せな気持ちになれないからこそ、うつ状態になるのであって、食べ物によって幸せな気持ちになるのなら手軽でいいですよね。

この幸せホルモン「セロトニン」を分泌させるのは、アミノ酸、ビタミンB群、炭水化物の3つの栄養素。アミノ酸は、なかでも「トリプトファン」という栄養素が効果的なのだそうです。

では、これらの栄養素は、どのような食べ物に含まれているのでしょうか。

たとえばトリプトファンは、肉や魚、大豆製品などタンパク質が豊富に含まれているもの、ビタミンB6は青魚や鶏肉、バナナやさつまいも、アボカド、ナッツなどに多く含まれています。炭水化物はご存知の通り、ご飯やパンなどに含まれています。

1日の初めに食べる「朝ごはん」では、このセロトニンを意識した食事を心がけましょう。とはいっても、朝は何かとバタバタしてしまってあわただしいもの。そこでおすすめなのが、バナナヨーグルトです。おなかにも溜まりますし、セロトニンを分泌させる栄養素もたっぷり含まれています。

さらにセロトニンは「たくさん噛むこと」で脳にたくさん分泌されるといわれています。ですから、「よく噛むこと」を意識したメニューもいいですね。そして何より、ごはんは誰かと一緒に、楽しく食べることをおすすめします。筆者も経験がありますが、一人でぼそぼそとごはんを食べても、あまりおいしく感じません。友達でも恋人でも家族でも、誰かと一緒にご飯を食べることをおすすめします。

参考:キャリアコンパス – 五月病対策は食事から! 憂うつをスッキリ解消できる食事のコツ

一難去ってまた一難五月病の次は六月病にもご用心!

五月病の予防についてご紹介しましたが、なんと「六月病」なるものもあるのです。まさに、一難去ってまた一難…ですね。

六月病は、5〜6月に体調を崩す人が多いためにそう呼ばれている適応障害の一つだそうです。原因は3つあって、まずひとつ目は6月という時期。梅雨でじめじめしていると、気分も憂鬱になってしまいますよね。

2つ目は、現場の厳しさを感じるのがちょうどこの頃だというもの。新入社員の多くは入社後は座学の研修を受け、現場に出るのは5月もしくは6月頃になります。新しい環境に慣れたと思ったら、また新しい環境に放り込まれて…というのは、考えてみれば、かなりハードです。

3つ目は、6月は祝日がないこと。これって地味につらいですよね。祝日があると少しは気分転換もできるのですが、祝日がないということを知るだけでもつらい気持ちになってきます。

六月病の症状は、五月病と大きく変わらないようです。やはり、会社へ行きたくないとか体が不調だとか、気分が沈んだりすることが多いようです。6月の不安定な気候と気圧のせいで、頭痛を感じることもありますよね。それもあいまって、朝起きられなくなったり一日中ぼんやりしてしまったりすることも多くなります。

有効な予防策としては、体を動かすこと。体を動かすと心拍数が上がり、気分がよくなります。スポーツするとすっきりしますよね。加えて、規則正しい食生活というのもはずせません。6月になると少し緊張感がなくなってきて、ちょっと夜更かししたり、深酒をしたりする人もいるかもしれませんが、六月病を引き起こしてしまう原因になっているかも。しっかり睡眠をとり、ストレスを溜めないことが重要です。

参考:キャリアコンパス – 実は5月病よりも怖い? 新入社員に多い6月病の症状と対処法

きちんと予防して五月病・六月病を乗り切ろう!

ゴールデンウィークが近づいてくると同時に、よく耳にするようになる五月病。自分は関係ないと思っていても、いつのまにか会社に行くのが憂鬱になり、何にもやる気が起こらなくなってしまい、最終的にはうつ状態になってしまうことも十分ありえます。できるだけ規則正しい生活と定期的な運動、そしてバランスのいい食事を心がけてツライ時期を乗り切りましょう