歌う・計算する・旅をする|失恋から立ち直る3つの簡単ステップ


失恋したとき、あなたはどう立ち直りますか。もう立ち直れない、と途方に暮れることもあるでしょう。苦しくて、何を食べても味がしなくて、どうしてまだ生きていかなくてはならないのだろうと感じることもあるでしょう。

大好きな人と、別れという道を選ぶという大きな決断。その決断は、いまはとても辛いと思いますが、いずれあなたを幸せにしてくれるはずです。今はそう思えないですよね、それは当たり前のことです。

そこで今回は、失恋からの立ち直り方についてご紹介します。ツライ時間が長く続くのはあなたにとってよくありません。焦らなくていいので、ゆっくり立ち直っていきましょう。

悲しい気持ちを、意志の力で変えるのはすごく難しい

失恋から立ち直るのって、本当に大変です。時々思い出して涙が出てきたり、カップルを見るとつい嫌な気持ちになってしまったりそんな自分がまたいやになって、悪循環に陥ることもあります。

どんなつらい失恋だって、3ヶ月で忘れることができる

でも、人間にはとても便利な能力があります。それは「忘れる」という能力です。小さい頃から色んなことを学んだり、勉強したりしてきた私たちは、いつも「覚えること」ばかり訓練してきました。「忘れること」を訓練してきた人って、あまりいないと思います。それでも人間は「忘れる」ことのできる生き物なのです。

Journal of College Student Psychotherapy という本によると、フラれた痛みもフッた痛みも、どちらも3ヶ月で忘れられるのだとか。人間って、素晴らしいですね。失恋などの痛みを抱えたまま、ずっと死ぬまで生きて行かなくてはならないなんてとても辛いことです。忘れることができるのは、人間の特権です。

どんなに「カレのことを覚えていよう」と思っても、少しずつ思い出の中のカレが小さくなっていきます。切ないことに思えるかもしれませんが、それでいいのです。

行動をすることが、感情を変えることもある

また、人間って面白いなと思うのが、「行動で感情が生まれる」ということです。普通は「感情によって行動が起こるのでは?」と思うかもしれません。しかし、それだけではないのです。たしかに、感情に行動が引っ張られることもあると思います。怒りに任せてモノを蹴り飛ばす人もいますし、恐怖のあまり叫び出してしまう人もいます。

でも、悲しいと思っていても声を上げて笑ってください。面白いものをたくさん見て、たくさん笑ってください。最初は笑えないかもしれないですが、とにかく無理にでも笑うこと。口を大きく開けて、目を細めて、ほっぺをあげて大笑いしてください。

すると、不思議なことに、ちょっと明るい気分になってきませんか。

ちなみに人間は、2つの感情を一度に抱くことができないといわれています。悲しい気持ちと楽しい気持ちを同時に抱くことはできないし、不幸な気持ちと幸せな気持ちを同時に感じることはできないのだそう。つまり、楽しい気持ちやうれしい気持ち、ワクワクした気持ちになれば、悲しい気持ちも忘れられるということです。

失恋からの立ち直り方

では、具体的にどうやって失恋から立ち直るのがいいのでしょうか。ここでは、順を追って失恋を忘れて立ち直る方法について考えていきます。

ステップ1:悲しい気持ちを洗い流す「行動」をする

まずは、悲しい気持ちを洗い流せるような「行動」をすることが大事です。

歌うことで、心身ともにリフレッシュ!

歌が持つ力をご存知ですか?歌を歌うとすっきりしたり、明るい気持ちになったり、前向きな気持ちになることがあると思います。これは、歌に感情移入したり、一生懸命歌うことで頭をからっぽにできることが理由です。

さらに、歌を歌うときってたくさん息を吸いますよね。酸素をたくさん体に取り込むことで、スポーツと同じような効果を期待できます。体にたくさん酸素を取り入れて、腹筋を使って、体を動かして、普段使わないような表情筋も動かして、表情豊かに歌い上げましょう。

できるなら、お気に入りの曲で、アップテンポの曲があるといいですね。子どもの頃によく聞いた曲や好きなアイドルの歌もおすすめです。懐かしさに浸ることができますし、アイドルを見て「(元カレより)こっちのがイケメンだ」と思えるかもしれません。カラオケに行くなら、1人で1時間もあれば十分にすっきりできますし、これなら1,000円もかかりません。お風呂もいいですが、歌うときは近所迷惑にならないようにだけ、気を付けてくださいね。

スポーツで汗を流す

ひたすら走ったり、スポーツに没頭したりするのもオススメです。スポーツも歌と同じで、たくさんの酸素を体に取り入れることができます。さらに、運動することによって分泌されるセロトニンやエンドルフィンによって幸福な気持ちになれるのです。

ただし、やりすぎて疲れてしまうとセロトニンやエンドルフィンが減ってしまうので、運動に慣れていない人は2030分ほどで一旦区切りをつけるようにしましょう。心が元気になるだけでなく、習慣になれば健康維持もできますし、ダイエットにも効果があって一石三鳥です。

ジョギングならジャージと運動用のシューズがあればすぐにできますし、もちろんタダでできます。ジャージやシューズがなかったら、気晴らしにスポーツ用品店でジャージやシューズを買ってもいいですね。お気に入りのジャージを見つけて、好きな色のスニーカーで、ジョギングやスポーツを始めてみるのはいかがでしょうか。

思いっきり涙を流す

運動やカラオケとは別に、映画やドラマ、マンガや小説で思い切り涙を流すという方法もあります。涙を流すとちょっとすっきりしますよね。ただし、恋愛ものはやめておいたほうが無難です。感情移入してしまうので、家族ものや動物もの、スポーツものなどがオススメです。

個人的には、意外と「昔からよく見ていた」アニメがオススメです。ドラえもんポケモンクレヨンしんちゃんなどは、映画になると大人でも涙が出てしまうようなシーンもありますよね。恋愛要素が少ないので安心してみることができます。

また、スリリングなものもドキドキして展開が気になって、自分の失恋どころではなくなります。「フライト・ゲーム」という映画がオススメです。簡単に言ってしまえば飛行機ジャックの話に近いのですが、巧妙なトリックで観ているほうも疑心暗鬼になってしまうレベルのストーリーです。

あとはやっぱり、コメディも外せないですよね。海外ドラマの「ブルックリン ナインナイン」はニューヨーク警察の話ですが、抜群に面白いコメディです。知名度はそれほどありませんが、何も考えずぼんやり見られて、しかも思いっきり笑えるのでオススメです。

映画配信サービスなども充実してきて、月額1,000円ほどで色んな海外ドラマ、映画、アニメなどが市長できるようになりましたよね。これを機に、映画鑑賞を趣味にしてみてはいかがでしょうか。

ステップ2:自分を肯定してあげる「行動」をする

さて、ここまでは「失恋の痛み」を忘れる方法についてご紹介してきました。痛みが少しずつ和らいできたら、今度は自分を認めて肯定してあげましょう。「そんなことできない」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、まずは行動してみることです。

元カレの好きだったところを紙に書いてみる

元カレの好きなところや言われて嬉しかった言葉、2人の幸せな思い出を紙に書き出してみましょう。傷口に塩を塗るよりつらい、と思う人もいるかもしれませんが、逆に、元カレのような素敵な人と付き合えていたのだから、自分も捨てたものではないと思えるかもしれません。

それに、元カレのことを憎まないでいることは、あなたの傷を癒す一つの方法なのです。元カレとの素敵な思い出を書き出すことで、憎しみを少しずつほどいていきます。こうすることで、自分自身の精神的なダメージを減らし、あなたを縛り付けているものから自分を解き放つことができます。

女友達に話を聞いてもらう

もし、自分ひとりではまだ向き合えないというのであれば、共感力の高い女友達に話を聞いてもらってもいいですね。どんな失敗でも、人に話しているうちに笑い話になることってありますよね。

それと同じように、失恋したときの気持ちも人に話すことで客観的に見ることができるかもしれません。笑い話になるのはちょっと先かもしれませんが、ひとまず消化できるようになるかもしれないので、付き合ってくれる女友達を探してみましょう。人に聞かれたくない話なら、いっそのこと自宅に招いてしまいましょう。

計算問題で自分を褒めてあげよう

人に話してもあまりスッキリしなかった、という人は、「プチ成功体験」を積み重ねる方法がオススメです。たとえば、無心で簡単な計算問題を解く。一時期流行った100マス計算なら、悩むこともなくスムーズに取り掛かれますし、目標タイムを作って達成のために黙々とやってみると意外とスッキリします。紙と鉛筆があればどこでもできますし、簡単な問題でも正解するとうれしいものです。赤ペンを持って、たくさん丸をつけて自分をほめてあげてくださいね。

家中をピカピカにして、心もピカピカに

家の大掃除もいいですね。部屋もキレイになりますし、体を動かすのでスッキリします。汚れていたものがキレイになる過程を見るのは気持ちのいいものですし、自分の手で汚れを落としてキレイにする、というのも1つの成功体験です。これを積み重ねることで、少しずつ自分を肯定してあげることができます。

ステップ3:新しい感情を生み出す「行動」をする

最後は、自分を生まれ変わらせるためのステップです。痛みを忘れ、自分を肯定し、世界を変える。この過程が、失恋からあなたを立ち直らせてくれるはずです。

見た目を変えれば、感情も変わる!

たとえば、髪を切ったり染めたりパーマをあてたりして大きくイメージチェンジをする。新しい洋服を買って、今まで着たことのないような服にチャレンジしてみる。メイクを変えて、今までの自分じゃない自分になってみる。気が乗らなくても、こうした行動をとることで気持ちが前に向き始めるのです。

美容院でカットとカラーまたはパーマをするくらいなら、1万円前後でできますよね。23時間も待てば、新しい自分に生まれ変われます。1万円あれば素敵な洋服だって買えます。

ちなみに、失恋などの大きなストレスを抱えた状態で大きな買い物をするのはやめておきましょう。自分では平気だと思っていても、まともな判断ができていない可能性もあります。1万円だったら1万円まで、としっかり決めて買い物へ出かけましょう。これも1日もあればできてしまいますよね。

失恋の傷を癒すには、やっぱり一人旅が一番!?

知らない場所に旅行するのも、おすすめです。新しい自分になるためには、これまでと同じ生活をしていてはダメです。行ったことのない土地で、自分が何をどう受け止めて、どんなことを考えるのか。新しい刺激を受けて、新しい感情や考え方が脳に生まれるように仕向けることができます。お金をかけなくても、レンタカーを借りて一人でふらっと民宿に泊まってもいいですし、ビジネスホテルに泊まってもいいので、とにかく行ったことのない土地へ足を運んでみるのもいいでしょう。

やってみたかったことに挑戦する

これまでやったことのない、新しいことをしてみるというのもオススメです。たとえば、ヒトカラや一人焼肉などのおひとり様行動を極めてみたり、バンジージャンプやジェットコースターにチャレンジしてみたり、新しい習い事を始めてみたり、という感じですね。これまで出会ったことのない自分に出会えると、それだけで生まれ変わったような気持ちになれます。

失恋から立ち直るのは意外と難しくない!

失恋したときには、とても辛く「この先いいことなんてないかも…」と悲観的な気持ちになってしまいますよね。でも、失恋から立ち直ることは難しいことではありません。とにかく行動すること、これに尽きます。

足を止めてしまっては、そこから何も生まれません。先に進めないまま、ただ時間だけが経っていってしまいます。それではあなたの人生がとてももったいないですよね。せっかくの人生ですから、失敗もツライことも乗り越えて、最後に幸せを掴めるように頑張っていきましょう。