コスパ抜群!100円ショップでベビー&マタニティグッズを揃えてみた


子どもが欲しいと思いつつも、いざ子どもができたときに「お金のことが心配…」という人も多いのではないでしょうか。今の日本では同じように悩んでいる人がたくさんいます。

しかし、出産や赤ちゃんグッズは、きちんと備えておけば意外と安く抑えられるものです。今回は、妊娠・出産にかかる費用と補助金について、そして赤ちゃんグッズを安く購入するためのポイントについてご紹介します。

家族が増えるのはとても素晴らしいことです。子どもが欲しいと思っている人は、今日から準備をしていきましょう。

出産にかかる費用はどんなものがある?

・妊婦健診費

妊娠・出産にかかる費用には健康保険が使えず、割高になってしまう傾向があります。医療機関にもよりますが、基本的な項目として問診、検査計測、血液検査、超音波検査などを行います。厚生労働省は、妊娠初期から分娩までの間に14回ほど受診することが望ましいとして、14回分を公費によって支援してくれます。補助金の金額ですが、住んでいる市町村の自治体によって違うため、事前に調べておくと安心です。

たとえば、世田谷区であれば決まった検査項目に対して助成上限額が決まっています。妊婦健康診査の1回目であれば問診や体重測定、血圧測定や尿検査などが対象となります。助成限度額は9,680となっています。

214回目については問診や体重測定、血圧想定や尿検査に加えてC型肝炎やクラミジア抗原などの検査も対象となり、1回あたりの上限は5,160となっています。ほかにも、1回分の超音波検査(上限:5,300円)や子宮頸がん検診(3,400円)が対象となっています。

最近、人口の増加が著しい神奈川県川崎市では、14回までの妊婦健康診査に対して補助券を配布する形で助成しています。内容としては、21,000円券×1回、8,000円券×3回、6,000円券×2回、4,000円券×8となっており、健診にかかった費用から補助金に記載された金額を引いたものが自己負担となります。

かなり手厚い補助がある妊婦健診ですが、それでも自己負担分が出てしまいます。たとえば、都内の病院の場合で見てみましょう。

    • 初診料:6,000
    • 再診料:3,000
    • 基本の妊婦健診:5,000
    • 超音波検査:2,000円(詳細な超音波検査:7,000円)
    • 血液検査:990円(詳細な血液検査:3,000円)
    • 梅毒やB型肝炎、C型肝炎、HIVなどの感染症の血液検査:7502,000
    • NST (ノン・ストレステスト)検査:4,000

このように、検査項目によって上乗せしていくと、どうしても助成金以上の負担額が出てしまうことが多いようです。なお平均では、14回で5万円ほどの自己負担額が出ているそうです。

・入院費・分娩料

厚生労働省が平成267月に発表している「出産育児一時金の見直しについて」という資料によると、平成24年度の出産に関する費用は全国平均で48.6万円となっています。

このうち、入院にかかるお金と分娩にかかるお金が大きくなっており、入院では室料差額を含めると124,765の費用がかかっています。ほかにも検査や薬剤料、処置・手当料も必要になってきます。

分娩料も大きな割合を占め、230,920がかかります。入院日数は6日が平均となっており、その間にかかる私的な買い物や消耗品のお金がこれに上乗せされます。かなりまとまった金額が必要にはなりますが、健康保険制度で「出産育児一時金」として、42万円受け取ることができます。となると、自己負担は56万円でカバーできる計算になります。

一方で、産院やママの希望でさまざまなサービスを受けると分娩費用がその分高くなることも。その時も、病院が直接出産育児一時金を受け取り、受け取った42万円とその差額を支払えばいいので、ある程度自己負担分は自分で想像がつくのではないでしょうか。

引用:厚生労働省「出産育児一時金の見直しについて

・ベビーグッズ・マタニティーグッズなど

ここまで、直接妊娠や出産にかかるお金を見てきました。手元にまとまったお金がなくても、国からの補助などをうまく利用することで、子どもを産むことができるというのがわかったと思います。

しかし実は、出産にかかるのは健診や分娩にかかる費用だけではありません。母体を健康に安全に守るためのマタニティーグッズや、生まれてくる赤ちゃんのお世話をするためのベビーグッズが必要になるのです。特に、初めての赤ちゃんの場合には、何が必要なのかさっぱり検討がつかない方も多いと思います。そこで、必要なアイテムと費用の目安をまとめてみました。

妊娠初期までに用意しておきたいマタニティグッズ

妊娠すると、体型や体調に変化が出てきます。妊婦に無理は禁物ですから、それに応じたグッズを使うのが賢い選択と言えるでしょう。ここでは妊娠してから出産までに使うマタニティグッズをご紹介します。

    • 妊娠線ケアクリーム:必要に応じて
    • マタニティルームウェア34着。授乳可タイプのものがあると産後も使えて便利です。
    • マタニティウェア34着。産後も使えるものがあと12着あるといいですね。
    • マタニティブラジャー:外出用のもの34着、ハーフトップが34着あると安心です。
    • マタニティショーツ79枚。快適に過ごせるように多めに用意しておきましょう。
    • 妊婦帯(腹帯)34枚。お腹を支え、体をサポートしてくれます。
    • 産用パッド(産褥パッド):産後1週間~1か月ほどは悪露が続くこともあります。産院で用意してくれることもあります。最初は大きめのサイズを買っておくことをおススメします。
    • 産褥ショーツ45枚。産院が用意してくれるところもありますが、毎日使うものなので少し多めに用意しておきましょう。
    • 母乳パッド:布製のものと使い捨てのものがあります。人によりますが、産後2か月~8か月くらいまで使う人が多いようです。ただ、合う合わないがあったり、あまり母乳が出なくて思ったより必要なかったりという人もいるため、最初は様子見で買ってみましょう。
    • ウエスト・骨盤ニッパー:産後の体系戻しに使います。産後すぐに使えるものも売っていて、多くの種類が販売されています。出産までにいくつか用意しておいて、自分に合うものを使ってください。
    • 産後リフォームインナー34着。高価なものも多いため、必要なものを見極めて使いましょう。

生まれてくる赤ちゃん用のベビーグッズ

次に、生まれてくる赤ちゃんのためのグッズを確認しておきましょう。赤ちゃんのグッズと言われても、何が必要か想像できない人も多いと思います。しっかり下調べをして、ぬかりのないように用意しておくと安心です。

出産前に用意しておきたいもの

項目 必要個数 詳細  費用/1個当たり
短肌着 6~9着 1日に2~3回着替えをすることも多いため、多めに用意しておくと安心 500〜1,500円
コンビ肌着 6~9着 短肌着と重ね着させて使用。短肌着と同じくらいは用意しておく 500〜1,500円
ドレスオール 3~4着 肌着の上に着る服で、お出かけの際にも使います。季節によって長袖と薄手の長袖もしくは七分袖をバランスよく用意しておく 1,000〜2,000円
短胴着 2~3着 寒い季節にはドレスオールの上に重ね着。汚すこともあるので、2~3着は用意 1,000〜1,500円
ソックス 4~6着 寒い季節の外出には必須 500〜800円
 おくるみ 1~2枚 汚れてしまうこともあるので、寒い季節は特に予備があると安心。生後3~4か月頃まで使うことが多い 2,500〜5,500円
 スタイ(よだれかけ) 3~5着 ミルクやよだれによる汚れを防ぐ 500〜800円
ガーゼハンカチ 10~12枚 消耗品だと思って使う 50〜150円
バギーオール 1~2着 大人の上着のようなもの。寒い時期に頻繁に外出するのなら複数枚必要。基本的には1着でOK 2,000〜3,000円
ミトン 1~2個 爪で顔などをひっかいてしまわないように準備 500〜800円
 汗とりパッド 3~4枚 着替えを多めに用意する方法でも対応可能 350〜500円
 ベビーベッド  1個 大体生後6~8か月くらいまで。長く使うものではないので、レンタルという方法もあり 15,000〜35,000円
 ベビー寝具 1セット 掛け布団やまくらカバー、シーツなどがセットになっているものも  8,500〜10,000円
 ベビーカー  1セット 高機能なものとリーズナブルなものの価格の開きが大きい 25,000〜80,000円

生後3か月頃~

もう少し予備の服や肌着が必要となる時期ですが、赤ちゃんの成長にもよりますし、サイズも出産前から読むことはできないのでその時期が来たら赤ちゃんの体に合ったものを買ってあげましょう。また、身動きがとれるようになると家の中のさまざまなものが凶器になることもあります。部屋のドアや角でケガをしないように、家の中を赤ちゃん仕様に変更する必要があります。

項目 必要個数 詳細 費用/1個当たり
 カバーオール 4~5着 外出時などに使用 1,500〜3,000円
 ロンパース 4~5着 下着のような役割ですが、夏にはこれだけで外出することも 990〜2,500円
 おしゃぶり 2~3個 お気に入りのおしゃぶりがある場合も多いので増やすときは様子を見ながら 450〜1,200円
 ドアストッパー 適宜 赤ちゃんがつかまり立ちを始めるとドアも危険に 350〜500円
 コンセントカバー  適宜 コンセント遊びで火傷をしないようにカバーをしておく 350〜500円
 コーナーガード  適宜 机やテレビ台の角はハイハイする赤ちゃんのちょうど顔の位置に 500〜750円
 おしりふき  適宜 消耗品なので、多めに用意しておく 150〜300円
 おむつ用ごみ袋  適宜  持ち歩くことも想定してストックしておく 300〜500円
 赤ちゃん用おもちゃ  3~4種類 いくつか種類を用意しておくと赤ちゃんも退屈しない
 ドリンクホルダー  1~2個 ベビーカーに取り付けるドリンクホルダー 980〜1,500円
 赤ちゃん用食器セット 適宜 赤ちゃんが離乳食を食べ始めると必要 3,000〜5,000円

100均でおトクに手に入る出産グッズ

こうしてみてみると、たくさんの赤ちゃんグッズが必要になるな、とびっくりする人も多いと思います。しかし、この中には100円ショップで簡単に手に入るものも多く、上手に使い分けをする必要があります。そこで、前述したグッズが100円ショップで購入できるか調べてみました。

項目 必要個数 購入可否 費用
短肌着 6~9着 × 450〜1,200円
コンビ肌着 6~9着 × 450〜1,200円
ドレスオール 3~4着 × 450〜1,200円
短胴着 2~3着 × 450〜1,200円
ソックス 4~6着 △ テーブルやイスのカバーを代用する人も 450〜1,200円
おくるみ 1~2枚 × 450〜1,200円
スタイ(よだれかけ) 3~5着 450〜1,200円
ガーゼハンカチ 10~12枚 ◯ デザインも凝ったものもあり 450〜1,200円
バギーオール 1~2着 ×  450〜1,200円
ミトン 1~2個 ×  450〜1,200円
汗とりパッド 3~4枚 ×  450〜1,200円
ベビーベッド 1個 × 450〜1,200円
ベビー寝具 1セット × 450〜1,200円
ベビーカー 1セット × 450〜1,200円
カバーオール 4~5着 × 450〜1,200円
ロンパース 4~5着 450〜1,200円
おしゃぶり 2~3個 450〜1,200円
ドアストッパー 適宜 450〜1,200円
コンセントカバー 適宜  450〜1,200円
コーナーガード 適宜  450〜1,200円
おしりふき 適宜 ◯ 日本製でノンアルコールの質が高いものも  450〜1,200円
おむつ用ごみ袋  適宜 ◯ たくさん入っていておトク  450〜1,200円
赤ちゃん用おもちゃ  3~4種類  450〜1,200円
ドリンクホルダー 1~2個 ◯ シンプルなつくりで十分な強度のもの 450〜1,200円
赤ちゃん用食器セット 適宜 ◯ お箸やコップ、お皿などバラエティも豊富  450〜1,200円

つい忘れてしまいがちなのが、赤ちゃんを自宅に迎え入れるための準備です。たとえば、机やテレビ台の角って大人でも足をぶつけてしまうととても痛いですよね。そういう尖ったところって、大人よりもずっと背が低い赤ちゃんにとっては脅威になるのです。

また、おむつを捨てるときのゴミ袋や持ち歩きようのゴミ袋、おしりふきや赤ちゃん用の食器、離乳食を作るときのグッズなど、赤ちゃんの成長に合わせてさまざまなものが追加で必要になってきます。これが100円で購入できるのであれば、かなり助かりますよね。

100円ショップで買えるものって、本当にコスパがいい?比較してみよう!

ここまで100円ショップで購入できるもの、できないものの比較をしてきました。ところで、100円ショップで買ったものって本当にコスパがいいのでしょうか。ここでは、いくつかの商品をピックアップして100円ショップで買ったほうがいいか、ベビーグッズ専門店で買った方がいいか比べてみました。

1.スタイ(よだれかけ)

スタイは汚れやすいため、替えをたくさん用意しておく必要がある商品の一つです。

    • 100円ショップ:108円(税込)で1枚
    • ベビーグッズ専門通販サイト:2枚組が1,380円(税込)または626円(税込)

1108円で買えるのであれば、汚れたら捨てればいいので、ためらうことなく使うことができます。

2.ガーゼハンカチ

色んなデザインがあったり、子どもに大人気のキャラクターがプリントされていたりとバリエーションが豊富なのがこのガーゼハンカチ。子どもが使うにはちょうどいい大きさであることも人気の秘密なようです。

  • ドラッグストア:214円(税込)で5枚組
  • 100円ショップ:108円(税込)で1
  • ベビーグッズ専門通販サイト:702円(税込)で5枚組

どう見てもドラッグストアが一番安いですね。ただ、このガーゼは無地で、100円ショップのものは子どもに人気のキャラクター、そしてベビーグッズ専門通販サイトのものもかわいらしいデザインでした。価格を取るか、デザインを取るかという好みの問題でもありそうです。

3.おしりふき

  • ドラッグストア:80×8個セットが616円(税込)/単価0.9625
  • 100円ショップ:107枚入りで108円(税込)/単価1.242
  • ベビーグッズ専門通販サイト:80×6個セットが596円(税込)/単価1.001

ドラッグストアが最も安いという結果に。赤ちゃんの敏感な肌に触れるものですし、厚手だったりノンアルコールだったりと質に差が商品でもあるので、自分が納得できる商品を選びたいものです。

4.ベビー用綿棒

  • ドラッグストア:250186円(税込)/10.744
  • 100円ショップ:200本入りで108円(税込)/10.54
  • ベビーグッズ専門通販サイト:250298円(税込)/11.192

100円ショップで購入するのが、一番コスパがいいということになります。

5.赤ちゃん用のお菓子

ある人気キャラクターのお菓子については、通常のお店で購入すると販売価格が162円(税込)で、100円ショップだと当然108円(税込)となっており、100円ショップの方がおトクという結果に。しかし、その一方で近所のスーパーでは同じお菓子が92円(税込)の対象に入っているというのもありました。お菓子のような食料品については、スーパーで安売りの対象になりやすいので、そのタイミングを狙って購入するのが一番おトクであると言えますね。

赤ちゃんグッズは上手に買って賢く節約!

いかがでしたか。赤ちゃんのために購入するものってとても気を遣いますよね。質にこだわりたいという気持ちもよくわかりますし、一方で子どもの成長があっという間で使用する期間が短いからできるだけ金額を抑えたいという気持ちもよくわかります。そのバランスってとても難しいですよね。

赤ちゃんの肌に触れるものも多いので、少しだけ使ってみて様子を見る。それでよければ100円ショップで買ったものを取り入れてみる、というやり方でもいいと思います。みんなが笑顔で暮らせるように、節約と質の両方をバランスよく取り入れて出産を迎えてくださいね。