ツボ押しからボトックス注射まで!本当に汗に効く対策は?


暖かくなるのは嬉しいですが、そうなってくると気になるのが「汗」。ニオイのもとになりますし、お化粧も崩れやすくなってしまって、大事な仕事に集中できないこともあります。汗をかくのは決して悪いことではないのですが、できればうまく対策をして汗トラブルを防ぎたいですよね。そこで今回は、汗対策について調べてみました。

汗は女性の味方!汗をかく効果とは?

そもそも、なぜ人間は暑くなると汗をかくのでしょうか。汗をかくことで体温が上がりすぎることを防ぎ、適度な体温を保つことができます。風邪をひいて高熱が出ているときにも確かに汗をかきますよね。汗をかくことで人間はうまく体温を調整しているのです。

主な役割は体温調整ですが、実はほかにもたくさんの効果があります。たとえば、汗をかくことで毒素を排出したり(デトックス効果)、血行を促進したり、代謝を上げたり。あとは、毛穴に詰まった老廃物や皮脂、汚れなどを落としたり、疲労物質を一緒に外に出してくれることで疲れが取れるということも言われています。

こうして見てみると、実は汗って悪者ではないんですよね。確かに、汗のニオイが気になったり、化粧崩れが心配になったりと女性にとっては非常に厄介に感じる存在かもしれませんが、汗をかくことで得られる効果はむしろ多くの女性が望んでいる効果なのではないでしょうか。

実際、筆者も定期的に運動してたくさんの汗をかくようになってから毛穴の汚れが気にならなくなったり、肌の代謝がよくなったのか吹き出物ができにくくなったりと効果を感じています。もちろん、汗をかいたときにはこまめにタオルでふき取るようにしていますが、やっぱり肌にとっては汗をかくことって非常にいいことなんだな、と思います。

さて、そこでひとつの疑問が湧いてきます。いったい体の中の何が汗になっているのでしょうか。実は汗には2種類あって、1つがエクリン腺から出る汗、もう1つがアポクリン腺から出る汗です。それぞれちょっとずつですが、含まれている成分が異なります。

エクリン腺から出る汗は、その99%が水分。水以外にはカリウムなどが含まれていますが、ほとんどニオイがありません。エクリン腺はほとんど全身に存在しており、エクリン腺から出る汗は基本的には酸性です。

一方、アポクリン腺から出る汗は80%ほどが水分で、たんぱく質やアンモニアなどが含まれており、ニオイがあります。全身にあるものではなく、わきや陰部に存在しており、アポクリン腺から出る汗はアルカリ性です。この汗が皮膚の表面にいる常在菌や洗濯物に付着している雑菌や汚れと合わさってニオイを発するようになってしまうんです。女性の場合、このアポクリン腺が生理前や妊娠期に活発になると言われており、特に注意が必要です。

運動する機会が少ないと、汗腺の機能が低下して汗をかきづらくなると言われていますが、汗をかかないことは実はいいことではありません。むしろ、汗をかく量が少ない分、汗に含まれるアンモニアやミネラルなどの成分濃度が上がってしまい、ベタっとした汗になってしまい、ニオイも強くなってしまいます。定期的に運動して、心地よく汗をかきたいものですね。

費用&お手軽度から選ぶ!汗を止める方法

とはいえ、汗をかきたくない場面というのもたくさんありますよね。汗をかかない方法ってないのでしょうか。ここでは大事な場面で汗を抑えたり、汗を止める方法についてご紹介していきたいと思います。

1.ツボ押し

費用(円):0

お手軽度:★★★★★

効果:★☆☆☆☆

汗を抑えると言われているツボがあります。1つは「陰げき(いんげき)」と呼ばれる、小指の下部の手首の付け根から1.5センチほど下がったところにあるツボです。そもそもは体温の余計な上昇を抑えるツボで、息切れや動機、のぼせなどに効果があるようです。体の余分な熱を取って、汗をかかないように調整するために汗を抑える効果があるということですね。

さらに、「後谿(こうけい)」と呼ばれるツボも体の熱を鎮めるツボとして有名です。肩こりや腰の痛みなどを抑える効果もあり、手のひらの感情戦の付け根にあるツボですね。筆者は特に痛みを感じませんでしたが、ここなら外出先でも違和感なく気軽に押せるツボですよね。

もう一つ、「合谷(ごうこく)」と呼ばれるツボも体内の水分量を調整し、体の温度を調節する効果があります。非常に多くの効果があるツボで、頭痛や鼻炎、便秘や生理痛にも効果があると言われています。指を伸ばして、人差し指と親指からまっすぐ線を引いて交差するあたりにあります。そのあたりにあるくぼみがまさに合谷で、

筆者が通うリラクゼーション施設でもここはよく押されるツボです。ちょっと痛くて、なんだか効いている感じがするツボなのでぜひ試してみてくださいね。

2.制汗剤(スプレー、ロールオン、クリーム)

費用(円):500800

お手軽度:★★★★☆

効果:★★☆☆☆

汗対策の正攻法ともいえるのが「制汗剤」です。汗をかくのを防いでくれる上に、気になるニオイの対策もできます。気軽にシュっとできるのがスプレータイプで、たくさんの香りがあって選ぶのも楽しいですよね。ヒヤっとするので、汗もすぐに引いていきます。

また、より高い効果が得られるのはロールオンやクリームです。肌にしっかりなじんで、汗とニオイを食い止めてくれます。筆者はロールオンを使っていますが、朝家を出る前に気になるところに塗るだけで一日持ちますし、サっと塗れるので非常に重宝しています。

クリームタイプやスティックになっているものも使ったことがありますが、服についてしまったりうまくぬれなかったり、ベタベタしてしまうことも。また、個人的には手についてしまうので洗うのがちょっと大変なイメージも。ただその分、効果は抜群。自分に合ったものを選んでくださいね。

3.汗脇パッド・汗取りインナー・さらし

費用(円):8002,500

お手軽度:★★★☆☆

効果:★★★☆☆

一番困る脇汗にしっかり対応してくれるのが、汗脇パッドや汗取りインナーです。特に、汗で色が変わってしまうような衣服を着ているときは、とても便利です。汗脇パッドも、脇に貼るものや衣服に貼るものがあって、自分の好みが分かれます。衣服に貼るものだと、パッドからはみ出てしまうこともあるようですが、一方で脇に直接貼るものは汗の量が多くてはがれてしまうのでは、と心配に感じる人もいるようです。

ですが、効果テキメンで、どんなに汗をかいても脇の汗染みが気にならないのはとてもいいですよね。抗菌効果や防臭効果のあるものもあって、汗染みだけでなくニオイの心配もありません。衣服の色に合わせた、目立たないものを使用してくださいね。

また、顔汗を止める方法として、昔は「さらし」をまいていたそうです。舞妓さんや芸妓さんがよく使う方法で、胸から脇の部分をきつくさらしで締めて、顔の汗を止めるのだそう。ただし、顔から上の血流を悪くさせて体温の上昇を抑え、汗をかかないようにするというのがこの方法の原理なので、その分、他の部分から大量の汗が出てきてしまうそうです(なので、顔だけはとにかく汗を書いちゃダメ!という時におすすめです)。

4.ボトックス注射

費用(円):40,000135,000

お手軽度:★☆☆☆☆

効果:★★★★☆

美容のための注射、というイメージが強いボトックス注射ですが、実は多汗症の治療にも効果があります。ワキの下にボトックス注射することで、先ほどご紹介したアクポリン腺を麻痺させ、ニオイや汗を抑えることができるのです。手術が怖いという人でも、これくらいなら、ちょっと勇気が出るのではないでしょうか。

腋窩多汗症という、多汗症の中でも脇に多くの汗をかく症状があり、日本人の約1割の人がこれに該当すると言われています。重度の腋窩多汗症の場合、保険適用で治療としてボトックス注射ができる場合があるので、気になる人はぜひ医師に相談してみてくださいね。

5.病院での手術

費用(円):200,000450,000

お手軽度:★☆☆☆☆

効果:★★★★★

病院で、脇汗のもとである汗腺を取り除く、もしくは破壊して働きをおさえる手術を受けることが可能です。手術の方法にはいろいろあり、超音波を使って治療するものや、脇の下を切開して皮下組織の中のアポクリン汗腺を取り除く方法などが選べるようです。効果や価格が異なるため、一概には言えませんが、お医者さんが直接治療してくれるのはとても安心ですし、効果の高さに期待ができますよね。そのかわり、やはりお値段は高いのでよく検討する必要があります。

夏に間に合わない?!今から始める汗の匂い対策

汗対策というと夏に向けて、というイメージがある人も多いと思いますが、実は春先のあたたかくなってきた頃から汗対策が必要になってきます。春は大きく気温が上がったり下がったりして温度調整が難しく、電車の中やオフィス内が暑く感じることもよくありますよね。汗をかくつもりがなくても汗をかいてしまう状況が起こりうるので、いつでも汗対策はしておきましょう。ここでは、簡単にできる汗のニオイ対策についてご紹介します。

・睡眠をしっかりとる

費用(円): 0

お手軽度:★★★☆☆

効果:★★☆☆☆

睡眠不足や運動不足によって、汗のニオイや体臭がキツくなることがあります。理由は、皮脂の分泌が活発になって、乳酸やアンモニアが汗にたくさん含まれるようになってしまうから。ストレスを感じると体内で活性酵素が増えて、加齢臭のもととなる物質や脂肪酸が増加。これがキツい体臭になってしまうんですね。なのでまずはしっかり睡眠をとって、ストレスを軽減させることが大事です。

・食生活を見直す

費用(円): 1,000円~

お手軽度:★★☆☆☆

効果:★★★★★

簡単に食生活を見直す、と言われてもなかなか難しいと思う人も多いと思います。確かに、一人暮らしだったり仕事が忙しかったりすると食生活を正すのってかなり難しいですよね。ですが、食生活を見直すことは非常に大事です。まずは、ネギやにんにくなどにおいの強い食べ物を控えるように心がけてください。また、動物性脂肪やタンパク質など汗のにおいを強くしてしまう食べ物と、緑黄色野菜や海藻など汗のにおいを抑える食べ物をバランスよく摂取するようにしましょう。

余談ではありますが、コンビニ飯ばかり続いていると体がクサくなるという噂もあります。実際、筆者もとんでもなく忙しく、望まずともコンビニ飯が続いたときには実際そう感じましたし、筆者の友人でもそう証言する人がいました。あくまで体感したというだけで根拠はありませんが、食べモノは自分を作るものですから忙しくとも軽視しないでくださいね。

・ふだんから汗をかく

費用(円): 2000円~

お手軽度:★★★☆☆

効果:★★★☆☆

普段から運動したり、半身浴をしたりして汗をかく習慣をつけることもオススメです。汗腺の機能が低下すると、ニオイのものとなる成分が濃縮されてしまって汗のにおいがキツくなってしまうので、汗はこまめにたくさんかくことをおすすめします。運動や半身浴が美容の面から見ても非常に有効なので、これを機に始めてみてはいかがでしょうか。

・水分補給をしっかりする

費用(円): 150円~

お手軽度:★★★★☆

効果:★★★☆☆

水分補給をこまめにすることで体内の水分が循環し、汗のにおいの元となる老廃物も一緒に外に出してくれます。お水をこまめに飲むことで新陳代謝もアップしますし、体も乾燥しづらくなってお肌にも水分がいきわたるようになります。

におい繋がりで言えば、水分をこまめに取ることは口臭予防にもなります。まずは1日に飲む水分量をペットボトル1本分、増やしてみることから始めてみては?

・こまめに汗をふく

費用(円): 0円~

お手軽度:★★★★★

効果:★★★☆☆

こまめに汗をふくことも、簡単にできる汗対策の一つです。汗は基本的にはほぼ無臭で、服や皮膚表面の雑菌などと合わさってニオイの元になるというお話はしましたよね。ニオイを発する前にふき取ってしまえば、ニオイを抑えることができるのです。また、少量ではありますが塩分が含まれており、お肌の表面に長い間残しておくのもよくないので、汗はこまめにふき取る習慣をつけてくださいね。

ちょっとの手間でできる、汗による化粧崩れを防ぐメイク術

最後に、汗による化粧崩れを防ぐ方法についてご紹介します。夏場のメイクって本当に大変ですよね。ですが、ちょっとした手間で化粧崩れを防ぐことができるので、ぜひお試しください。

・手や顔を冷やしてメイクする

暑い時期は、手や顔を冷やしてなるべく汗をかかない状態でメイクをすることが大事になります。汗をかいた状態でメイクをしても、結局は基礎がしっかりしていないため、その後崩れる一方に。まずは手や顔を冷やしてからメイクをしましょう。具体的には、冷水で顔を洗ってみること。目も覚めますし、手も顔も冷えて汗も落とせるのでそのままスムーズにメイクに入れます。

といっても、朝からエアコンをつけてもなかなか部屋が冷えずに、結局、暑いままでメイクをするという人も多いのではないでしょうか。筆者もまさにその状態で、毎朝汗だくになりながらメイクをしていたときもありました。しかし、12分ドライヤーの冷風を当てたり扇風機で風通しをよくしたりするだけでも汗をかく量は格段に減りましたよ。ぜひお試しください。ただし、乾燥には気を付けてくださいね。

・スキンケア+下地を塗って10分以上経ってからファンデーションを塗る

スキンケアが終わり、下地の後にファンデーションをすぐ塗ってしまうのはNG化粧崩れの元になってしまいます。スキンケアと下地を済ませたら、ひとまず時間をおいてください。お肌にしっかり下地がなじんでから、ファンデーションを塗ることをオススメします。

待ち時間はヘアスタイルを整えたり、洋服を決めたりほかのことに使ってくださいね。朝の時間は貴重ですから、工夫して時間を使うことが大事です。

・化粧直しでは油分をティッシュオフ+化粧水をスプレーでひと吹き

お化粧直しのときには、余計な皮脂を必ずティッシュでふき取ること。強くふき取るのではなく。そっとお肌にあてて優しくふき取ってください。余計な皮脂がお肌に残ったままお化粧直しをしても、なかなかうまく直りませんし余計に化粧崩れしやすくなってしまいます。

また、皮脂をふき取ったら、化粧水をひと吹きしてお肌にうるおいを与えることも大事です。皮脂が出てくるということは、お肌にうるおいがなく、潤わせようとしている証拠。お肌に化粧水をなじませることで、パウダーファンデも肌なじみがよくなるはずです。

・汗に強い化粧品を使う

汗で崩れてしまうお化粧には、汗に強いお化粧品を揃えることが大事です。汗に強い下地、ファンデーション、パウダーをそろえるだけで化粧崩れが格段に減ります。特にファンデーションは、クリームタイプかリキッドタイプがオススメです。肌にしっかりと密着し、汗をはじきやすいのが特徴です。

フェイスパウダーを仕上げにはたくのも忘れずに。お肌の皮脂や汗を吸着して、ファンデーションの崩れを抑える役割があります。あまり使ったことのない人はぜひ使ってみてくださいね。

笑顔で暑い季節を乗り切ろう!

ただでさえ暑くて、やる気もなくなる季節。汗や化粧崩れが気になって余計に憂鬱な気分になるのもイヤですよね。気軽に対策できるものもたくさんあるので、まずはなんでもやってみること。楽しく暑い季節を乗り切りましょう!