痩せてる女性もご用心!睡眠時無呼吸症候群の治療にかかる費用は?

若い人でも罹り得る!睡眠時無呼吸症候群とその治療法とは?


睡眠時無呼吸症候群とは、Sleep Apnea Syndrome といい、その頭文字をとってSAS(サス)と呼びます。睡眠中に1時間に5回以上、10秒以上の呼吸停止が認められる場合、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。国立循環器病研究センターでは毎年約500人の方がこの検査を受けており、そのうち約80%がこの症候群の疑いがあると診断されています。

睡眠時無呼吸症候群は、一時期ドライバーや運転士の居眠りで話題になったものですが、日中の強い眠気やいびきなどが、この病気の症状とされています。

国内で最低でも200万人以上の患者がいると推測されている病気ですので、決して少ないとは言えません。

この症候群は、単に呼吸が止まるだけでなく、さまざまな器官へ負担をもたらしています。心臓や脳にも負担をかけます。

ですが、自覚症状はいびき以外特に現れないので、注意が必要です。もし周りから「寝ている時のいびきがすごかったよ」「呼吸が止まっていたよ」などと言われたら、睡眠外来や、内科の呼吸器や循環器を受診してください

「閉塞性」と「中枢性」の2タイプがある!どちらに当てはまる?

睡眠中10秒以上、呼吸が止まることを「無呼吸」と呼んでいます。一方、無呼吸にはなっていないが、もう少しで止まりそうな弱い呼吸を「低呼吸」呼びます。1時間あたりの平均の無呼吸と低呼吸の回数を「無呼吸・低呼吸指数」(AHI)と呼びますが、この指数が5以上であれば異常と判定し、これを「睡眠呼吸障害」(SDB)と言います。

睡眠時無呼吸症候群というと、肥満の人で中年の男性を想像する方が多いと思います。この症候群の患者さんにはそういった方が多いのが確かですが、必ずしもすべての人が肥満であり、いびきがひどいというわけでもないのです。

呼吸をしようとしても、何らかの関係で上気道が塞り、息ができなくなるのが「閉塞性」で、呼吸しなさいという脳からの伝令が一時的になくなるのが、「中枢性」です。

ですので、「閉塞性」ではいびきをかきますが、「中枢性」だといびきをかかないパターンがあるということです。

閉塞性はどのようにして起きるかというと、仰向けに寝ている時、舌が下方に少し落ち込みます。何も問題がなければ、気道が塞がれることはありません。

しかし、舌の回りに余計な脂肪などが付いていれば、仰向けで寝た場合、舌根が沈下して気道を塞いでしまいます。

「中枢性」がどのようにしてこの病気を発症しているのかは、まだ未解明な部分が大きいですが、呼吸の司令塔の機能が異常に働いていることなどが考えられます。

若い女性でもなり得る睡眠時無呼吸症候群

女性でも睡眠時無呼吸症候群になり得るということですが、どうしてでしょうか。睡眠時無呼吸症候群は、気道が完全に、または部分的に閉じてしまうことによって起きてしまいます。そのため肥満の人や首が短くて太い人に多いのですが、やせ型で骨格が小さな人や、顎が小さな人も、構造上、気道が塞りやすくなります。特にアジア人など顎が小さな人種の場合ですと、「閉塞性」での睡眠時無呼吸症候群に陥りやすく、同じ理由から、若い女性でもなり得る病気だということがわかりました。

しかし、やはりリスクとしては肥満体型であることは「閉塞性」のリスクが高いと言えます。

運動をしないで、日中もずっと動かないことが多いと、肥満体型になりやすいです。体重も増加すると、それだけ舌根が沈下しやすくなるので、危険と言えるでしょう。

このように、若くても、女性であっても睡眠時無呼吸症候群にはなりますが、やはり体重が重いほどリスクは高まると言えます。

ですから、なるべく休日は運動をするようにしたり、ながら食いを止めたりして、食べる量にも注意しなくてはなりません。肥満であること自体が、睡眠時無呼吸症候群のリスクとなっているからです。

睡眠時無呼吸症候群はどこで治療できるのか?検査方法はどんなもの?

さて、家族にいびきや呼吸の停止を指摘されたら、すぐに病院へ行った方が良いです。なぜなら、先にも述べた通り、睡眠時無呼吸症候群は、循環器にも悪影響を及ぼすからです。

専門の医療機関となると、やはり睡眠外来などがふさわしいでしょう。ない場合は呼吸器科や循環器科、耳鼻咽喉科で対応しているところもあります。

睡眠時無呼吸症候群の検査は、簡易検査器を用いる場合、自宅で行えます。自宅で寝る際に装着し、呼吸状態や血中酸素濃度、また脈拍数なども測ります。これはレンタル可能で、自宅で1晩から2晩使用して返却します。レンタル代金は、自己負担で3,000円から4,000円ほどです。

これならさほど高くないですし、まだ手が出ます。

この検査で、睡眠時無呼吸症候群の疑いが強いと判断されたら、ポリソムノグラフィー(Polysomnography:PSG)という検査を受けなければいけません。これは体の必要な部位にテープで電極を固定して、一晩寝てもらう検査です。脳波や呼吸、眼球の動きなど様々な面から睡眠の状態を調べます。こちらの費用は、3割負担で15,000円から50,000円と幅があります。その理由として、入院しての検査となるため差額ベッド代がかかってしまうのです。また、睡眠時無呼吸症候群の患者さんは、大きないびきをかくことがあるので、個室に移されるケースもあり、入院検査の費用は安くはないと言えます。

また、簡易PSGと呼ばれる検査もあり、こちらは睡眠中の大きないびきを指摘された方に向けて、ESS眠気テストと呼ばれるものが行われます。その他、生活習慣病など行い、さらに睡眠呼吸障害の検査の必要性があると判断された場合は、簡易型検査装置によるスクリーニング検査を行います。

睡眠時無呼吸症候群を検査してくれるクリニックは全国に多数ありますが、主要都市ですと、北海道に33件、東京に375件、大阪に155件、名古屋に172件、福岡に108件あります。

どこも睡眠外来や睡眠センターなどの名称が付いているので、わかりやすいと思います。

睡眠時無呼吸症候群の治療法はどうやって行うの?治療内容とは

睡眠時無呼吸症候群と診断されたら、不安だと思います。ですが今は、きちんと治療法があるので、治療を継続していくことで危ない目に遭うことは減っています。軽症患者ですと、マウスピースでの治療が有効です。マウスピースを上下の歯に装着し、睡眠中に下顎を突出させて、喉が塞がるのを防ぐというわけです。マウスピースの作成は、主に歯科医院で自分の歯型にあったものを作ってもらいます。料金は健康保険を使って15,000円から30,000円程度となっており、やや高く感じられるかもしれませんが、毎回診察を受けなくて済むので、簡便と言えるでしょう。

一方、C-PAP(シーパップ)療法というものもあります。こちらはContinuous Positive Airway Pressureの頭文字をとったもので、睡眠時無呼吸症候群の治療法のひとつです。

C-PAPは装置を用いて、そこから圧力を加えた空気を鼻腔経由で送りますが、その風圧により塞っている気道を広げ、無呼吸状態を防ぐ仕組みです。C-PAPを装着することで、いびきは解消されますし無呼吸状態も改善されます。

C-PAP療法では、精密検査で1時間に、10秒以上の呼吸停止が20回以上ある場合健康保険が適用されます。C-PAP療法をする人は、月に1回、必ず病院に通って医師の診察を受けた上で、その診察代とC-PAP機器のレンタル料を病院に払わなくてはなりません。健康保険の自己負担額が3割の人の費用は、およそ5,000円です。少し高いですが、睡眠時無呼吸症候群で事故などに遭わないようにするためには、やむをえない出費となるでしょう。合わせて肥満気味の方は、減量なども医師のもと行えば、改善することがあります。

睡眠時無呼吸症候群は治療を中断すると、いびきや無呼吸などの症状が再発してしてしまいます。そのため、継続的な治療が欠かせません。ですので、C-PAP療法を続けている間は、毎月約5,000円の費用がかかり、1年間でおよそ60,000円の診察代がかかるということになります。

結構な負担になりますが、睡眠時無呼吸症候群で運転中に事故を起こしたり、自分が危ない目に遭わないためにも、治療の継続は必須と言えます。

睡眠時無呼吸症候群は予防できるの?そもそも病気なの?

先にも述べた通り、生活習慣を改善することにより、「閉塞性」の方は予防することが可能です。肥満が原因の場合は、予防は肥満にならないことです。飲酒も過度にならないよう避けるべきです。泥酔することで気道周囲の筋肉の緊張状態が過度に失われてしまうので、、睡眠時無呼吸症候群の原因となってしまいます。

喫煙も気道に炎症を起こしてしまい、気道がむくんでしまうので、睡眠時無呼吸症候群の原因にもなります。ですので、禁煙は予防を考えるうえで大切です。

少し前までは、睡眠時の無呼吸は病気だと考えられていませんでした。いびきをかいていたと思った途端、急に呼吸が止まって、しばらくしたらまた大きないびきをかき始めるぐらいだと考えられていました。ところが、現在は医学的にはっきりした病気で、しかも循環器の病気と深く関わる疾患と捉えられています。

睡眠時無呼吸症候群は、私たちが眠っている間に着々と循環器病の下地をつくっている病気です。心臓や脳にも異常をきたしてしまいますので、早めの受診が大切です。もしあなたが、家族や大切な人から、睡眠中のいびきや無呼吸を指摘されたら、なるべく早く睡眠外来や循環器科などを訪れるようにしてください。できれば、その時一緒に眠っていた人と受診することが好ましいでしょう。本人が覚えていない点も、思い出してくれるかもしれません。

睡眠時無呼吸症候群と診断されても、まだ諦めないでください。適切な治療と、生活習慣の改善によって、睡眠時無呼吸症候群の度合いが改善されるケースもあります。C-PAPを使用していたい患者さんが、マウスピースの治療法に切り替えられたケースもあるくらいです。まずは近くの睡眠外来へ足を運びましょう。