終身保険

終身保険のしくみ

終身保険の考え方

保険の定義ってご存知ですか。

「めったに起こらないけれど、それが起きたときには深刻なダメージを被るアクシデントに見舞われた際、あなたを経済的に助けてくれるもの」
これが基本な考え方です。

といっても、心配事は多種多様。備えておきたいリスクに応じて、保険もいろいろな種類に分かれています。ですから、自分の目的に合った保険を選ぶことが大事です。どんなに優れた保険であっても、目的とずれていたら力を発揮できないのです。

さて、数ある心配事の中でも、死亡はとても大きなリスクだといえるでしょう。大切な人を失った悲しみはもちろんですが、家計のダメージにも直結するからです。一家を支えていた収入が途絶えても、残された家族の生活は続きます。「今後の生活費をどうしよう」「子どもの学費はどうしたらいいの?」と、途方に暮れてしまうかもしれません。

そうした心配事に備えるのが「死亡保険」です。主な死亡保険には「終身保険」「定期保険」「収入保障保険」などがあります。

3つとも死亡保険なんだから、どれを選んでも同じ? いいえ、それぞれ違った特徴を持っているのです。ここでは終身保険について見ていきましょう。

終身保険ってどんな保険?

被保険者が亡くなったとき、あるいは保険会社が定めた高度障害状態になったときに、契約した一定額の保険金が出る保険です。「終身」という名前のとおり、一生涯にわたって保障が続きます。誰もがいつかはその日を迎えますから、必ず保険金を受け取れるしくみです。これに対して、定期保険と収入保障保険は保障される期間が決まっています。

終身保険のもうひとつの特徴は貯蓄性を備えていること。

そもそも、保険には「掛け捨て型」と「貯蓄型」があります。掛け捨て型の場合、保険期間中、何事もなく平穏無事に過ごせば、保険金は出ません。つまり、保険料は払いっぱなしになるわけです。

一方、貯蓄型は払いっぱなしにはならず、必ず戻ってくる分があります。たとえ生きているうちに終身保険を解約したとしても、解約返戻金という形でお金が支払われるのです。この解約返戻金のあるなしが、貯蓄型と掛け捨て型の違いです。

ちなみに、解約返戻金は保険金のように一定額ではないことに要注意。加入者の年齢や加入してからの年数などによって計算されるめ、解約するタイミングによって金額は変わります。

ところで、貯蓄型と掛け捨て型の保険料を比べてみると、「同じ死亡保険なのに、この差はなに?」とびっくりするかもしれません。必ず受け取れるという性質上、貯蓄型は掛け捨て型より保険料が高めに設定されます。そして、いったん加入すれば保険料はいつまでも変わりません。

死亡保障を準備しながら貯蓄をする。終身保険はそんなイメージに近いといえます。

保険金はお葬式代や遺品の整理などに

保険に加入していれば、自動的に保険金が支払われるのだろうーー。これはよくある誤解のひとつです。保険金を受け取るためには、保険会社への請求手続きが必要になります。請求から支払いまでの期間は、だいたい1週間程度となっているようです。

保険金の使い道は自由ですが、終身保険の場合はお葬式代や遺品の整理費用、更に相続税の納税資金に充てようと考える人も多いのではないでしょうか。

人が亡くなると、意外とお金かかるもの。誰も住まなくなった家は売ってしまえばいいと思いがちですが、そのままの状態ではなかなか買い手がつきません。故人が使っていた家財は処分しなければなりませんし、家屋の取り壊しや整地まで必要になるケースもあります。売却には手数料もかかりますし、相続税がかかるようであればその納税も負担になるでしょう。残された者の負担はけっして小さくないのです。

死亡保障だけではない使い方

このように、終身保険は死亡後のあれこれに備えるものというのが、最もポピュラーな考え方です。

ただ、近ごろは終身保険に対する考え方が変わってきました。その貯蓄性を活かし、死亡保障以外の活用法も増えているのです。

日本はどんどん長寿化が進んでいます。長生きできるのはうれしいとはいえ、長生きすればするほどお金がかかることも事実。そこで、貯まった保険金を死亡時に受け取るのではなく、生きている間に解約して老後資金や介護費用として使うわけです。また、払い込みの期間を短くして、子どもの学費に充てる人もいます。

そうした流れを受けてか、途中で介護保障や年金に種類を変更できる商品も登場しています。たくさんある商品の中からどれを選べばいいのか迷った際は、のちのち変更が可能かどうかも検討材料のひとつになるかもしれません。

終身保険のベースは、もちろん死亡保障です。ですが、貯蓄型ならではの特性を活かした使い方があることも覚えておくと、視野が広がるのではないでしょうか。

メディケア生命 新メディフットエース
  • この記事を書いた人

矢野 康介

ファイナンシャルプランナー、トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP)。大学卒業後、日本生命保険相互会社に新卒入社。法人営業として、一部上場の建築会社及び製薬会社を担当。その後、外資系生命保険会社にて保険事務、コールセンターの統括業務を経験。保険業界での経験は約20年にわたる。ドーナツの「保険をやさしく、わかりやすく」多くの読者に伝えたい想いに共感しドーナツ・マガジンにて執筆を開始。

-終身保険
-,