保険

【2021年版】昇給はいくら?多い?少ない?平均昇給率とは?|ライフプラニング

昇給率という言葉をご存知でしょうか?雇用されて働く人にとって大切な割合です。本記事では、昇給率の意味、昇給とベースアップの違い、日本国内での大企業と中小企業の違い、世界からみた日本の現状など、新社会人 ...

がん保険|特約はどんなものがある?

がんに対する保障では、主契約としてがん保険に加入し特約を付帯して保障を手厚くする方法のほかに、医療保険などにがんに関する特約を付帯することもできます。がんは誰しもかかる可能性のある病気であるため保険で ...

がん保険|がんの発症率(罹患率)と生存率

がん保険を検討する際、がんの発症率や生存率を確認すると加入目的が明確になります。がん保険のパンフレットなどには、「2人に1人ががんになる」と書かれていることがありますが、本当なのでしょうか。 がんに関 ...

がん保険とがん共済、どちらがいい?

がんに対する保障は大きく、がん保険とがん共済に分けることができます。保険・共済を選ぶ際には、「保険か共済か」ではなく商品ごとに比較検討したほうがよいですが、保険と共済の違いを理解しておくと保険・共済選 ...

がん保険|働けなくなったらどうする?

日本人ががんになる確率は、男性が2人に1人、女性が3人に1人と言われています。医療技術の進展により、早期発見であれば、がんの種類によっては完治できるまでになりました。しかし、症状によっては治療に専念し ...

がん保険|がん免疫療法とは?

がんには3大療法とよばれる治療方法のほかにもさまざまな治療方法があります。基本的にはがんの種類や場所、症状などによって総合的に判断され、ときには複数の治療方法を組み合わせて治療が行われます。 がんの治 ...

がん保険|がん遺伝子パネル検査について

がんは遺伝子変異で起きる病気です。一度に複数の「がん関連遺伝子」に変異の有無を調べ、患者の遺伝子変異の組み合わせから適切ながん治療につなげることを目的としたものが「がん遺伝子パネル検査」です。本記事で ...

がん保険|遺伝カウンセリングについて

遺伝カウンセリングや遺伝子パネル検査についてご存じでしょうか。 がんを発症する人のなかには、遺伝子の変異によって、生まれたときからがんになりやすい人がいらっしゃいます。またがんに限らず、遺伝子の情報を ...

がん保険の必要性|がん家系とは?

がん家系とは、一般的に遺伝的にがんになる人が多い家系のことをさします。男性は2人に1人、女性は3人に1人ががんになると言われるほど、日本人にとっては最も気になる病気の一つです。がん家系となると、その心 ...

生命保険が直面する多様な課題とInsurTech(下)

ポイント コロナ禍において、対面営業が制約される中、「インターネット生保」が順調に新規の契約を伸ばしている。 しかしながら、現状においては、インターネットを通じて情報を収集し加入をする人の比率が少ない ...