介護・認知症保険

【FP監修】民間の介護保険は必要?それとも不要?

更新日:

「もし自分が老後に介護状態になったら、お金ってどれくらい必要になるの?」「家族に迷惑がかからない?」そんな心配をしたことはありませんか?そこで、民間の介護保険でカバーできる保障内容や必要性、加入するタイミングなどについて解説したいと思います。

民間の介護保険は必要?それとも不要?

公的介護保険制度があるのに、そもそも民間の介護保険は必要なのでしょうか?民間の介護保険は公的介護保険制度ではカバーできない部分について保障するもので、民間の生命保険会社が販売している商品です。では、どのような人が民間の介護保険を必要としているのでしょうか。介護保険の特徴と一緒に見てみましょう。

民間の介護保険の特徴

民間の介護保険は、公的介護保険制度でカバーできない費用などをカバーする目的があります。

ポイント

・公的介護保険制度で利用した介護サービスの費用1割分
・介護サービス費用以外でかかるお金
・65歳未満で介護状態になったときの介護費用

このような費用をカバーするために、民間の介護保険を利用します。公的介護保険制度で利用した介護サービスの費用は1割負担(所得によって2割3割も)と少なく感じるかもしれませんが、長期間介護状態が続くようなら費用負担は大きく生活を圧迫する恐れがあります。また、直接的な介護費用だけでなく、日常でかかる生活費(水道代や電気代など)や交通費などは全額自己負担ですので、在宅介護となると介護サービスにかかる費用だけでなく諸経費についても考えなければいけません。

公的介護保険制度の対象となるのは65歳以上の第一号被保険者と、40歳~64歳の第二号被保険者ですが、40歳~64歳までの人(第二号被保険者)は、がんの末期、関節リウマチ、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの特定疾病が原因で介護状態にならないと介護保険の対象となりません。ですから、65歳未満の人が交通事故などで介護状態になったとしても公的介護保険制度を利用できません。
では、実際どのような人に民間の介護保険が必要になるのでしょうか?

いる?いらない?民間の介護保険が必要な人の特徴

ここまで民間の介護保険について解説しましたが、実際に「私はいるの?いらないの?」と考えたとき、民間の介護保険が必要な人の特徴というのがわかってきました。

ポイント

・65歳以降で介護状態になったときでも安心できるくらいの資産がない
・介護状態になったときに介護してくれる人がいない
・65歳未満で介護状態になったときの介護費用に不安がある
・65歳未満で介護状態になったときに介護してくれる人がいない(家族に頼れない)

介護にはお金も人も必要です。このような不安を感じている人は、民間の介護保険を検討する必要があるかもしれませんね。

民間の介護保険にはいつ加入すればいい?

公的介護保険制度には40代になったら強制的に加入することになりますが、民間の介護保険にはいつ加入すればいいのでしょうか。現在の加入率や加入年齢と一緒に見てみましょう。

民間の介護保険の加入率と加入年齢

生命保険文化センターのまとめ※1によると、平成30年に民間の介護保険に加入している世帯は全体の14.1%となっていて、加入している人の中で一番多いのは55~59歳(20.9%)ということがわかりました。また、加入している民間の介護保険の保険金額の平均は、世帯主が月額8.6万円となっていて、1~5万円が13.7%と一番多いこともわかりました。では、これらのデータから民間の介護保険には何歳で加入するのがベストのタイミングだということができるのでしょうか?

※生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査(平成30年度)」より

民間の介護保険に加入するタイミング

厳密にいえば、民間の介護保険に加入するタイミングに決まりはありません。しかし、民間の介護保険の保険料は決して安いものではないので、若いうちから加入するにしても、準備したい保障と支払う保険料とのバランスを考える必要があります。

先ほどの生命保険文化センターのまとめを見ると、自分が60歳になる前に加入を検討する人が多いということを参考にすることができます。また、この年代になると親が介護状態になって実際に大変な思いをしていることを経験する人も増え、あらためて介護保険の必要性を感じる人も多くなるのではないでしょうか。

このように、民間の介護保険に加入するタイミングは人それぞれで、あえていうのであれば自分自身が「必要だ」と感じたときというのが正解なのではないでしょうか。ただし、介護保険も生命保険のひとつですので健康でなければ加入することができません。保険会社の告知や診査などで断られない健康なうちに検討をはじめるといいでしょう。

まとめ

民間の介護保険は、公的介護保険制度では足りない部分をカバーするためのものです。加入する保険金額やタイミングは自分で決めることができますが、実際に検討し始めるのは60歳前後となっています。

民間の介護保険を販売している保険会社は複数ありますので、保障内容や保険料を比較検討しながら加入すると、あなたにぴったり合う介護保険に加入することができます。もし介護保険を自分で調べたいという人には「ロボアド」がおすすめです。簡単な質問にいくつか答えるだけで、あなたに合う保険を提案してくれます。

最初から専門家のアドバイスを聞きたいという人には、独立系FP(ファイナンシャルプランナー)に相談することをおすすめします。独立系FPであれば特定の保険会社にしばられることもないので無理な勧誘をされることもありません。まずは気軽にロボアドを利用し、わからないところがあれば独立系FPに相談してみるといいかもしれませんね。

  • この記事を書いた人
相川博史

相川 博史

2級FP技能士、トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP)、住宅ローンアドバイザー。外資系生命保険会社、保険代理店において20年近く営業職員として勤務。執筆分野は生命保険、損害保険、家計見直し等。テクノロジーにも精通しており、自ら複数のWebサイトの運営も行う。3人の子育てパパ。

-介護・認知症保険
-, , , ,