医療保険

40代が入る平均的な医療保険とは?男性・女性別のおすすめな選び方も紹介

投稿日:

40代は働き盛りで収入も安定してくる一方、がんや心疾患・生活習慣病などにかかるリスクが高くなってくる年代でもあります。

そのため「病気に伴う経済的リスクへの備え」は、しっかり用意しておく必要があります。

では40代の方に必要な医療保険の保障とは、どういった内容なのでしょうか?

この記事では、保険料を含めた40代の平均的な医療保険の契約内容40代の方におすすめな医療保険の選び方などについて、詳しく解説します。

40代に医療保険がおすすめな理由

医療保険とは

被保険者が病気やケガで入院をしたり手術を受けたりした場合に、保険金が給付される保険のこと。

医療保険の保障内容は「入院給付金」と「手術給付金」が基本となっており、これに

  • 入院一時金特約
  • 通院特約
  • がん特約
  • 女性疾病特約 など

を付加することで、より手厚い保障を受けられる仕組みです。

医療保険とは
医療保険とは?公的医療保険制度との仕組みの違いをわかりやすく解説

「病気やケガで入院したらどうしよう?」そんな不安を減らしたいとき、医療保険への加入を検討する人は多いと思います。 しかし、日本には国が運営する「公的医療保険制度」があり、保険会社が販売する「民間医療保 ...

続きを見る

医療保険に入ってない40代は注意が必要

「いつかは加入しなければと思いながら時間が経ってしまった」「若い頃は加入していたものの、今は加入していない」といった理由から、医療保険に未加入の方は少なくありません。

ただ、40代で医療保険に未加入という方は注意が必要です。

ココに注意

というのも40代は、がんや生活習慣病など様々な病気のリスクが高くなってくる年代なのです。

40代の死因1位は「がん」

厚生労働省の調査によると、40代の死因順位は以下のようになっています。

第1位 悪性新生物(腫瘍)
第2位 自殺
第3位 心疾患
第4位 脳血管疾患
第5位 不慮の事故(40~44歳)、肝疾患(45~49歳)

※出典:厚生労働省『令和元年人口動態統計月報年計の概況』

40代になると生活習慣病のリスクも増える

また健康組合連合会による調査によると、40歳以降、生活習慣関連10疾病の有病者数が激増していることもわかっています。

40代以降に有病者数が増える10疾病

  • 糖尿病
  • 脳血管障害
  • 虚血性心疾患
  • 動脈閉塞
  • 高血圧症
  • 高尿酸血症
  • 高脂血症
  • 肝機能障害
  • 高血圧性腎臓障害
  • 人工透析

※出典:健康組合連合会『平成29年度生活習慣関連10疾患の動向に関する調査』

上記の10疾病について35~39歳の有病者数と比較すると、40~44歳の有病者数は約2倍、45~49歳の方は約3倍もいるのです。

医療保険の必要性についてもっと詳しく読む

ドーナツTOP ドーナツ・マガジン 医療保険 医療保険の必要性 医療保険の必要性 「病気やケガで入院・手術等の出費に備える」医療保険 最短1分であなたにオススメの医療保険を提案します。 詳しくはこちら ...

続きを見る

医療保険に既に入っている40代は見直しがおすすめ

「医療保険には加入しているものの、若い頃に加入したまま放置している」という方は、保障内容の見直しをしましょう。

ココがポイント

医療事情は時代とともに変化しており、何年も前に加入した医療保険では十分な保障を得られない可能性があるのです。

ここからは、40代の方が医療保険の見直しをする際にチェックすべき2つのポイントをご紹介します。

チェックポイント①40代の平均入院日数

生命保険文化センターの調査によると、40代の入院日数の平均は12.3日で、入院日数ごとの分布は以下のようになっています。

入院日数 40代の割合
5日未満 25.0%
5~7日 32.1%
8~14日 24.1%
15~30日 12.5%
31~60日 4.5%
61日以上 1.8%

※出典:生命保険文化センター『令和元年度生活保障に関する調査』

5~7日の方が32.1%と最も多く、5日未満の方が25.0%であることがわかります。

ココがポイント

つまり、入院日数が1週間以内という方が全体の半数以上を占めているのです。

入院日数の短縮化に対応できる医療保険選びを

また近年は通院治療が増加していることもあり、入院日数が短縮化傾向にあります

厚生労働省が実施した調査によると、平成20年には35.6日だった平均入院日数が、平成26年には31.9日、平成29年には29.3日まで短くなっています。

※出典:厚生労働省『平成29年度患者調査』

かつての医療保険は、

入院〇日目から保険金を給付

といった内容のものが少なくありませんでした。しかし入院日数の短縮化が進む現在、このような医療保険では十分な保障を得られない可能性があります。

ココがポイント

そこでまずは、現在加入している医療保険が「入院1日目から入院給付金が支払われるものかどうか」を確認してみましょう。

そのうえで、短期入院でも十分な保障を得られるよう「入院一時金特約」などの付加を検討してみることをおすすめします。

【FP監修】医療保険の入院給付金日額と支払限度日数と通算支払限度日数の決め方

各保険会社からたくさんの種類が販売されている医療保険。保障の内容も商品によってさまざまですので、「選びにくい」と感じている人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、医療保険の選び方について入院日数 ...

続きを見る

チェックポイント②40代が入院する際にかかる平均自己負担額

生命保険文化センターの調査によると、入院する際にかかる自己負担額の平均は下記のとおりです(18歳~60代までの平均)

入院する際にかかる自己負担額の平均
男性 22.0万円
女性 22.3万円

これに対して40代の方が入院する際にかかる自己負担額の平均は、以下のようになっています。

40代が入院する際にかかる自己負担額の平均
男性 26.3万円
女性 25.1万円

つまり40代は他の年代に比べて、入院する際にかかる自己負担額が大きいのです。

※出典:生命保険文化センター『平成28年度生活保障に関する調査』

1入院支払限度日数についても見直しを

近年は入院日数が短縮化しているものの、疾病によっては入院が長期化する場合もあります。

40代は入院時の自己負担額が他の年代に比べて大きいことを考慮すると、長期入院に伴う医療費負担の増加リスクにもしっかり備えておきたいところです。

そこで見直したいのが「1入院支払限度日数」です。

1入院支払限度日数とは

1入院あたりの入院給付金支払限度日数のこと。医療保険の中には、40日・60日・120日、というようにニーズに合わせて選択できるものがあります。

また特約を付加することで、三大疾病など特定の病気で入院した場合に、1入院支払限度日数を長くしたり、無制限にできる商品もあります。

長期入院に伴う経済的リスクについてもしっかりカバーしておきたい方は、こういった点も見直してみるといいでしょう。
おすすめな医療保険とは?人気商品をご紹介

ドーナツTOP ドーナツ・マガジン 医療保険 医療保険 「病気やケガで入院・手術等の出費に備える」医療保険 最短1分であなたにオススメの医療保険を提案します。 詳しくはこちら 比較・見積りからあなたに ...

続きを見る

40代の平均的な医療保険の契約内容

ここまで、40代の方にとっての医療保険の必要性を見てきました。では実際、どのくらいの割合の40代が医療保険に加入しているのでしょうか?

また、40代が支払う保険料の平均はいくらくらいなのでしょうか?

ここからは、40代の平均的な医療保険の契約内容について見ていきましょう。

40代の医療保険の加入率は?

生命保険文化センターの発表によると、民保加入世帯(かんぽ生命を除く)においての40代の医療保険の加入率は、以下のようになっています。

世帯主年齢 医療保険・医療特約
の加入率
40~44歳 94.3%
45~49歳 91.8%

※出典:生命保険文化センター『平成30年度生命保険に関する全国実態調査』

40代の9割以上が、医療保険に加入しているのです。

40代は保険料に平均いくら払ってる?

また同じく生命保険文化センターの調査によると、平成30年の世帯年間払込保険料(全生保)は次のとおりでした。

世帯主年齢 世帯の平均年間
払込保険料
30~34歳 29.8万円
35~39歳 38.0万円
40~44歳 34.5万円
45~49歳 42.7万円
50~54歳 48.3万円
55~59歳 45.3万円
60~64歳 43.9万円
65~69歳 33.8万円

保険料負担は30代後半から増え始め、50代前半をピークに少しずつ減少しています。

また、加入世帯における年間払込保険料の世帯年収に占める割合は、下記のようになっています。

40代は、世帯年収の約5~6%を保険料に充てていることがわかります。

※出典:生命保険文化センター『平成30年度生命保険に関する全国実態調査』

20~50代の生命保険料の相場・死亡保険金の平均は?毎月いくら払ってる?

生命保険(死亡保険)への加入を検討するとき、まず死亡保険金(死亡保障額)はいくら必要なのかを考えることが大切です。 必要な死亡保険金額は年齢やライフステージで異なり、自分に合った死亡保険金額の保険に加 ...

続きを見る

【40代男性向け】おすすめな医療保険の選び方

40代の医療保険は、この年代の人が抱える病気のリスクについて考慮しつつ、現代の医療事情に対応できる保障内容にする必要があります。

ここまでで40代は病気のリスクが増える上、入院時の自己負担額も他の年代に比べて高い傾向にあることが分かりましたね。

医療保険選びではこういった点を踏まえて、保障内容や特約・保障期間(保険期間)を決めていきましょう。

40代男性におすすめな医療保険の「保障内容」

医療保険選びをする上でまず決めなければならないのが、基本保障である「入院給付金日額」です。

ココがポイント

医療保険の中には「入院給付金日額の〇倍」という形で手術給付金額が決まる商品が少なくないため、この金額をいくらにするのか慎重に検討する必要があります。

上述のように40代の入院時の自己負担額の平均、また1日あたりの自己負担額は、以下のようになっています。

40代が入院する際にかかる自己負担額の平均
男性 26.3万円
女性 25.1万円
入院1日あたりの自己負担額の平均
男性 34,118円
女性 19,623円

※出典:生命保険文化センター『平成28年度生命保険に関する全国実態調査』

以上のデータを踏まえると、入院給付日額は1万円あるとひとまず安心でしょうか。

もちろん保障が手厚いに越したことはありませんが、入院給付日額を増額するとその分だけ保険料負担も増えてしまいます。

医療保険は「掛け続ける」ことが大切ですので、基本保障である入院給付日額は1万円前後にしつつ、不足分については特約でカバーすることをおすすめします。

40代男性におすすめな医療保険の「特約」とは

近年は、入院日数の短縮化と通院治療の増加が進んでいます。そこで医療保険選びをする際は、

  • 入院した場合にまとまった一時金が給付される「入院一時金特約」
  • 退院後の通院治療についても保障を受けられる「通院給付金特約」

の検討をおすすめします。

また40代になると、がんや心疾患・脳血管疾患といった、いわゆる「三大疾病」への罹患リスクが高くなります。

さらに、糖尿病や高血圧症・高脂血症といった「生活習慣病」のリスクも高まります。

これらの病気に対して手厚く備えたい方は、以下のような特約を検討してみるといいでしょう。

40代男性におすすめな医療保険の特約

  • 三大疾病一時金特約
  • 三大疾病支払い日数無制限特約
  • がん診断給付金特約
  • 生活習慣病追加給付特約
  • がん外来治療給付特約
  • 抗がん剤治療給付特約

40代男性が医療保険に加入するなら「終身型」がおすすめ

医療保険は、

  • 保障期間(保険期間)が決められている「定期型」
  • 生涯にわたり保障が続く「終身型」

の2種類に大別されます。

これらのうち定期型の医療保険には「更新」があり、40代以降は更新後の保険料がかなり高くなることも少なくありません。

もちろん、保障内容を下げることで保険料負担を抑えることは可能ですが、病気のリスクが高くなるこの時期に保障を薄くすることは、あまりおすすめできません。

40代の保険は、終身型の商品を検討することをおすすめします。

ココがポイント

終身型の医療保険ならば保障が生涯にわたり続きますし、保険料も加入時のまま変わらないからです。

終身医療保険とはどんな保険?定期型との違いをわかりやすく比較

一定の保険料で生涯の保障を得られることから、近年その人気が高まっている「終身医療保険」。 このタイプの保険には、保障を得られる期間や保険料の他にも、保険料払込期間や解約返戻金の有無など、注目すべき点が ...

続きを見る

【40代女性向け】おすすめな医療保険の選び方

40代女性は乳がんや子宮がんなど、女性特有の病気のリスクが高くなる時期です。

そのため医療保険を選ぶ際は、こういった点にも配慮しつつ保障内容を決めていく必要があります。

40代女性におすすめな医療保険の「保障内容」

医療保険の基本保障である「入院給付金」は、40代女性の入院時の自己負担額を考慮するとやはり、日額1万円前後にすることをおすすめします。

そのうえで必要な特約を付加し、入院給付金や手術給付金だけでは賄いきれないリスクに備えるといいでしょう。

女性保険のメリットとは?年代別の必要性やおすすめな選び方を紹介

一般的な医療保険の保障に加え、女性特有の病気になった場合に手厚い保障を受けられる「女性保険」。 ただ、ひとくちに「女性保険」といってもいくつかのタイプがありますし、商品によって保障内容も様々です。 「 ...

続きを見る

40代女性が検討すべき医療保険の「特約」とは

40代女性は、がんや脳血管疾患・心疾患のリスクが高い傾向にあります。また40代女性のがん罹患状況を部位別にみると、

  • 乳がん
  • 子宮頸がん
  • 子宮体がん

といった「女性特有のがん」罹患者数の割合が非常に高くなっています

※出典:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」

ココがポイント

そこで医療保険選びをする際は、女性特有の病気について手厚い保障を受けられる「女性疾病特約」の検討をおすすめします。

もちろん、

  • 現代の医療事情に即した保障内容にする必要がある点
  • 三大疾病のリスクに備える必要がある点

は男性と変わりありませんので、上述した特約についても検討してみるといいでしょう。

女性向けがん保険って必要?20代〜50代の必要性と選び方を比較

乳がんや子宮頸がんといった、女性特有のがんに備えるための「女性向けがん保険」。 この種の保険は具体的にどのような保障が受けられて、加入するとどういったメリットがあるのでしょうか。 この記事では、女性が ...

続きを見る

40代女性が医療保険に加入するなら「終身型」がおすすめ

最後に保障期間(保険期間)についてですが、40代女性の医療保険選びでも男性のときと同様、終身型医療保険をおすすめします

「可能な限り定期型医療保険に加入し続け、保険料負担が大きくなった段階で終身型に切り替える」という選択肢がないわけではありません。

ココに注意

しかし、医療保険に加入するには生命保険会社による審査に通る必要があり、健康状態によっては引受けを断られてしまう可能性があるのです。

40代はあらゆる病気のリスクが高くなる時期ですので、何らかの病気になってしまう前に終身型の医療保険に加入して、生涯のベースとなる保障を用意しておいてはいかがでしょうか。

40代が既存の医療保険の見直しをするなら

「医療保険には加入しているものの、若い頃に加入したまま放置している」という方は、保障内容の見直しをしましょう。

ココがポイント

医療事情は時代とともに変化しており、何年も前に加入した医療保険では十分な保障を得られない可能性があるのです。

ここからは、40代の方が医療保険の見直しをする際にチェックすべきポイントをご紹介します。

医療保険の見直しポイント

  • 加入済みの保険の内容を確認する
  • 今後のライフプランと調整・整理

最初に着手することは、現在、ご自身が加入している保険商品の内容をしっかりと確認することです。

その際にチェックするポイントは、保険期間(保障期間)保障内容保険料の3点です。

次に、現在の保険商品の内容を把握したら、ご自身の現在のライフステージの状況と今後の収入計画を織り込んだライフプランと照らし合わせて、必要な保障と内容とが合っているかを考察します。

以下、見直しが必要かどうかについて、どのような点に着目して検討するかをご紹介します。

保険期間(保障期間)について

保険期間(保障期間)がいつまでかを確認しましょう。

ご自身が加入している保険が終身型であれば、保障が一生涯継続するので問題ありません。

しかし、定期型の場合には、保障される期間が定まっているので、確認が必要です。

ココに注意

また、定期型の更新時には、保険料が上がることと、持病がある場合には更新できない場合があるので注意をしましょう。

保障内容について

たとえば以下の項目のように、ご自身が現在必要としている保障内容に合致しているかという観点でチェックをしましょう。

  • 入院給付日額
  • 手術給付金の金額
  • 入院何日目から保障されるのか
  • 1回の入院での支払限度日数 など

さらに、以下に挙げるような各種特約を付加する必要があるかどうかも検討しましょう。

  • 入院一時金
  • 通院給付金
  • がん診断給付金が受け取れる特約
  • 先進医療特約
  • 三大疾病特約 など

医療保険に付加できる特約については以下のリンクをご覧ください。

【FP監修】医療保険の特約とは?

保障の充実を図る特約 医療に関連する特約は、じつに多種多様なものがそろっています。特約は主契約に上乗せするオプションですから、チョイスは自由自在。あなたが必要だなと思う部分にプラスしておけば、いっそう ...

続きを見る

【FP監修】がん保険で実施件数が多い先進医療は?保険選びの基準となる直接支払制度について

1 先進医療特約とは? 先進医療特約は、治療を受けた時点において、厚生労働大臣が認める先進医療に該当している場合、その先進医療に係る費用と同額の給付金が支払われる特約です。令和元年9月1日現在、先進医 ...

続きを見る

保険料について

現在ご自身が加入している保険が、ご自身が必要としている保障内容と合っているか、合っていない場合には、保険料を支払いすぎていないかを確認します。

逆に、より保障を手厚くする必要がある場合には、そのぶん保険料が高くなるので、ご自身の現状の資産状況や資金計画に照らして、妥当かどうかもチェックする必要があります。

もちろん、公的医療保険制度でカバーできない部分を医療保険でカバーするという大原則を把握した上での検討が必要です。

医療保険の選び方・見直し方をもっと詳しく読む

ドーナツTOP ドーナツ・マガジン 医療保険 医療保険の選び方・見直し方 医療保険の選び方・見直し方 「病気やケガで入院・手術等の出費に備える」医療保険 最短1分であなたにオススメの医療保険を提案しま ...

続きを見る

まとめ

40代は、がん・心疾患・脳血管疾患といったいわゆる「三大疾病」や、糖尿病・高血圧症・高脂血症といった「生活習慣病」のリスクが高くなる年代です。

また40代は、入院した場合の自己負担額が高額になりがちな年代でもあります。

そのため40代の保険選びでは、こういった病気になった場合にも十分な保障を得られるよう、

  • 入院給付金を十分な金額にする
  • 三大疾病や生活習慣病のリスクに備えられる特約の付加を検討する

必要があります。

医療保険に未加入の方が加入を検討すべきであるのはもちろんですが、医療保険に加入しているものの長い間放置しているという方も、保障内容を見直してみてはいかがでしょうか。
  • この記事を書いた人
曽我部 三代

曽我部 三代

FP技能士2級。長年にわたり損害保険・生命保険の代理店経営に携わり、コンサルティングや保険事務を通じた家計・保険全般の知識を習得。金融関連の執筆活動も行うファイナンシャルプランナー。

-医療保険
-,