医療保険

医療保険

「病気やケガで入院・手術等の出費に備える」
医療保険

最短1分であなたにオススメの医療保険を提案します。

比較・見積りからあなたにピッタリの医療保険をみつけましょう。

医療保険のもっと詳しい解説や気になるトピック満載!

  • 医療保険の 比較・見積り

    年齢
    性別
  • 医療保険の クイック診断

    最短1分であなたにオススメの
    医療保険を提案します

    今すぐ診断
  • 医療保険の コラム記事

    医療保険のもっと詳しい解説や
    気になるトピック満載!

    記事を読む

医療保険の ランキング

医療保険 新CURE[キュア]
オリックス生命
医療保険 新CURE[キュア]
アクサダイレクトの終身医療
アクサダイレクト生命
アクサダイレクトの終身医療
新メディフィットA(エース)ライトプラン(20)
メディケア生命
新メディフィットA(エース)ライトプラン(20)
終身医療保険プレミアムDX
チューリッヒ生命
終身医療保険プレミアムDX
ネオdeいりょう
ネオファースト生命
ネオdeいりょう

概要:契約数・資料請求数をもとにした総合ランキング。
期間:2021/1/1 〜 2021/1/31

チェックした商品の資料を

医療保険とは? about

病気やケガで入院をしたり手術を受けたりすると、医療費や休業中の生活費など、様々な経済的リスクを抱えることになります。医療保険は、そういったリスクに備える方法のひとつですが、そもそも医療保険とはどのようなものなのでしょうか。

後悔のない医療保険選びをするためには、その仕組みや特徴についてきちんと理解しておくことが大切です。

この記事では、医療保険の保障内容や、保険期間、保険料、商品選びのポイントなどについて、わかりやすく解説します。

目次

1. 医療保険とは

医療保険は、

(1)公的医療保険

(2)民間の医療保険

の2種類に分けられます。

そして民間の医療保険の保障は、公的医療保険を使ってもなお自己負担しなければならない部分を、カバーできる内容にする必要があります。

そのため医療保険選びにおいては、公的医療保険と民間の医療保険、それぞれの保障内容や両者の違いについて、きちんと把握しておかなければなりません。

ここではまず、公的医療保険と民間の医療保険、それぞれの特徴についてみていきましょう。

(1)公的医療保険

公的医療保険は、我が国の社会保障制度の一環として運営されているものです。

医療機関を受診する際、健康保険証を提示してこの制度を利用することにより、診療費や薬代などの自己負担額を一定割合に抑えられます。

医療費の自己負担割合は年齢や収入によって異なり、具体的には以下のようになっています。

公的医療保険を利用した場合の医療費の自己負担割合

年齢 自己負担割合
義務教育就学前 2割負担
義務教育就学後~
70歳未満
3割負担
70歳以上75歳未満 2割負担(現役並み所得者は3割負担)
75歳以上 1割負担(現役並み所得者は3割負担)

日本は皆保険制度を採用していますので、国民全員が公的医療保険に加入しなければなりません。

ただし公的医療保険は、保険者によっていくつかの種類に分けられ、

会社員 ・勤務先の協会けんぽ
・組合健保 など
自営業者 市町村
75歳以上の人 後期高齢者医療制度

というように、職業や年齢によって保険者が変わります。また負担する保険料も、加入者の年齢や所得、公的医療保険の種類によって異なります。

医療費の自己負担額を一定限度内に抑える高額療養費制度

公的医療保険には「高額療養費制度」というものがあります。

入院をしたり、手術を受けたりすると、たとえ3割負担でも、医療費の自己負担額がかなり高額になってしまうケースがあります。そうすると、金銭的な問題から満足な治療を受けられない人が出てくる可能性がありますよね。

高額療養費制度は、こういった事態を防ぐために設けられた制度です。

保険マメ知識

高額療養費制度(こうがくりょうようひせいど)
1か月あたりの医療費の自己負担額を一定限度額内に抑えられる制度。

ただし、この制度の対象となるのは保険適用される診療に対して患者が支払った自己負担額のみで、たとえば以下のような費用は対象外となります。

・ 食費

・ 居住費

・ 差額ベッド代

・ 先進医療にかかる費用

・ 自由診療にかかる費用

(2)民間の医療保険

民間の医療保険は、生命保険会社から販売されている商品です。

主な保障内容は「入院給付金」と「手術給付金」の2つで、入院給付金は入院をした場合にその日数に応じた保険金が、手術給付金は所定の手術を受けた場合に約定の保険金が給付されます。

また、民間の医療保険には、以下のような特約を付加することも可能です。

・ 入院一時金特約

・ がん給付金特約

・ 通院治療特約

・ 先進医療特約

・ 女性疾病特約

すべての手術が保障対象となるわけではない

民間の医療保険の保障対象となる手術は、その商品を販売する生命保険会社所定のものに限られます。

たとえば、抜歯や創傷処理といった手術は公的医療保険の保障対象ですが、民間の医療保険では保障対象外となる場合があります。

どのような手術が保障対象となるかは商品によって異なりますので、事前にしっかり確認することが大切です。

保険料は年齢や健康状態によって異なる

民間の医療保険は、被保険者に対する保険金支払いリスクの大小をもとに、保険料を算定します。

そのため民間の医療保険の保険料は、年齢に比例して高くなる傾向にあります。

また、被保険者の健康状態によって、生命保険会社が「契約の引受は可能であるものの保険金支払いリスクが高い」と判断した場合、リスクの程度に応じて保険料が割増される場合もあります。

健康状態によっては加入できないケースがある

公的医療保険は、国民全員が加入しなければならない保険です。そのため過去に大きな病気をした方や持病がある方でも、加入することが可能です。

これに対して民間の医療保険は、申込後、生命保険会社による審査が行われます。そして被保険者の健康状態によっては、加入できない場合があります。

近年は、持病がある方でも加入しやすい「引受基準緩和型医療保険」も販売されていますが、一般的な医療保険に比べると保険料が割高になります。

2. 医療保険の仕組みと保障内容

医療保険は、病気やケガのリスクに備えるための保険です。

では、この保険は具体的にどういうもので、どのような保障を受けられるのでしょうか。ここからは、医療保険の仕組みと保障内容について、詳しくみていきましょう。

(1)医療保険の仕組み

医療保険は「主契約」と「特約」で構成されています。

主契約は医療保険の根幹をなすもので、入院給付金と手術給付金でできている商品が一般的です。

特約には様々な種類があり、基本保障に上乗せする形で付加します。

特約のつけ方は商品によって異なり、いくつかの特約がセットになったパッケージ商品もあれば、一つひとつの特約をニーズに合わせてセレクトして保障内容をカスタマイズできる商品もあります。

(2)医療保険の保障内容

医療保険は、基本保障となる「入院給付金」と「手術給付金」、そしてこれに上乗せする形で付加する「特約」によって構成されています。

では、これらの基本保障や特約は、具体的にどのようなものなのでしょうか。

入院給付金

保険マメ知識

入院給付金(にゅういんきゅうふきん)
病気やケガで入院した場合に給付されるもの。

給付される保険金額は「入院給付日額×入院日数」により算出されます。たとえば、入院給付日額1万円の医療保険に加入している人が10日間入院した場合、10万円が給付されます。

入院給付日額は契約時に設定しますが、5,000円、1万円…というように予め決められているプランの中から選ぶ商品もあれば、1,000円刻みで自由に設定できる商品もあります(下限・上限額あり)

また、入院給付金は無制限に支払われるわけではありません。

ほとんどの医療保険では、1入院あたりの入院給付金支払日数について、40日、60日、120日…というように限度日数が設けられています。

さらに、保障期間内における通算支払限度日数も「1,000日まで」と決められている商品が一般的です。

手術給付金

保険マメ知識

手術給付金(しゅじゅつきゅうふきん)
保険会社所定の手術を受けた場合に給付されるもの。

給付金額は、外来手術5万円、入院手術20万円…というように定額になっている商品もあれば、手術の種類によって入院給付日額の○○倍、となっている商品もあります。

保障対象となる手術は保険会社によって異なり、特定の手術を対象としている商品もあれば、公的医療保険が適用される手術を広く保障対象とする商品もあります。

ただし、こういった商品でも抜歯手術や創傷処理・デブリードマンなど、一部の手術については保障の対象外としているものが一般的ですので、注意が必要です。

医療保険に付加できる特約

医療保険には基本保障に加え、ニーズに合わせて以下のような特約を付加することができます。

付加できる特約と具体的な保障内容は商品によって異なりますので、医療保険選びをする際は基本保障だけでなく、その商品に付加できる特約にはどのようなものがあるのか、確認しておくことをおすすめします。

通院給付金特約

保険マメ知識

通院給付金特約(つういんきゅうふきんとくやく)
病気やケガで入院した人が退院後、通院治療を受ける場合に保険金が給付されるもの。

支払われる保険金額は「通院給付日額×通院日数」によって算出されます。

近年は入院期間が短縮化している半面、通院治療を受ける方が増加傾向にあります。

入院中だけでなく退院後の医療費についてもしっかりカバーできるこの特約は、これからの医療事情に合った保障であるといえるでしょう。

入院一時金特約

保険マメ知識

入院一時金特約(にゅういんいちじきんとくやく)
被保険者が入院した場合に約定の額の一時金が給付されるもの。

厚生労働省発表の『平成29年患者調査』によると、病院・一般診療所ともに平均入院日数は毎年減少しています。

また、平均入院日数を傷病別にみると、以下のとおりです。

傷病名 平均入院日数
がん(悪性新生物) 17.1日
心疾患 19.3日
消化器系の疾患 10.8日

そうすると、入院給付金だけでは十分な保障を得られない可能性があるのです。

そういった場合に入院一時金特約を付加していれば、入院給付金とは別にまとまった額の一時金が給付されるため、これを医療費や静養中の生活費などに充てることができるでしょう。

がん診断給付金特約

保険マメ知識

がん診断給付金(がんしんだんきゅうふきん)
被保険者が「がん」と診断された場合に給付されるもの。

給付金額は50万円、100万円…というように契約時に設定し、給付金が支払われる回数は商品によって異なります。

1度しか給付されないものもあれば、約定の期間が経過していることを条件に、新たにがんと診断された場合はもちろん、再発・転移した場合も給付金の支払を受けられるものもあります。

女性疾病特約

保険マメ知識

女性疾病特約(じょせいしっぺいとくやく)
子宮頸がんや乳がんなど、女性特有の病気になった場合に手厚い保障を受けられるもの。

保障内容は商品によって異なりますが、保険会社所定の病気になった場合に、入院給付日額や手術給付金が増額されるものが一般的です。

商品によっては女性特有の病気だけでなく、女性に「多い」病気まで広く保障を受けられる場合もあります。

女性疾病特約の付加を検討する際は、保障対象となるのはどんな病気なのか、詳しくチェックしておくことが大切です。

先進医療特約

保険マメ知識

先進医療特約(せんしんいりょうとくやく)
先進医療を受けた場合に、その技術料が支払われるもの。
先進医療(せんしんいりょう)
先進医療は保険診療との併用が認められている治療法。

先進医療に公的医療保険が適用されるのは診療費や入院費についてのみで、先進医療にかかる技術料については全額自己負担となります。

実際にかかる費用は治療方法によって異なりますが、たとえばがんに対して行われる陽子線治療にかかる費用の平均は1件あたり約270万円、重粒子線治療にかかる費用の平均は1件当たり約309万円となっています。

先進医療特約を付加しておけば、こういった高額な治療費にもしっかり備えられるのです。

保険料払込免除特約

保険マメ知識

保険料払込免除特約(ほけんりょうはらいこみめんじょとくやく)
保険会社所定の病気になった場合、あるいは、保険会社所定の状態になった場合に、以後の保険料の支払いが免除されるもの。

大病をすると休職や離職を余儀なくされ、収入が減る人も少なくありません。そういった状況で保険料負担をなくすことができるというのは、非常に大きな魅力でしょう。

3. 医療保険の保障期間(保険期間)

医療保険は、保障期間(保険期間)によって、

(1)定期型

(2)終身型

の2種類に分けられます。

保険マメ知識

保障期間(ほしょうきかん)
保障を受けられる期間のこと。医療保険の保障がいつまで続くのかを意味する。

定期医療保険と終身医療保険には、それぞれにメリットとデメリットがありますので、それぞれの特徴を理解したうえで、自分に合った商品を選ぶことが大切です。

(1)定期医療保険

保険マメ知識

定期医療保険(ていきいりょうほけん)
保障期間が決まっているタイプの医療保険。

定期医療保険は、保障期間が決まっているタイプの医療保険です。

保障期間の決め方は商品によって異なり「○○歳まで」となっているものもあれば、「責任開始日より○○年間」となっているものもあります。

定期型の保険は契約期間中の保険金支払いリスクをもとに保険料を算出するため、若い間は安い保険料で手厚い保障を得られます

保険期間満了後も契約の更新をすることは可能ですが、保険料は更新時の年齢をもとに算出するため、更新前に比べると高くなってしまいます。

定期医療保険が向いている人とは?

定期医療保険をおすすめするのは、以下のような方です。

・ 若くて金銭的にあまり余裕がないため、保険料負担をできるだけ抑えたい

・ 子供が小さい間、一定期間に限って手厚い保障を用意しておきたい

・ 子供が独立するまでの間に限って、保険料を抑えつつ子供の医療保険に加入したい

(2)終身医療保険

保険マメ知識

終身医療保険(しゅうしんいりょうほけん)
被保険者が亡くなるまで、生涯にわたって保障が続くタイプの医療保険。

このタイプの保険には定期型医療保険のような更新がなく、保険料は加入時のまま一生変わりません

一定の保険料で高齢になってからも保障を受け続けられるというのは、とても大きな魅力でしょう。

もちろん、保障を受け続けるためには保険料を支払い続けなければなりませんが、終身医療保険の中には、10年間、60歳まで、65歳までといった感じで、保険料の払込期間を選択できるものがあります。

保険料の払込期間を設定した場合、それ以後は保険料を払い込むことなく保障を受けられます。

「払込期間を工夫することで、老後の保険料負担をなくすことができる」というのも、このタイプの医療保険の魅力のひとつでしょう。

ただし終身医療保険は、高齢になってからのリスクも考慮したうえで契約時の保険料を算出します。そのため若いうちは定期医療保険に比べて、保険料が割高になってしまいます。

終身医療保険が向いている人とは?

終身医療保険をおすすめするのは、以下のような方です。

・ 一生の保障を用意しておきたい

・ 保険料の上がらない保険に加入したい

・ 高齢になってからも保険料を払い続けることに抵抗や不安がある

4. 医療保険の必要保障額と保険金額

基本保障に加え、様々な特約を追加できる医療保険。では、医療保険の保障額(保険金額)はどのくらいにすればいいのでしょうか。

(1)入院した場合にかかる費用はどのくらい?

医療保険の保障額を決める際はまず、自分が入院した場合にどのくらいの自己負担額が発生するのか、具体的にシミュレーションしてみる必要があります。では、入院した場合にかかる費用の平均はどのくらいなのでしょうか。

生命保険文化センター発表の資料『令和元年度生活保障に関する調査』によると、直近の入院時の自己負担費用の平均は20.8万円で、費用の分布は以下のようになっています。

直近の入院時の自己負担費用の分布
5万円未満 7.6%
5~10万円未満 25.7%
10~20万円未満 30.6%
20~30万円未満 13.3%
30~50万円未満 11.7%
50~100万円未満 8.4%
100万円以上 2.7%

※出典:生命保険文化センター「令和元年度生活保障に関する調査」p44

自己負担費用が5~20万円であった人が、全体の半数以上を占めていることがわかります。

また、入院1日あたりの自己負担費用の平均は23,300円で、費用の分布は以下のようになっています。

入院1日あたりの自己負担費用の分布
5,000円未満 10.6%
5,000~7,000円未満 7.6%
7,000~10,000円未満 11.1%
10,000~15,000円未満 24.2%
15,000~20,000円未満 9.0%
20,000~30,000円未満 12.8%
30,000~40,000円未満 8.7%
40,000円以上 16.0

自己負担費用が5,000~15,000円であったという方が、全体の約4割を占めていることがわかります。

(2)医療保険の保障額の平均はどのくらい?

医療保険に加入している方は、保障額(保険金)をどのくらいに設定しているのでしょうか。

生命保険文化センター発表の『令和元年度生活保障に関する調査』によると、医療保険加入者の入院給付日額の平均は、男性が10,900円・女性が9,100円となっています。

また男女別の金額の分布は、以下のようになっています。

男性の入院給付日額の分布
3,000円未満 0.8%
3,000~5,000円未満 2.9%
5,000~7,000円未満 24.7%
7,000~10,000円未満 6.2%
10,000~15,000円未満 35.9%
15,000円以上 22.8%
不明 6.7%
女性の入院給付日額の分布
3,000円未満 1.9%
3,000~5,000円未満 4.8%
5,000~7,000円未満 35.4%
7,000~10,000円未満 8.2%
10,000~15,000円未満 28.7%
15,000円以上 15.5%
不明 5.4%

男女ともに、入院給付日額「5,000~7,000円未満」と「10,000~15,000円未満」が多くなっています。

※出典:生命保険文化センター「令和元年度生活保障に関する調査」p45

(3)医療保険の必要保障額(保険金額)はどのくらい?

ここまで、入院した場合にかかる自己負担費用や、医療保険加入者の保障額のデータについてみてきました。

では、医療保険に加入する際、保障額(保険金額)はどのくらいにすればいいのでしょうか。

入院した場合にかかる1日あたりの自己負担費用が、5,000円~15,000円であった人が多いことを鑑みると、入院給付日額は最低でも5,000円、可能であれば1万円にしておくと安心でしょう。

また、近年は入院期間が短縮化傾向にありますので、入院一時金特約や通院給付金特約の付加も、あわせて検討することをおすすめします。

5. 医療保険の保険料

医療保険に加入するうえで慎重に検討しなければならないのが、保険料です。

医療保険は、契約が有効に継続していなければ保障を受けられません。充実した保障はとても魅力的ですが、保険料が高くなりすぎて払い続けられなくなると契約は失効となり、それ以降、保障を受けられなくなってしまいます。

(1)医療保険の加入者はいくら払ってる?

医療保険への加入を検討するうえで多くの方が抱く疑問が「医療保険の加入者はいくら払ってる?」ということではないでしょうか。

生命保険文化センター発表の『平成30年度生命保険に関する全国実態調査』によると、年間払込保険料(全生保)の世帯平均は38.2万円でした。

※出典:生命保険文化センター「平成30年度生命保険に関する全国実態調査」p38

また、1人あたりの年間払込保険料(全生保)の平均は19.6万円で、金額の分布は以下のようになっています。

1人あたりの年間払込保険料の分布
12万円未満 34.1%
12~24万円未満 31.1%
24~36万円未満 15.9%
36~48万円未満 6.4%
48万円~60万円未満 3.4%
60万円以上 3.4%
不明 6.4%

年間払込保険料が12万円未満という方が最も多く、24万円未満という方が全体の65.2%を占めています。

※出典:生命保険文化センター「令和元年度生活保障に関する調査」p187

(2)保険料は無理なく払える額に!払込期間にも注目!

医療保険の保険料は、無理なく払い続けられる金額に設定することが大切です。

保険料を決める際は現在の経済状況だけで判断するのではなく「この先数十年にわたって保険料を払い続けられるかどうか」という点についても慎重に検討してみることをおすすめします。

ちなみに、生命保険加入者の、世帯年収に占める世帯年間払込保険料(全生保)の平均割合は、7.2%であることがわかっています。

保険料をどのくらいにするのか迷ったときは、世帯年収に占める世帯年間払込保険料の割合がどのくらいになるのか、家計に占める保険料負担の割合が大きすぎないかどうか、検討してみるといいでしょう。

※出典:生命保険文化センター「平成30年度生命保険に関する全国実態調査」p43

払込期間を短くして老後の保険料負担を軽減

終身医療保険には、生涯保険料を払込み続ける「終身払」のほか、以下のような払込方法を選択できる商品があります。

保険マメ知識

○○歳払済み
約定の年齢で保険料の払込みが終了。
○○年払済み
約定の期間で保険料の払込みが終了。

保険料の払込期間が短くなると、その分だけ保険料は高くなります。

しかし「多少保険料が上がってしまっても現役時代に保険料の払込を終え、年金生活になる老後の保険料負担をなくす」というのは、選択肢のひとつとして検討する価値があります。

現在、経済的にある程度余裕がある方、老後の保険料負担をなるべく軽減したい方は、払込期間についても検討してみてはいかがでしょうか。

6. 医療保険とがん保険、介護保険との違い

医療保険と混同しがちな保険に「がん保険」と「介護保険」があります。これらは、どのような保険なのでしょうか。

そして、医療保険とがん保険、介護保険にはどのような違いがあるのでしょうか。

(1)がん保険との違い

保険マメ知識

がん保険(がんほけん)
「がん」に対する治療に特化した保険。

主な保障内容には、以下のようなものがあります。

保障 保障内容
がん入院給付金 がんの治療を目的として入院した場合に、入院日数に応じて給付
がん手術給付金 がんの治療を目的として手術を受けた場合に給付
がん診断給付金 がんと診断された場合に給付
先進医療特約 がん治療のために先進医療を受ける場合に、その技術料を保障

医療保険とがん保険には、以下のような相違点があります。

保障の対象となる病気

がん保険の保障対象となるのは「がん」に限られます。

これに対して医療保険は、がんに限らず肺炎や心疾患などあらゆる病気と、骨折などのケガを保障の対象としています。

1入院あたりの支払限度日数と通算支払限度日数

医療保険には、1入院あたりの支払限度日数と、保険期間を通しての通算支払限度日数が設けられています。

これに対してがん保険は、1入院あたりの支払限度日数と通算支払限度日数ともに、無制限としている商品が一般的です。

免責期間

医療保険には免責期間がなく、契約成立後すぐに保障を受けられます。

これに対してがん保険には免責期間が設けられていることが多く、この期間中にがんと診断された場合、保障を受けることはできません。

免責期間は商品によって異なりますが、90日であるものが一般的です。

(2)介護保険との違い

保険マメ知識

介護保険(かいごほけん)
要介護状態、あるいは保険会社所定の状態になった場合に保険金の給付を受けられる保険。

保険金は、一時金の形で支払われるものもあれば、年金の形で支払われるものもあります。

介護保険と医療保険の違いとしては「保険金支払いの条件」という点が挙げられます。

上述のように介護保険は、要介護状態あるいは保険会社所定の状態になった場合に、約定の保険金が支払われます。

これに対して医療保険は、病気やケガで入院をしたり、手術を受けたりした場合に保険金が支払われるのです。

介護保険と医療保険は「保障対象が全く異なる保険」といえます。最近は、医療保険に介護特約を付加できる商品も販売されていますので、将来、要介護状態になった場合にしっかり備えておきたいという方は、この種の保険を検討してみてもいいでしょう。

7. 医療保険の必要性

病気やケガで入院した場合に、手厚い保障を受けられる医療保険。

とてもいい保険ではありますが、日本は公的医療保険制度が充実していることもあって、その必要性に疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

(1)医療保険の加入率

生命保険文化センター発表の『令和元年度生活保障に関する調査』によると、医療保険(疾病入院給付金が支払われる生命保険)への加入率は、73.1%でした。

実に、7割以上の方が何らかの医療保険に加入していることになります。

公的医療保険を利用すれば医療費の自己負担額を1~3割まで軽減することは可能ですが、自己負担額がゼロになるわけではありません。

また、先進医療を受ける場合は高額な自己負担費用が発生しますし、入院中の食費や差額ベッド内などは高額療養費制度の対象外となります。

公的医療保険だけではカバーしきれない出費に備えるためにも、医療保険への加入を検討することをおすすめします。

(2)女性向け医療保険

保険マメ知識

女性向け医療保険(じょせいむけいりょうほけん)
異常妊娠や異常分娩、子宮筋腫、乳がん、子宮がんといった女性特有の病気になった場合に手厚い保障を受けられる保険。

保障内容は商品によって異なりますが、女性特有の病気になった場合に入院給付金や手術給付金が増額されるものが一般的です。

・これから妊娠・出産の予定がある方

・女性特有の病気に不安がある方

は、こういった商品を検討してみるのもひとつの選択肢ではないでしょうか。

(3)子供に医療保険は必要?

日本は社会保障制度が充実しており、子供が病気やケガで治療を受けることになっても、国や地方自治体の制度を活用することで、自己負担額を大幅に抑えられます。

ただし、先進医療など公的医療保険制度の対象外となる治療を受ける場合の費用や差額ベッド代などは、自己負担しなければなりません。

また、子供の看病などのために休職せざるを得ない場合、逸失収入が発生します。

そういった点を考慮すると、子供も医療保険に加入しておいたほうがいいでしょう。

8. 医療保険の選び方

医療保険選びでは、保障内容ばかり注目しがちです。

もちろん、保障内容が大切であり慎重に検討すべきであることは言うまでもありませんが、それだけでなく保障期間(保険期間)や払込期間の種類などについても、しっかり検討することが大切です。

現在、各生命保険会社から沢山の種類の医療保険が販売されていますので、商品選びに悩んだときはプロのファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか。

監修者プロフィール

吹田 朝子(すいた ともこ)

吹田 朝子

(すいた ともこ)

1級ファイナンシャルプランニング技能士、
宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

ぜにわらい協会会長 一般社団法人円流塾 代表理事。人とお金の理想的な関係を追究するお金のメンタリスト®。1989年一橋大学卒業後、金融機関にて企画調査・主計部門を経て1994年より独立。
顧客相談3300世帯以上。TV出演・新聞連載など多数。結婚・妊娠・出産・子育てや転職・住宅購入、そして親の介護など、様々な人生イベントを含み、夫婦の稼ぎ方からお金の使い方、受け取り方、増やし方、そして家族のために次世代まで幸せが続くお金の使い道を設計することを生業としている。著書に「お金の流れをきれいにすれば100年人生は楽しめる!」(スタンダーズ社)、「お金オンチの私が株式投資を楽しめるようになった理由」(C&R研究所)など多数。

長尾 義弘(ながお よしひろ)

長尾 義弘

(ながお よしひろ)

ファイナンシャルプランナー、AFP、日本年金学会会員、辛口保険評論家

NEO企画代表。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。1997年にNEO企画を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。新聞・雑誌・Webなどで「お金」をテーマに幅広く執筆。
著書に「コワ~い保険の話」(宝島社)、「こんな保険には入るな!」(廣済堂出版)「商品名で明かす今いちばん得する保険選び」「お金に困らなくなる黄金の法則」「保険払いすぎ見直しBOOK」「最新版 保険はこの5つから選びなさい」「老後資金は貯めるな!」(河出書房新社)、「保険ぎらいは本当は正しい」(SBクリエイティブ)。共著に「金持ち定年、貧乏定年」(実務教育出版)。監修には別冊宝島の年度版シリーズ「よい保険・悪い保険」など多数。

目次