生命保険

変額保険|しくみと特徴、種類について

変額保険という名を耳にしたことはありますか?変額保険とは投資性の特徴が強い保険です。本記事では、変額保険のしくみと特徴、メリット・デメリットについてご紹介いたします。

変額保険とは?

変額保険とは

変額保険とは、契約者が支払った保険料を株式や債券を中心とする「特別勘定」で資産運用し、運用の実績によって保険金(給付金)や解約返戻金が増減する保険です。

特別勘定とは?

特別勘定とは

特別勘定とは、国内外の株式・債券等が含まれる投資信託などの金融商品で資産が運用されています。運用リスクは、契約者個人が負います。

運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減に直結します。

そのため、市場の株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額が払込保険料の総額を下回ることがあり、場合によっては、損失が生ずる可能性があります。

さらに詳しく

変額保険ではない、一般の生命保険の保険料は、「一般勘定」という、運用実績にかかわらず一定の給付が保証されるタイプの保険の資産を管理・運用されています

一般の生命保険は、一般勘定での運用がマイナスになったとしても、保険金(給付金)や解約返戻金の金額は変動しません。保険会社がマイナスを負担することになります。

保険料の払い方

保険料の払込方法は、一般の保険と同様に、平準払などがあります。商品によっては、一時払などがあります。

変額保険の種類

変額保険は、保険期間(保障期間)で2つに分類することができます。

有期型

有期型とは

保険期間(保障期間)が一定期間のものです。

具体例:変額保険(有期型)、変額個人年金保険 など

一般の保険でいうと、養老保険です。

保険期間(保障期間)が中に被保険者の死亡時は「基本保険金+変動保険金」を受け取れます。基本保険金額は、運用実績に関係なく、原則、最低保証されるので、運用の結果、積立金額がマイナスになった場合でも基本保険金額は受け取れます。

満期を迎えた時に、被保険者が生きている場合に満期保険金を受け取れます。満期保険金の金額は特別勘定の運用実績で変動し、最低保証がありません。運用実績によっては、基本保険金額を下回ることもあります。

解約した時の解約返戻金に最低保証はありません。

終身型

終身型とは

保険期間(保障期間)が一生涯のものです。

具体例:変額終身保険 など

一般の保険でいうと、終身保険です。

被保険者の死亡時に、死亡保険金「基本保険金+変動保険金」を受け取れます。

基本保険金額は、運用実績に関係なく、原則、最低保証されるので、運用の結果、積立金額がマイナスになった場合でも基本保険金額は受け取れます。

解約した時の解約返戻金に最低保証はありません。

まとめ

変額保険のまとめ

  • 変額保険は、投資性の強い保険です。
  • 保険期間(保障期間)で、有期型と終身型の2つに分類できます。
  • 死亡時は基本保険金+変動保険金を受け取れます。
  • 有期型は満期があり、満期時には満期保険金を受け取ることができます。満期保険金は、積立金額の運用実績によって変化するため、金額の最低保証がありません。
  • 運用実績によって、積立金額、解約返戻金額が払込保険料の総額を下回ることがあります。
  • 積立金額や解約返戻金額には最低保証はありません。
メディケア生命 新メディフットエース
  • この記事を書いた人

矢野 康介

ファイナンシャルプランナー、トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP)。大学卒業後、日本生命保険相互会社に新卒入社。法人営業として、一部上場の建築会社及び製薬会社を担当。その後、外資系生命保険会社にて保険事務、コールセンターの統括業務を経験。保険業界での経験は約20年にわたる。ドーナツの「保険をやさしく、わかりやすく」多くの読者に伝えたい想いに共感しドーナツ・マガジンにて執筆を開始。

-生命保険
-, , , , , , ,