生命保険

生命保険協会ってなに?生命保険会社との関係は?【FP監修】


一般の方にはあまり知名度のない「生命保険協会」。本記事では皆様に馴染みのない「生命保険協会」について、何のためにあるのか、どんな組織で、どんなことを取り組んでいるのか等をご紹介していきます。

生命保険協会とは

生命保険協会とは

生命保険協会とは、生命保険の健全な発達と、信頼性の維持を図り、これによって国民生活がさらに向上するように活動している一般社団法人です。

生命保険協会には日本で生命保険業を営む全生命保険会社が加入しています。

生命保険協会の歴史

生命保険協会の歴史は古くは明治時代から始まり、下記のようになっています。

1898(明治31)年 生命保険会社談話会を設立
1905(明治38)年 談話会を生命保険会社協会に発展的に改組
1908(明治41)年 生命保険会社協会、社団法人として認可を得て発足
1942(昭和17)年 生命保険統制会を設立し、生命保険会社協会を生命保険集会所と改称、業務の大部分を生命保険統制会に移管
1945(昭和20)年 生命保険統制会を解散、生命保険中央会を設立して管掌事務を移管。生命保険集会所の名称を生命保険協会と改めて再発足し、生命保険中央会からの事務を継承
2008(平成20)年 発足から100周年
2018(平成30)年 発足から110周年

※ 出典 :一般社団法人生命保険協会

生命保険協会の主な業務

主な業務には次のようなものがあります。

  1. 生命保険事業に関する情報提供及び理解促進に関する事業
  2. 生命保険に関する相談、苦情対応及び紛争解決に関する事業
  3. 生命保険事業の適切な運営を確保するための制度及び施策に関する事業
  4. 社員会社等の職員に対する教育及び研修に関する事業
  5. 生命保険の理論及び実務等に関する調査研究に関する事業
  6. 関係官庁、関係機関その他に対する意見の表明等に関する事業
  7. 社会的責任を遂行するための事業
  8. その他本協会の目的を達成するため必要と認めた事業

具体的には、保険業法第276条(第280条第1項)に基づく生命保険募集人の登録や変更、廃業に関する手続き、生命保険に関する苦情の処理や相談・裁定審理、税制や規制改革への意見提言、生命保険に関する法制度や生命保険業界の統計作成など調査研究の推進、生命保険に関する相談、保険会社営業職員、代理店への養育の実施などを行っています。

また、生命保険業界の共通教育制度として一般課程、専門課程、応用課程、生命保険大学課程の各課程なども行っています。

生命保険協会の取り組み

生命保険協会では、主に6つの取り組みを行っています。

  1. SDGs推進に向けた取組み
  2. お客様本位の業務運営
  3. 業務品質の向上
  4. 自助努力の支援・促進
  5. 意見・提言
  6. 社会貢献活動

どれも社会貢献を意識した取り組みで、日本国内だけでなく国際的な取り組みも意識したものになっています。

生命保険協会の会員会社について

生命保険協会には、日本で生命保険業を営んでいる全41社が加盟していて、ホームページ内には、各保険会社の住所や電話番号、カスタマーセンターの連絡先やURLなどが記載されています。2021年4月現在の加盟保険会社は以下の通りです。

  • アクサ生命保険株式会社
  • アクサダイレクト生命保険株式会社
  • 朝日生命保険相互会社
  • アフラック生命保険株式会社
  • イオン・アリアンツ生命保険株式会社
  • SBI生命保険株式会社
  • エヌエヌ生命保険株式会社
  • FWD生命保険株式会社
  • オリックス生命保険株式会社
  • カーディフ生命保険株式会社
  • 株式会社かんぽ生命保険
  • クレディ・アグリコル生命保険株式会社
  • ジブラルタ生命保険株式会社
  • 住友生命保険相互会社
  • ソニー生命保険株式会社
  • SOMPOひまわり生命保険株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 第一フロンティア生命保険株式会社
  • 大樹生命保険株式会社(旧三井生命保険株式会社)
  • 大同生命保険株式会社
  • 太陽生命保険株式会社
  • チューリッヒ生命株式会社
  • T&Dフィナンシャル生命保険株式会社
  • 東京海上日動あんしん生命保険株式会社
  • ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社
  • 日本生命保険相互会社
  • ネオファースト生命保険株式会社
  • はなさく生命保険株式会社
  • 富国生命保険相互会社
  • フコクしんらい生命保険株式会社
  • プルデンシャル生命保険株式会社
  • PGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社)
  • マニュライフ生命保険株式会社
  • 三井住友海上あいおい生命保険株式会社
  • 三井住友海上プライマリー生命保険株式会社
  • みどり生命保険株式会社
  • 明治安田生命保険相互会社
  • メットライフ生命保険株式会社
  • メディケア生命保険株式会社
  • ライフネット生命保険株式会社
  • 楽天生命保険株式会社

また、生命保険協会のホームページでは、各保険会社に寄せられた苦情件数やその内容、保険金の支払い状況などを誰でも確認することができ、保険金の支払い漏れの件数なども見ることができます。

そして、各会社がどのような変遷で今に至るか、どのように社名が変わったかなども知ることができます。

生命保険協会のホームページでは、消費者の利便性向上の観点から、「生命保険かんたんナビ」というコンテンツにより、あなたが知りたい各保険会社の商品情報を見ることもできます。   (※2020年に廃止されました)

生命保険協会の公式ホームページでは、下記のような学習情報サイトがあり、各年齢層に合わせたコンテンツが用意されています。

そして、各社の経営内容が一目でわかるディスクロージャーも公開しています。

まとめ

一般社団法人生命保険協会
生命保険協会は、日本で生命保険業を営んでいる生命保険会社なら必ず加入しています。

もしあなたが保険に加入する際に、経営状況はどうか、保険金の支払はきちんとしているか、保障内容はどのようなものか、疑問に思うことがあれば、ぜひ生命保険協会のホームページをご覧ください。

メディケア生命 新メディフットエース
  • この記事を書いた人

相川 博史

2級FP技能士、トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP)、住宅ローンアドバイザー。外資系生命保険会社、保険代理店において20年近く営業職員として勤務。執筆分野は生命保険、損害保険、家計見直し等。テクノロジーにも精通しており、自ら複数のWebサイトの運営も行う。3人の子育てパパ。

-生命保険
-,