””

生命保険

生命保険料の支払いの一時払いと一括払いの違いとは?それぞれのメリット・デメリットを比較!

生命保険などの保険を契約するとき、に検討する項目の1つが「保険料の支払い方法」です。保険料の支払い方法にはさまざまな種類がありますが、その中でもわかりづらいのが、「一時払い」と「一括払い」。そこで、今回は一時払いと一括払いの違いを解説します。これから生命保険に加入してようとしている方は、違いをしっかり理解しておきましょう。

一時払いとは?一時払いのメリット・デメリット

一時払いとは、保障期間すべての保険料を一度で支払う払込方法です。全ての保険料を一度にまとめて支払わなければならないので、まとまった金額が必要になります。しかし、まとめて支払う分、生命保険料が割引されますので、月払いや年払いなどの支払い方法よりもお得です。当然、デメリットもありますので把握しておきましょう。

一時払いのメリット

一時払いの最大のメリットは保険料が安いことです。手元にまとまったお金があり、支払い保険料の安さを重視するのなら一時払いを検討してもいいでしょう。

一時払いのデメリット

一時払いは保険料が安い分、デメリットもあります。一時払いのデメリットはこちらです。

・契約後すぐに死亡しても支払った保険料は返ってこない
一時払いは、契約後に全保障期間(全保険期間)の保険料を一度に払い込んでしまうので、保障期間の途中で死亡しても支払った保険料は返ってきません。

・生命保険料控除が一度しか受けられない
生命保険料控除とは、1年間に支払った生命保険料を年末調整や確定申告で申告することで、支払った保険料にかかる所得税が控除される仕組みです。

一時払いは、保険料を支払ったその年しか生命保険料控除を受けることができません。生命保険料控除の上限額は、これから加入する生命保険の場合は4万円。つまり、100万円の生命保険料を払い込んでも4万円分しか控除が受けられないため、所得税や住民税の面では少し損をしてしまいます。

一括払いとは?一括払いのメリット・デメリット

一括払いは「月払」の保険料をまとめて数回分払い込む方法です。まとめて支払った保険料は「保険会社に預けている状態」になります。全てを払い込んだわけではないのです。では一括払いのメリットデメリットを確認してみましょう。

一括払いのメリット

生命保険料一括払いのメリットはこちらです。

・保険料の払込総額が安い
一括払いは月払い保険料をまとめて支払うので通常の月払いよりも払込保険料の総額が安くなります。しかし、一時払いと比較すると高くなっています。

・保障期間中はずっと保険料控除を受けられる
一括払いは、一時払いとは異なり生命保険料控除を受けることができます。これから保険に加入する方に生命保険料控除の上限は4万円ですので、1年間に4万円以上支払っても4万円までしか控除を受けられません。

しかし、一括払いは、払い込んだ保険料が1年ずつに換算されますので、控除を受け続けられるのです。生命保険料控除証明書は、保険会社から毎年送付されますので、手続き上の手間もかかりません。税制上では、一括払いの方がメリットが多いと言えるでしょう。

・保障期間中に死亡した場合や解約する場合は保険料が返ってくる
一括払いは、保険料を保険会社に預けているだけなので、保障期間中に死亡した場合、解約した場合は、それ以降の保険料が戻ってきます。

一括払いのデメリット

次に一括払いのデメリットを解説します。

・預けた保険料は戻ってこない
保険料を預けている形となっているとお話ししましたが、預けているとは言っても一度払い込んだ保険料が戻ってきません。預貯金の感覚で、一括払いを選択すると、まとまったお金が必要になった時に困る可能性があります。

結論!一時払いと一括払いどちらにすれば?

では一時払いと一括払い、いったいどちらを選択したら良いのでしょうか。結論を申し上げると「両者の保険料を比較して余裕があるなら一括払いを選択しましょう」です。一括払いは、保険料が安い分、途中で解約しても保険料が戻ってこない、生命保険料控除をすべての期間でうけることができないなどのデメリットがあります。それを考慮すると、金銭面では一括払いの方がお得です。一括で支払う余剰資金があれば、一括払いを検討してみましょう。

まとめ

最後に一時払いと一括払いの違いをまとめておきましょう。

ココがポイント

  • 一時払い:保険料を全額一括で支払う。途中で解約しても保険料は戻ってこない。保険料が安い。生命保険料控除は一度しか受けられない。
  • 一括払い:月払保険料をまとめて支払うが、払った保険料は保険会社が預かっているかたちとなっているため解約したら保険料が戻ってくる。保障期間中は生命保険料控除を毎年受けることができる。

どちらがよいか悩んでいる方は、独立系ファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。あなたのご家庭の家計を総合的にみて何が良いのかアドバイスを得ることができます。

 

メディケア生命 新メディフットエース
  • この記事を書いた人

平林 亮子

ファイナンシャルプランナー。生命保険代理店兼ファイナンシャルプランナー事務所を営む家庭に生まれ、自身も損害保険会社の査定部門に勤務経験を持つ。家計や保険等、金融系記事を中心に執筆多数。「丁寧にわかりやすく」をモットーにドーナツ・マガジンにて執筆中。

-生命保険
-,