生命保険

【FP監修】生命保険と医療保険の違いとは

更新日:

「もしもの時のために保険に入っておいた方がいい」就職や結婚、出産を機に、このようなアドバイスをもらったことがある方もいるでしょう。また、ライフプランの練り直しで保険の契約について考え直されている方もいらっしゃるかもしれませんね。もしもの時のための保険と一言にいっても、生命保険や医療保険などいろいろな種類があります。ですが、保険の種類や内容がわからず、どれに加入すればいいのか迷うところではないでしょうか。

そこで、本記事では生命保険と医療保険の違いや、セットにするならどんな保険がいいのか、ライフプランに合わせてご提案いたします。

生命保険とは

生命保険とは、人の生存や死亡によって生じる経済的なリスクに対する保障をおこなう保険のことをいいます。つまり、被保険者の生前に、受取人を定めて生命保険契約を結んでおくことで、被保険者が亡くなった際に、受取人に対して保険金が支払われます。

保険金の使われ方は様々で、亡くなった後の葬儀費用や残された家族の生活費、教育資金と家族のために残す目的で生命保険に加入する方もいらっしゃいます。

このように、一般に生命保険というと死亡時に対する保障というイメージが強いでしょう。ですが、契約内容によっては、あらかじめ期間を定めておいて、期間満了時に生存している場合には満期保険金を支払う契約もあります。

生命保険の種類

生命保険にもいろんな種類や特徴があります。ここでは代表的な3つの種類についてご紹介します。

終身保険

終身保険は、保険加入時に契約した保障が生存中続く生命保険です。終身とは一生涯という意味で、契約期間も一生涯続きますが、死亡のタイミングで保障期間は終了し、保険金が支払われます。保険料の払い込みは、期間があるタイプと加入期間中払い続けるタイプがあります。

定期保険

定期保険は、保険期間にあらかじめ期間を設けておいて、その一定期間内に死亡した場合、保険金が支払われる生命保険です。定期とは一定期間という意味です。終身保険とは異なり保険期間に限度があることから、一定期間で万が一の死亡に対しての保険金が必要な場合に加入される方が多くいらっしゃいます。掛け捨てタイプのプランも多く、途中で解約してもそれまでの支払保険料の返戻金がない場合があるため、加入前に内容をしっかりと確認しておきましょう。

養老保険

養老保険は、生存時、死亡時ともに保険金が支払われる保険です。あらかじめ期間を定めておいて、その期間中に死亡した場合には死亡保険金が、期間満了時に生存していた場合には満期時保険金が支払われます。

 

医療保険とは

医療保険とは、病気やケガによる経済的な負担に備えるための保険です。一般的には、病院によって治療や手術を受ける際に必要となる治療費、入院費に対する一時金として給付金が支払われます。

これまでの医療保険といえば、入院しないと給付されないというタイプが大半でした。ところが、医療現場の技術進歩が進み、日帰り手術でも可能になるなど、宿泊を伴わない入院治療なども増えてきています。そこで、最近ではこのような日帰り手術、日帰り入院にも対応した保険商品が取り扱われるようになりました。中には、特約を結ぶことで先進医療に対する治療費についての一時金やガンに対する幅広い治療費が支払われる商品もあり、需要が増える傾向にあります。

医療保険の種類

医療保険にも複数の種類があります。

終身医療保険

終身医療保険は期間を限らず、生きている間、ずっと保障が続く医療保険です。ほとんどの場合、支払う保険料は加入時の保険料のまま一定となります。長期にわたり加入を予定しているのであれば、なるべく早いうちに入るほうが、毎回の保険料を抑えることができます。

定期医療保険

定期医療保険は、ある一定の期間を設けておいて、その間は保障がされる医療保険です。例えば、5年、10年というように期間を決めることができるので、必要な期間に応じて加入できます。

生命保険と医療保険は特徴をおさえて組み合わせを

生命保険は万が一の死亡の際に死亡保険金が支払われることから、残された家族や身近な方にお金を残すことができます。家族がいて、自分が亡くなった後のことが心配なら、生命保険に入っておくと、安心といえます。また、独身で、まだ家族に残す生活費までは気にしていない方でも、お葬式代など整理費用分は自分で準備しておこうと終身保険を検討する人もいるでしょう。その一方で、生命保険はあくまで人の「生死」にかかわる保険であって、病気やケガの治療に対する保障はありません。

反対に、医療保険は、病気やケガによって発生した治療費、入院費に対する保障です。残された家族への保障まではカバーできないのが実情です。

単身の方であれば、予期せぬケガや病気に対しても、医療保険に加入しておくことで、治療費や入院費に対して給付金が支払われ、最低限の保障が得られるでしょう。なお、若くて独身で健康に自信があり、途中で見直しをしていくのが苦にならない方なら、終身医療保険よりも、定期医療保険に加入するほうが向いているかもしれません。なぜなら、毎回支払う保険料を少しでも安く抑えられ、更新の都度見直しの機会があるからです。

ですが、結婚をして家族が増えると、残された家族のライフプランも考えておかなければなりません。特に、小さいお子様がいらっしゃる場合は、入院や通院などでヘルパーを頼むなど、医療費以外に余計な出費がかさむこともあるからです。そのため、家族の有無や自分にもしものことがあったときの影響を考えて、死亡時に対する保障、病気やケガに対する保障をそれぞれ考えて、必要な分だけ生命保険、医療保険を組み合わせていくことをおすすめします。

  • この記事を書いた人
アバター

矢野 康介

ファイナンシャルプランナー、トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP)。大学卒業後、日本生命保険相互会社に新卒入社。法人営業として、一部上場の建築会社及び製薬会社を担当。その後、外資系生命保険会社にて保険事務、コールセンターの統括業務を経験。保険業界での経験は約20年にわたる。ドーナツの「保険をやさしく、わかりやすく」多くの読者に伝えたい想いに共感しドーナツ・マガジンにて執筆を開始。

-生命保険
-, , , ,