生命保険

支払った税金が還付される生命保険料控除とは【FP監修】

生命保険料控除とは、年末調整や確定申告の際に納税者がその年に支払った生命保険料を申告することで、納入済みの所得税の還付を受けたり、支払う税金を軽減することができる制度です。生命保険料控除を知らずにスルーしてしまうと損をしてしまうので、必ず年末調整や確定申告の際の手続きを忘れないようにしましょう。本記事では、生命保険料控除の概要や手続き方法などについて、わかりやすく説明します。

生命保険料控除とは?全員やるメリットがあるの?

生命保険料控除についてもう少し詳しく説明しますね。

生命保険料控除とは

生命保険料控除とは、支払った生命保険料のうち一定金額をその年の収入から差し引くことで、所得税や住民税の負担を軽減することができる制度です。

通常、所得税は、収入から給与所得控除や生命保険料控除、医療費控除や、社会保険料控除を差し引いた金額に対して課税されます。

このように課税対象となる所得を課税所得と言います。

サラリーマンの場合は総支給額から、これらの控除等を差し引いたものが課税所得です。

自営業の場合は、総収入から各種経費や控除を差し引いたものが課税所得になります。

課税所得は、自動的に決められるのではなく年末調整や確定申告などで、正しい控除額や経費を申請することで決まります。

サラリーマンの場合は年末調整、自営業者の場合は確定申告を通じて所得税が確定します。

働き方を問わず、所得があれば生命保険料控除は申告するのが得策です。

それによって支払った生命保険料分に対する所得税や住民税を支払わなくても済むからです。

サラリーマンの場合は年末調整で生命保険料控除を申告することで、支払いすぎた所得税の還付を受けることができます。

また、翌年の住民税も、生命保険料分を差し引かれた金額に対して課税されますので、多少軽減されます。

自営業者は、確定申告の際に生命保険料控除を申告することで、課税所得を下げられますので、支払う所得税が低くなります。

もちろん次年度の住民税額も同様です。

つまり、所得税や住民税を支払っている方は、必ず生命保険料控除をすべきなのです。

生命保険料控除は夫婦どちらが申告するのがいい?

共働き夫婦の場合、生命保険料控除はどちらが申告したらいいのでしょうか?

国税庁によると「納税者が生命保険料、介護医療保険料及び個人年金保険料を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます」とあり、保険料を支払った人が生命保険料控除を申告することになっています。

なお、妻が生命保険の契約者だが、保険料は夫が払っているといった場合はどうなるのでしょうか?

国税庁のFAQには「夫がその保険料を支払ったことを明らかにした場合は、生命保険料控除の対象として差し支えありません。」とあります。

生命保険料控除を受けるのに「必ずしも払込みをする者がをする者が保険契約者である必要はありません(所得税法第76条第5項、第8項)」とも明記されていて、夫婦や家族の保険などを、夫が保険料を払っている場合は、「生命保険料控除」を夫にまとめても構いません。

ただし、生命保険料控除には上限があり、その上限に達してしまう際は、本人分の保険料が優先して処理される傾向にあるようです。

よって、夫婦で収入があるなら、上限を超えないように、それぞれが申告をしたほうがよいでしょう。

生命保険料控除でいくら戻ってくる?還付金額の計算方法【FP監修】

「生命保険に加入しているなら、年末調整(確定申告)の際に生命保険料控除をしなければ絶対に損」とよく言われますが、実際いくらぐらいの税金が戻ってくるのでしょうか? そこで本記事では、戻ってくる金額がわか ...

続きを見る

生命保険料控除の手続き方法

生命保険料控除の申告は、年末調整や確定申告の「生命保険料控除」の項目に、支払った生命保険料と生命保険会社名を記載するだけで完了します。

生命保険料控除の対象となる生命保険料については、各保険会社から年末にかけて送られてくる、「生命保険料控除証明書」を確認すれば、明記されていますので、自分で把握しておく必要はありません。

たったこれだけの手続きで数千円から数万円の税金が還付される可能性がありますので、面倒臭がらずに手続きしましょうね。

まとめ

生命保険料控除は、支払った保険料に対する税金を軽減することができる制度なので、生命保険に加入している方は、必ず手続きを行いましょう。

所得税は「申告納税制度」と言って、納税者の申告に基づいて税額が決定しますので、自分で手続きを行わなければ生命保険料控除の恩恵を受けることはできません。

場合によっては数千円かもしれませんが、所得さえあれば必ず支払いすぎた所得税を取り戻すことができますし、住民税は軽減されます。

生命保険料控除を申告するデメリットは何もありませんので、ぜひ手続きをしておきましょう。

  • この記事を書いた人

平林 亮子

ファイナンシャルプランナー。生命保険代理店兼ファイナンシャルプランナー事務所を営む家庭に生まれ、自身も損害保険会社の査定部門に勤務経験を持つ。家計や保険等、金融系記事を中心に執筆多数。「丁寧にわかりやすく」をモットーにドーナツ・マガジンにて執筆中。

-生命保険
-, , , , , , , , ,