生命保険

生命保険

あなたが亡くなったとき「家族の生活を守る」
生命保険

最短1分であなたにオススメの生命保険を提案します。

比較・見積りからあなたにピッタリの生命保険をみつけましょう。

生命保険のもっと詳しい解説や気になるトピック満載!

  • 生命保険の 比較・見積り

    年齢
    性別
  • 生命保険の クイック診断

    最短1分であなたにオススメの
    生命保険を提案します

    今すぐ診断
  • 生命保険の コラム記事

    生命保険のもっと詳しい解説や
    気になるトピック満載!

    記事を読む

生命保険の ランキング

終身保険RISE [ライズ]
オリックス生命
終身保険RISE [ライズ]
クリック定期!Neo
SBI生命
クリック定期!Neo
アクサダイレクトの定期保険2
アクサダイレクト生命
アクサダイレクトの定期保険2
定期保険Bridge[ブリッジ]
オリックス生命
定期保険Bridge[ブリッジ]
定期保険プレミアムDX
チューリッヒ生命
定期保険プレミアムDX

概要:契約数・資料請求(見積保存)数・閲覧数をもとにした総合ランキング
期間:2021/7/1~2021/7/31

チェックした商品の資料を

生命保険とは? about

私たちは、病気やケガ、事故など様々なリスクを抱えて生きています。

生命保険とは、自分に万一のことが起きた場合に自分や家族の支えとなるものです。

そんな生命保険は、死亡保険、生存保険、生死混合保険、というようにいくつかの種類に分けられ、それぞれ保障内容が異なります。

この記事では、生命保険の種類や特徴、保障期間や保険料、保障額の決め方、加入するメリット・デメリットなどについてわかりやすく解説します。

目次

1. 生命保険(死亡保険)とは

生命保険とは、自分に万一のことがあった場合に、自分や家族の生活を守るためのものです。

「万一」とは、”私たちが抱えるリスク”のことを意味し、具体的には病気やケガ・介護・死亡などがこれにあたります。

ひとたびこういったことが起こると、経済的に困窮したり、遺された家族が今まで通りの生活を続けることが困難になる可能性があります。生命保険は、こういった経済的リスクに備えるためのものなのです。

大勢の加入者で保険料を公平に負担しあい、万一のことが起きた場合には、約定の保険金の給付を受けられます。

相互扶助

生命保険文化センターの調査では、88.7%の人が何らかの生命保険に加入していることがわかっています。

生命保険加入率

生命保険には非常に多くの種類があり、死亡保険や生存保険・生死混合保険はもちろん、医療保険やがん保険・介護保険も、生命保険の一種です。また中には、子供の教育費や老後の資金を準備する手段として活用できるものもあります。

ここでは主に、死亡保険としての生命保険についてみていきたいと思います。

2. 生命保険(死亡保険)の種類

生命保険は、被保険者の死亡に伴う経済的リスクに備えるための保険です。

そしてこの生命保険は、保険金などの支払われ方によって、

(1)死亡保険

(2)生存保険

(3)生死混合保険

の3種類に分類されます。この章ではまず、それぞれの保険の特徴についてみていきましょう。

(1)死亡保険

保険マメ知識

死亡保険(しぼうほけん)
被保険者が死亡、あるいは高度障害状態など保険会社所定の状態になった場合に保険金が支払われる保険。

死亡保険は、保険期間によって「定期保険」と「終身保険」に分類されます。また近年では、保険期間の経過に伴い保険金額(保障額)が変化する「収入保障保険」も販売されています。

次に、これら3種類の死亡保険の特徴について詳しく解説します。

定期保険

定期保険は、保険期間が限定されているタイプの生命保険です。

保険マメ知識

保険期間(ほけんきかん)
保障を受けられる期間のこと。

定期保険

この期間中に死亡した場合、あるいは保険会社所定の状態になった場合には保障を受けられますが、契約期間満了後に死亡した場合は、保障を受けられません

保険期間は、契約日より5年間・10年間・15年間というように、予め決まっているプランの中から選択する商品もあれば、1年単位で契約期間を任意に設定できる商品もあります。

保険料を抑えつつ大きな保障を用意できる

定期保険最大のメリットは「安い保険料で大きな保障を用意できる」という点です。というのも定期保険の保険料は、保険期間中の保険金支払いリスクを考慮して算出されます。

そのため死亡リスクが少ない若い間は、保険料を安く抑えつつ、2,000万円や3,000万円といった大きな保障額のプランに加入することができるのです。

終身保険

終身保険は、生涯にわたり保障を受けられる生命保険です。

人はいつか亡くなりますので、このタイプの生命保険では、契約が有効に継続している限り、必ず保険金の給付を受けられます。

保険金額は保険期間を通して変わらず、保険期間中、何歳で死亡しても同一額の保険金が支払われます。

終身保険

また、終身保険には解約返戻金があり、保険期間途中で解約をした場合、約定の解約返戻金が支払われます。

商品によっては保険料払込満了時の解約返礼率が100%を超えるものもあるため、その貯蓄性に着目し、老後の生活資金などを形成する手段として活用されることもあります。

ただし、保険料の一部を解約返戻金の積み立てに充てるため、定期保険や収入保障保険といった掛け捨て型の保険と比較すると、保険料は高くなってしまいます。

収入保障保険

収入保障保険は、保険期間中に死亡あるいは保険会社所定の状態になった場合に「毎月○○円」という形で、満期時まで約定の年金が給付される保険です。

このタイプの生命保険は、保険期間の経過に伴って保険金額が少しずつ減少します。

収入保障保険

そのため死亡時期によって、給付を受けられる保険金総額や年金の受け取り回数が変わります。

子供がいる場合、子供が小さい頃は大きな額の保障が必要ですが、子供の成長や進学に伴い必要な保障額は徐々に少なくなります。

必要保障額

そういった意味で収入保障保険は、必要保障額の変化に合わせて保険金額が変化する、合理的な生命保険だと言えるでしょう。

(2)生存保険

保険マメ知識

生存保険(せいぞんほけん)
保険期間満了時や保険料払込期間満了時に被保険者が生存していることを条件として、満期保険金や年金が給付されるもの。

具体的には「学資保険」や「個人年金保険」が生存保険にあたります。

学資保険

学資保険は、子供の将来の学費を準備するために活用できる生命保険です。

満期時に満期保険金が給付されるほか、子供の入学や進学に合わせて祝金などの一時金を受け取れる商品も多くあります。

学資保険(こども保険)

また、学資保険は親を契約者、子供を被保険者として契約することが多く、契約者である親が死亡した場合は、それ以後の保険料の払込みが免除されます

払込免除特約

つまり学資保険には、

① 子供の教育資金を積み立てる

② 親に万一のことがあった場合に備える

という2つの役割があるのです。

個人年金保険

個人年金保険は、保険料払込期間満了後、約定の年金受取開始期より年金の給付を受けられる生命保険です。

個人年金保険

年金の受け取り期間には、以下のような種類があります。

保険マメ知識

確定年金(かくていねんきん)
被保険者の生死に関係なく、約定の期間、年金の受け取りが可能。
保障期間付有期年金(ほしょうきかんつきゆうきねんきん)
約定の保障期間中は被保険者の生死に関係なく、それ以後は約定の期間中、被保険者が生存している限り年金の受け取りが可能。
保障期間付終身年金(ほしょうきかんつきしゅうしんねんきん)
約定の期間中は被保険者の生死に関係なく、それ以後は被保険者が生存している限り終身にわたって年金の受け取りが可能。
夫婦年金(ふうふねんきん)
夫婦のどちらかが生存している限り、年金の受け取りが可能。

確定年金の年金受取期間中、あるいは保障期間中に被保険者が死亡した場合は、残存期間に対応する年金もしくは一時金が支払われます。

また、年金受取開始期より前に被保険者が死亡した場合、死亡給付金が支払われるものの、その額は少額である商品が一般的です。

(3)生死混合保険

保険マメ知識

生死混合保険(せいしこんごうほけん)
死亡保険と生存保険が組み合わさった生命保険。

被保険者が保険期間満了時までに死亡した場合には死亡保険金を、被保険者が保険期間満了時に生存していた場合には生存保険金(満期保険金)を受け取れます。

養老保険

養老保険は、代表的な生死混合保険です。

約定の保険期間中に被保険者が死亡した場合は、死亡保険金が給付されます。また、契約期間満了時(満期時)に被保険者が生存していた場合は、生存保険金(満期保険金)が給付されます。

死亡保険金と生存保険金の金額は、同額となります。

3. 生命保険の掛け捨て型と貯蓄型

生命保険は、満期保険金や解約返戻金の有無によって「掛け捨て型」「貯蓄型」に分けられます。

これら2つのタイプにはそれぞれにメリット・デメリットがありますので、それらを正しく理解したうえで、自分のニーズに合ったタイプの商品を選びましょう。

(1)掛け捨て型

保険マメ知識

掛け捨て型生命保険(かけすてがたせいめいほけん)
満期保険金や解約返戻金がない、あるいはほとんどない生命保険のこと。

このタイプの生命保険に加入している場合、満期時に満期保険金が支払われることはありません。また契約期間中に解約をしても、解約返戻金はありません。

掛け捨て型は、定期保険や収入保障保険に取り入れられていることが多い契約形態です。

満期時に被保険者が生存していた場合、それまでの掛け金は完全に「掛け捨て」となってしまいます。

掛け捨て型生命保険のメリット・デメリット

掛け捨て型の生命保険には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

・ 貯蓄型に比べて保険料が安い

・ 貯蓄性がなく保障に特化した保険であるため、安い保険料で大きな保障を得られる

・ 保障内容の見直しがしやすい

デメリット

・ 契約期間中に解約しても、解約返戻金がない(あっても、ごくわずか)

・ 満期時までしか保障を受けられない

(2)貯蓄型

保険マメ知識

貯蓄型生命保険(ちょちくがたせいめいほけん)
保障機能と貯蓄機能の両方をもった生命保険のこと。

このタイプの生命保険は、満期時に満期保険金が給付されたり、解約時に解約返戻金が給付されたりします。貯蓄型は、終身保険や養老保険などに多く取り入れられている契約形態です。

一般に、解約返戻率は契約期間の経過に伴って少しずつ上昇しますが、近年は「低解約返戻金型終身保険」も販売されています。

保険マメ知識

低解約返戻金型終身保険(ていかいやくへんれいきんがたしゅうしんほけん)
払込満了時までの解約返戻率を最高70%程度にすることで、保険料を割安にする保険。

低解約返戻金型終身保険

貯蓄型生命保険のメリット・デメリット

貯蓄型の生命保険には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

・ 1つの生命保険契約で、万一への備えと貯蓄の両方ができる

・ 契約期間中に解約しても、払った保険料の一部が返ってくる

・ 契約者貸付制度や自動振替貸付制度を利用できる

デメリット

・ 保険料の一部を積み立てるため、掛け捨て型に比べて保険料が割高

・ 低解約返戻金型の商品の場合は、払込期間中の解約返戻率がかなり低めに設定されている

・ 途中で解約すると損をする場合があるため、保障内容の見直しをしにくい

・ 加入する生命保険会社の経営状態を見極める必要がある

4. 生命保険の保険期間(保障期間)

生命保険は、保険期間(保障期間)によって「定期保険」「終身保険」の2種類に分けられます。

保険期間があらかじめ定められている定期保険に対し、終身保険は保険期間が終身で、一生涯保障が続きます。

ただ定期保険と終身保険には、保険期間以外にも様々な違いがあります。どちらのタイプが向いているのかは、

・家族構成

・加入時の年齢

・ライフステージ

・必要な保障額

・経済状況

・生命保険に貯蓄性を求めるかどうか

といったことによって変わります。

では、定期保険と終身保険にはどのような特徴があり、それぞれどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

(1)定期保険

定期保険は、保険期間が予め決まっている生命保険です。保障を受けられるのは約定の保険期間内のみで、満期時に生存していた場合、保険金は支払われません。

定期保険

保険期間の定め方には、

1. 歳満了

2. 年満了

の2種類があります。

歳満了タイプは「60歳まで」「65歳まで」というように、年齢によって保険期間を決めます。これに対して年満了タイプは「10年間」「15年間」というように、年数によって保険期間を決めます。

年満了と歳満了

定期保険の保険料は、予め定めた保険期間中における保険金支払いリスクを考慮して決めるため、一生涯にわたり保障が続く終身保険と比較すると、保険料が安くなります

また、定期保険は同じ保障内容(同じ保険金額)でも保険期間によって保険料が異なり、一般に、保険期間が長くなればなるほど保険料が高くなります。

定期保険のメリット・デメリット

定期保険には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

・ 保障額を大きくしても、保険料を安く抑えられる

・ ニーズに合わせて保険期間を選択できる

・ 保障内容の見直しがしやすい

デメリット

・ 掛け捨て型の商品が多く、満期保険金や解約返戻金がない

・ 一定期間しか保障を受けられない

(2)終身保険

終身保険は、保険期間が終身である生命保険です。保険期間が予め決まっている定期保険とは異なり、生涯にわたって保障を受けられます。

終身保険

人はいつか亡くなりますので、このタイプの生命保険では、被保険者が死亡したとき、あるいは保険会社所定の状態になった場合に、保険金の受け取りが可能です。

また、終身保険は解約返戻金があるものが一般的で、保険期間の途中で解約した場合、約定の解約返戻金が支払われます。解約返戻率は、払込期間の経過に伴い上がっていきます。

一時払終身保険

とても魅力的な終身保険ではありますが、保険料の一部を積み立てに充てるため、定期保険に比べて保険料が割高になってしまいます。

ただ、定期保険のように保険期間が決まっているわけではなく契約の更新がないため、保険料は加入時のまま変わりません。そのため若いころに加入すれば、保険料を抑えられます。

終身保険のメリット・デメリット

終身保険には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

・ 生涯にわたり保障を受けられる

・ 解約返戻金がある

・ 保障性と貯蓄性、2つの機能がある

デメリット

・ 定期保険と比べ、保険料が高い

・ 保険料の払込期間を終身にした場合、生涯にわたり保険料を払い続けなければならない

5. 生命保険の保険料

生命保険への加入を検討するにあたって、必ず考慮しなければならないのが「保険料」についてです。

生命保険は、短くても10年、長ければ数十年にわたってかけ続けるものであるため、無理なく払い続けられる保険料に設定する必要があるからです。

(1)生命保険に毎月いくら払ってる?

では、生命保険の加入者は、保険料を毎月いくら払ってるのでしょうか。

生命保険文化センターの調査によると、平成30年における世帯年間払込保険料(全生保)の平均は、38.2万円となっています。

また、世帯年間払込保険料ごとの分布は以下のようになっています。

世帯年間払込保険料 割合
12万円未満 14.8%
12万~24万円未満 16.0%
24万~36万円未満 12.9%
36万~48万円未満 9.8%
48万~60万円未満 6.4%
60万~72万円未満 4.2%
72万~84万円未満 2.2%
84万円以上 5.8%

世帯人数や世帯年収によっても世帯年間払込保険料が変わってくるため一概には言えませんが、年間12万~36万円未満、月額に換算すると1~3万円未満の保険料を負担している世帯が多いようです。

※出典:生命保険文化センター「平成30年度生命保険に関する全国実態調査」p38、p39

(2)毎月の保険料はどのくらいにするべき?

では生命保険の毎月の保険料は、どのくらいに設定すればいいのでしょうか。上述のように生命保険は、何年にもわたって長期間かけ続けるものです。そのため保険料は、世帯年収を考慮しつつ、無理なく払い続けられる金額にしなければなりません。

生命保険文化センターの調査によると、世帯年間払込保険料(全民保)の世帯年収に対する割合は、7.2%であることがわかっています。

※出典:生命保険文化センター「平成30年度生命保険に関する全国実態調査」p43

生命保険の保険料が妥当な金額かどうか迷ったときは、世帯年収に対する保険料の割合がどのくらいになっているのか、検証してみましょう。

(3)保険料を抑えたいなら定期保険がおすすめ!

生命保険の必要保障額や支払い可能な保険料の金額は、世帯主の年齢や収入・ライフステージ・子どもの年齢などによって変化します。

保障の見直しのタイミング

たとえば、小さな子どもがいる世帯の場合、遺された家族の生活資金や子どもの教育資金を考慮すると大きい保障が必要であるものの「保険料はなるべく安く抑えたい」と考える方が少なくありません。

保険料をなるべく安く抑えたい方には、定期保険をおすすめします。

定期保険は保険期間中のみのリスクを考慮して保険料を算出するため、保険料を抑えつつ保障額を大きくすることができるのです。

さらに保険料を抑えたい方は、契約期間の経過に伴って保障額が少なくなる、収入保障保険を検討してみるのもひとつの選択肢でしょう。

(4)終身保険は保険料払込期間にも着目!

終身保険への加入を検討するにあたっては、保障内容や保険料だけでなく「保険料払込期間」にも着目してみることをおすすめします。

というのも終身保険の保険料払込期間には「終身払」と「有期払」の2種類があるのです。

保険マメ知識

終身払(しゅうしんばらい)
生涯にわたり保険料を払い込み続ける方法のこと。
有期払(ゆうきばらい)
約定の期間中のみ保険料を払い込む方法のこと。

終身払は1回あたりの保険料を安く抑えられますが、終身にわたり保険料を払い込み続ける必要があるため、長生きした場合、支払い保険料の総額が有期払に比べてかなり高くなる可能性があります。

終身払い

有期払は終身払に比べて1回あたりの保険料が高くなりますが、保険料払込期間後は保険料を支払う必要がありません。

収入が少なくなる老後の保険料負担を抑えたい方にとっては、とても魅力的な払込方法であると言えるでしょう。

有期払い

また有期払には、長生きした場合、終身払に比べて支払保険料の総額が安くなるというメリットもあります。

どちらの払込方法にもそれぞれメリット・デメリットがありますので、それらを踏まえたうえで自分に合った形態を選ぶことが大切です。

生命保険おすすめ3選

生命保険の選び方のポイント

自分の万が一の時のために家族に資金を遺せる生命保険(死亡保険)ですが、生命保険(死亡保険)の選び方のポイントは下記の3点です。

①誰のためにいくら必要か

生命保険(死亡保険)を選ぶには、誰のためにいくら保険金が必要なのかを明確にする必要があります。

死亡保険金受取人を誰にするのか、必要保障額がいくらになるのか、計算についてはこちらをご参照ください。

②終身保険 or 定期保険・収入保障保険 ?

①で算出した必要保障額をもとに、商品を選びましょう。

葬儀費用などの死後整理金の必要最低限度の金額で問題がなければ終身保険を選んでも良いでしょう。

子どもなど扶養家族がいる場合は、終身保険と比較して保険料が安い定期保険や更に保険料が安い収入保障保険など手頃な保険料で必要な保障額を備えることをおすすめします。

③健康に自信があるなら保険料の割引制度を利用しよう

保険会社が決めた健康基準を満たしている場合に適用される以下の制度で保険料の割引制度が受けられます。

健康体割引
優良体割引
非喫煙者割引…喫煙をしない方
健康増進型保険…健康増進への取組みの実績

逆に、健康など何らかの事情を抱えている場合には引受基準緩和型無選択型などの引受基準が通常の生命保険よりも緩やかになっている商品を検討してもよいでしょう。

ランキング3選

チューリッヒ生命

定期保険プレミアムDX

No.1
定期保険プレミアムDX

オリックス生命

終身保険RISE [ライズ]

No.2
終身保険RISE [ライズ]

三井住友海上あいおい生命

&LIFE 新収入保障

No.3
&LIFE 新収入保障

誰のために・どの程度の金額を・何のために用意するのか目的を明確にし、ご自身やご家族にとってより最適な生命保険に加入することをおすすめします。

6. 生命保険の必要保障額と保険金額

生命保険への加入を検討する際、必ず決めなければならないのが保険金額(保障額)です。

保険金額は、自分が死んだ場合にどのような費用がどのくらいかかるのか算出し、そのうちどのくらいを生命保険でカバーするのか、ということを考えてみることで、ある程度の目安が見えてきます。

ここからは、生命保険の必要保障額と保険金額の決め方について見ていきましょう。

(1)必要保障額を知ろう

生命保険の必要保障額を計算するにあたってはまず、人が亡くなった場合にどのような費用がどのくらい必要になるのかシミュレーションしてみる必要があります。

具体的には、以下のような費用について考えてみましょう。

① 葬儀費用をはじめとする死亡整理金

保険マメ知識

死亡整理金(しぼうせいりきん)
葬儀にかかる費用やお墓にかかる費用などのこと。

これらにどのくらいの費用がかかるのかは、お住いの地域やお墓の有無によってかなりの違いがあります。

葬儀費用総額と内訳

自分に万一のことがあった場合にどのくらいの死亡整理金が必要になるのか、また、それらのうちどのくらいの金額を香典代などでカバーできるのか、シミュレーションしてみましょう。

② 遺族の生活費

生命保険の必要保障額のなかでも特に大きな割合を占めるのが、遺族の生活費です。

生命保険文化センターの調査によると、世帯主に万一のことがあった場合に必要と考える資金額の平均は、5,560万円(世帯年収の約9.2年分)でした。

※出典:生命保険文化センター「平成30年度生命保険に関する全国実態調査」p136

ただ必要保障額は、遺された家族が

・共働きなのか

・専業主婦(夫)の配偶者なのか

・専業主婦(夫)なのか

によって異なります。

専業主婦(夫)の場合

子どもがいない世帯の場合、就職するまでの一定期間の生活費を準備する必要があります。

子どもがいる場合は「就職が難しい」あるいは「労働時間が限られ、十分な収入を得られない」可能性があるため、子どもが独立するまでの間の生活費を準備しておきたいところです。

共働きの場合

共働きの場合も、しばらく仕事を休む可能性を考慮し、一定期間の生活費を準備しておく必要があります。

また、亡くなった人と遺された家族の収入にかなり差がある世帯では、その差額分を上乗せして考えておく必要があるでしょう。

専業主婦(夫)の配偶者の場合

遺された家族が専業主婦(夫)の配偶者である場合、自分の収入があるため生活費を準備する必要はありません

ただし、子どもがいる世帯の場合、ベビーシッターや家事代行を依頼する必要が出てくる可能性が考えられますので、その費用が自分の収入でカバーしきれない場合は、生命保険で備える方法を検討してみる必要があるでしょう。

③ 子どもの教育資金

子どもがいる世帯の場合、子どもの教育資金についても考えておかなければなりません。

大学卒業までにかかる費用は、国公立の私立、どちらに進学するのかによって大きく変わってきます。

大学進学に必要な費用

余裕をもってある程度の金額を見込んでおくと、安心できるでしょう。

(2)保険金額はいくらに設定する?

自分に万一のことが起きた場合に必要になる費用についてシミュレーションできたら、保険金額をいくらにするのか考えてみましょう。

保険金額は、遺された家族のために準備しておくべきお金から、自分が亡くなった場合に入ってくるお金を差し引いて計算します。

ここにいう「入ってくるお金」とは、遺族年金や勤務先から支給される死亡弔慰金などのことを指します。

(3)生命保険加入者の保険金額の平均は?

生命保険の加入者は、保険金額をどのくらいに設定しているのでしょうか。

生命保険文化センターの調査によると、令和元年における生命保険加入者(全生保)の保険金額の平均は、男性が1,886万円・女性が801万円。全体の平均は1,261万円という結果でした。

また、性・年齢別の平均は以下のようになっています。

男性 女性
20代 1,330万円 735万円
30代 2,331万円 1,013万円
40代 2,025万円 818万円
50代 1,992万円 824万円
60代 1,192万円 655万円

※出典:生命保険文化センター「令和元年度生活保障に関する調査」p132、p133

7. 生命保険の必要性

平成30年における生命保険の加入率は、全生保で88.7%であることがわかっています。実に、9割近くの方が、何らかの生命保険に加入しているのです。

男女年代別 生命保険加入率

※出典:生命保険文化センター「平成30年度生命保険に関する全国実態調査」p4

また、遺族の生活資金をまかなう手段に関するアンケートでは、52.7%の人が「預貯金」、51.2%の人が「生命保険」と回答しています。

※出典:生命保険文化センター「令和元年度生活保障に関する調査」p143

自分に万一のことがあった場合への備えとして生命保険は、預貯金と同じくらい重視されているということがわかります。

遺族の生活資金や遺された子どもの教育資金をまかなう手段としては、預貯金をはじめ、生命保険以外にも様々な方法があります。ただ、家族の年齢や世帯年収・ライフステージによっては、預貯金などでは十分な備えを用意できない可能性もあるでしょう。

そういった場合は生命保険を上手に活用することで、私たちが抱えるリスクをしっかりカバーすることができます。

8. 生命保険のメリットとデメリット

ここまで、生命保険の種類やそれぞれの特徴などについて解説してきました。

では、生命保険には、具体的にどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。最後に、生命保険のメリットとデメリットについておさらいしておきましょう。

(1)生命保険のメリット

大きな額の保障を用意できる

生命保険では、2,000万円、3,000万円…というように大きな額の保障を用意することができます。

もちろん、保障額が大きくなればその分だけ保険料も高くなりますが、保険期間を予め定める定期型の生命保険や収入保障保険であれば、保険料を安く抑えられます

死亡保障を用意しつつ貯蓄をすることもできる

終身保険には解約返戻金があるため、解約をした場合、契約期間の経過年数に応じた解約返戻金を受け取ることが可能です。

一生涯の保障を用意しつつ貯蓄もできるというのは、この種の保険のとても大きな魅力のひとつでしょう。

相続税対策としても活用できる

生命保険は、相続税対策として活用することも可能です。

たとえば、主たる相続財産が不動産ばかりで現金の資産があまりない世帯では「相続税を捻出できず不動産を売却せざるを得ない」といったケースが珍しくありません。

こういった場合に被相続人を被保険者とする生命保険に加入していれば、保険金を相続税の支払いに充てることができます

遺産分割

(2)生命保険のデメリット

掛け捨て型の保険は保険料がムダになる可能性がある

定期保険や収入保障保険は、満期時に生存していた場合、保険金を受け取ることができません。

またこの種の保険は掛け捨て型のものが多く、解約返戻金や満期保険金もありません。

そのため保険期間中に被保険者が死亡、あるいは保険会社所定の状態の状態にならなかった場合は「保険料がムダになった」と感じる方もいるでしょう。

終身保険は保険料が高くなる

終身保険は保険料の一部を解約返戻金の積み立てに充てるため、定期保険や収入保障保険に比べて保険料が高くなっています。

そのため終身保険は、大きな保障を用意する手段としては、あまり向いていません。

9. 生命保険の選び方

生命保険は、保険期間や貯蓄性の有無などによって、定期保険や収入保障保険・終身保険というように、いくつかの種類に分けられます。そして、これらの保険にはそれぞれに、メリットとデメリットがあります。

どのタイプの生命保険が適しているのかは、年齢や家族構成、ライフステージ、世帯年収などによって異なりますので、まずは自分たちに必要なのはどのような保障なのか、整理することから始めてみてはいかがでしょうか。

死亡保険簡易チャート

保険選びに迷ったときは、「コのほけん!」のファイナンシャルプランナーに相談してみるのも一つの手段です。

監修者プロフィール

吹田 朝子(すいた ともこ)

吹田 朝子

(すいた ともこ)

1級ファイナンシャルプランニング技能士、
宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

ぜにわらい協会会長 一般社団法人円流塾 代表理事。人とお金の理想的な関係を追究するお金のメンタリスト®。1989年一橋大学卒業後、金融機関にて企画調査・主計部門を経て1994年より独立。
顧客相談3300世帯以上。TV出演・新聞連載など多数。結婚・妊娠・出産・子育てや転職・住宅購入、そして親の介護など、様々な人生イベントを含み、夫婦の稼ぎ方からお金の使い方、受け取り方、増やし方、そして家族のために次世代まで幸せが続くお金の使い道を設計することを生業としている。著書に「お金の流れをきれいにすれば100年人生は楽しめる!」(スタンダーズ社)、「お金オンチの私が株式投資を楽しめるようになった理由」(C&R研究所)など多数。

長尾 義弘(ながお よしひろ)

長尾 義弘

(ながお よしひろ)

ファイナンシャルプランナー、AFP、日本年金学会会員、辛口保険評論家

NEO企画代表。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。1997年にNEO企画を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。新聞・雑誌・Webなどで「お金」をテーマに幅広く執筆。
著書に「コワ~い保険の話」(宝島社)、「こんな保険には入るな!」(廣済堂出版)「商品名で明かす今いちばん得する保険選び」「お金に困らなくなる黄金の法則」「保険払いすぎ見直しBOOK」「最新版 保険はこの5つから選びなさい」「老後資金は貯めるな!」(河出書房新社)、「保険ぎらいは本当は正しい」(SBクリエイティブ)。共著に「金持ち定年、貧乏定年」(実務教育出版)。監修には別冊宝島の年度版シリーズ「よい保険・悪い保険」など多数。

目次