収入保障保険

収入保障保険

あなたが亡くなったとき「保険金が毎月の給料のように受け取れる」
収入保障保険

最短1分であなたにオススメの収入保障保険を提案します。

比較・見積りからあなたにピッタリの収入保障保険をみつけましょう。

収入保障保険のもっと詳しい解説や気になるトピック満載!

  • 収入保障保険の 比較・見積り

    年齢
    性別
  • 収入保障保険の クイック診断

    最短1分であなたにオススメの
    収入保障保険を提案します

    今すぐ診断
  • 収入保障保険の コラム記事

    収入保障保険のもっと詳しい解説や
    気になるトピック満載!

    記事を読む

収入保障保険の ランキング

アクサダイレクトの収入保障2
アクサダイレクト生命
アクサダイレクトの収入保障2
家族をささえる保険Keep[キープ]
オリックス生命
家族をささえる保険Keep[キープ]
FWD収入保障
FWD富士生命
FWD収入保障
&LIFE 新収入保障
三井住友海上あいおい生命
&LIFE 新収入保障
じぶんと家族のお守り
SOMPOひまわり生命
じぶんと家族のお守り

概要:契約数・資料請求数をもとにした総合ランキング。
期間:2020/9/1 ~ 2020/11/30

チェックした商品の資料を

収入保障保険とは? about

定期保険の仲間である「収入保障保険」。

「収入保障」とは、被保険者のためではなく、遺された家族が生活費として使いやすいように死亡保険金を年金形式で受け取ることができる掛け捨て型の保険です。

定期保険と似ている保険ですが、どのような違いと特徴があり、どのような人に向いているのでしょうか?

目次

1. 収入保障保険とはどんな保険?

(1)収入保障保険とは「保障期間内に被保険者が亡くなった時に死亡保険金が毎月の給与のように受け取れる保険」

収入保障保険とは、保障期間内で被保険者が亡くなった時点から残りの期間にかけて毎月の給付を受け取れる保険です。

無事である期間が長ければ、その分遺族が受け取る保険金受取総額が減っていきます。

収入保障保険は定期保険のひとつで、保険金受取総額(死亡保障額)は契約時が最も多く、保障期間の経過とともに一定割合で減額されていきます。

よって、同じ掛け捨ての保険でも、定期保険よりもさらに安い保険料であることが多いです。

定期保険との違い

・死亡保障が、契約時から時の経過とともに一定割合ずつ減っていく

・死亡保障を一括ではなく年金受取をする

・死亡保障額は毎月の年金受取額から考え決定(1ヶ月10万円、15万円等)

・年満了・歳満了が用意されているが、年満了10年という保障期間は短いため用意されていない

・更新タイプの契約がない

また、収入保障保険も掛け捨てと呼ばれ、解約返戻金がないかあるいはあってもほとんど少額のため、契約が満了した時に払い込んだ保険料の累計額が戻ってくることはありません

保険マメ知識

解約返戻金(かいやくへんれいきん)
生命保険などの保険契約を解約した際に戻ってくるお金のこと。

世帯の家計維持者を契約者・被保険者として、死亡保険金受取人をその家計維持者の配偶者もしくは子とする契約の形態が一般的です。

注意していただきたいのが、契約者・被保険者は同じ人にするという点です。

契約者・被保険者が異なる場合、死亡保険金受取時の税金の扱いが変わります。また、年金受取という性質上、一般的な死亡保険と税務が異なるのでご注意ください。

あなたが夫婦共働きであるなら、それぞれの万一(死亡または保険会社所定の高度障害状態)の場合に世帯の家計にどのような影響があるのかを考慮して検討する必要があります。

(2)保障期間(保険期間)と給付が最低限約束される最低保証期間について

保障期間(保険期間)は一定期間

収入保障保険は、いわゆる「掛け捨て」と呼ばれる契約になりますので、契約時にあらかじめ期間を定め、以下2種類のどちらかで保障期間を設定します。

1. 年満了

2. 歳満了

1. 年満了

保険マメ知識

年満了(ねんまんりょう)
5年、10年、15年などの年数で保障期間(保険期間)を設定するタイプ。

収入保障保険の性質上、短期(5年、10年)の保障期間は用意されていません。

定期保険の契約と異なり、死亡保障が満期時に0になる収入保障保険には更新がありません。

2. 歳満了

保険マメ知識

歳満了(としまんりょう)
60歳、65歳など自分の年齢で保障期間終了の時期を設定するタイプ。

歳満了は自動更新がなく、満了すると契約は消滅し保障もなくなることから、保険料の再計算を行う必要がなく、保険料が高くなりません。

年満了と歳満了、どちらがいいの?

収入保障保険の場合は更新がないため、どちらを選んでも差はありません。あなたに必要な保障期間を選びましょう。

給付が最低限約束される最低保証期間

収入保障保険は、無事でいる期間が長くなるにつれて受取総額が減ってくるので、満期に近づくと受取総額もゼロに近づいてきます。

そこで、最低限給付が約束されている保証期間がついています

仮に、最低保証期間が3年ある場合、保障期間満了にむけて1年を切った時点で被保険者に万一のことがあった場合でも、毎月の年金額×12ヶ月×3年分の死亡保障金を受け取ることが保証されます。

この保証期間は3年や5年などがあり、5年など約束される期間が長くなるほど保険料も高くなります。

(3)保険料と保険料払込期間について

保険料はどのタイプが安い?

引受基準緩和型収入保障保険>収入保障保険>リスク細分型収入保障保険

収入保障保険は、同じ掛け捨ての中でも定期保険と比較すると保険料が割安です。

リスク細分型であればさらに保険料が安くなる可能性がありますが、引受基準緩和型では逆に保険料は高くなります。

保険マメ知識

リスク細分型(りすくさいぶんがた)
生命保険会社が定める所定の条件を満たした場合、保険料が割り引かれる保険。

保険マメ知識

引受基準緩和型(ひきうけきじゅんかんわがた)
健康状態に不安がある人でも申し込みしやすいように告知事項の内容を簡易に、保険の引受基準を緩和した保険。

保険料払込期間は?

原則、保障期間(保険期間)=保険料払込期間です。

保障期間(保険期間)内に保険事故(被保険者の死亡、保険会社所定の高度障害状態)に至った場合は、所定の保険金として死亡保険金受取人への年金の支払いが開始されます。

(4)収入保障保険の種類と特約

収入保障保険は、保険に加入される方のリスクに応じて、保険料がかなり変わってきます。

そのタイプとして、以下の2種類があります。

1. リスク細分型収入保障保険

2. 引受基準緩和型収入保障保険

リスク細分型収入保障保険

リスク細分型収入保障保険は一般的に、生命保険料は加入者(被保険者)を

  • 年齢
  • 性別
  • 職業 など

でグループ分けし、病気の罹患率や死亡率等をもとに保険料を算出しています。

そこからさらに「リスク細分型保険料率」が算出されることにより、安い保険料で加入することが可能で、特にタバコを吸わない人の非喫煙割引はとてもわかりやすく、利用者も多くみられます。

保険マメ知識

リスク細分型保険料(りすくさいぶんがたほけんりょう)
身長、体重、血圧値、喫煙歴、健康状態等の細かいグループに分けて死亡率を算出した保険料。

引受基準緩和型収入保障保険

引受基準緩和型収入保障保険とは、保険の引受基準を緩和した保険です。

引受基準緩和型の保険は加入者(被保険者)間のリスク率が高くなることから、保険料が割増になるといったデメリットも発生するため、保険料が割増しされていない通常の保険に加入できる可能性を考えて、健康状態を詳細に告知することを忘れないようにしましょう。

また、支払削減期間が設定されているものもあるため注意が必要です。

保険マメ知識

支払削減期間(しはらいさくげんきかん)
受け取れる給付金や保険金等の金額が通常よりも減らされている期間。

その場合、契約した日からその日を含めて1年以内に死亡保険金の支払事由に該当した際に、受け取れる死亡保険金額の基本保険金額の50%に削減されます

特約について

最近では、

・3大疾病、7大疾病、その他メンタル疾患で所定の状態になった場合には保険料免除になる特約

・就労不能の場合にも保険金の受け取りが可能な特約をつけることができる商品

などバリエーションが増えています。

ただし、特約をつけた分だけ保険料は割増になるため注意が必要です。

(5)収入保障保険と就業不能保険、所得補償保険の違い

名前のイメージからどれも同じ保障に思えますが、どんな時に受け取れる保険なのかがそれぞれ異なります。

収入保障保険と就業不能保険の違い

就業不能保険とは、病気やケガで働けなくるリスクに備える保険で、働けず収入が無い(就業不能)状態になった場合に毎月保険金が受け取れる保障です。

2つの保険の大きく異なる点は、どんな時に受け取れるのかの違いになります。

収入保障保険 就業不能保険
受け取り
要件
死亡・高度障害 病気・ケガで働けない場合
保険金額 年収関係なく設定可能 年収関係なく設定可能
保険期間 長期間 長期間
免責期間 なし なし
取り扱い
会社
生命保険会社 生命保険会社

就業不能保険と所得補償保険の違い

所得補償保険とは、損害保険会社が取り扱っている万一被保険者が働けなくなり収入が減ってしまったときに一時的に補償をするものです。

就業不能保険との大きく違いは、補償が短期間であることや、免責期間、保険金額の上限が決まっていることです。

収入保障保険 所得補償保険
受け取り
要件
死亡・高度障害 病気・ケガで働けない場合
保険金額 年収関係なく設定可能 年収によって上限あり
保険期間 長期間 短期間(1〜5年)
免責期間 なし あり
取り扱い
会社
生命保険会社 損害保険会社

(6)収入保障保険のメリット・デメリット

収入保障保険のメリット

1. 定期保険より少ない保険料で、無駄のない合理的な形で死亡保障を用意することができる

2. 保障期間(保険期間)の経過とともに死亡保障額が減額される

3. 死亡保険金を年金形式で受け取るため計画的に資金の利用ができる

4. 一括受取を選択することもできる

5. 生命保険料控除を利用して所得税・住民税の節税ができる

6. リスク細分型もあるので、健康な人にはより割安な保険を選ぶこともできる

収入保障保険のデメリット

1. 保障期間内の死亡または保険会社所定の高度障害状態でなければ満期になっても保険金を受け取れない

2. 収入保障保険は逓減定期保険の一種であるため満期が近くなると受け取ることができる死亡保障額は小さくなる

3. 計画的な資金の利用には向いているが、まとまった資金が必要な場合は対応しにくい

4. 年金受取の場合、初年度は被保険者死亡時に相続税の対象となり、2年目からは雑所得として課税対象となる

(7)収入保障保険の解約と解約返戻金、税金について

解約について

収入保障保険に限らず、生命保険を契約した場合、可能な限り途中解約はしないことが前提となりますが、どうしても解約をしたいという場合は生命保険会社所定の手続きを踏むことで解約が可能です。

手続き方法は生命保険会社ごとに異なりますので、詳しくはご契約の生命保険会社へご確認ください。

また、生命保険を解約する際は以下のようなデメリットが発生するため注意しましょう。

解約返戻金と税務について

収入保障保険は掛け捨てであるため、解約しても解約返戻金はないか少ないことが一般的です。

なお、解約返戻金を受け取った場合は、一時所得の扱いになります(2020年6月時点)。これは「解約までに払い込んだ保険料の累計額<解約返戻金」の場合になります。

基本的な計算式は、下記のとおりとなります。

[解約返戻金-支払保険料総額 -50万円]
(特別控除)

x1/2

=課税対象額

一時所得は、その他の所得との総合課税となり、個人毎に税率等が異なるためご注意ください。詳細は、税理士または税務署にご確認をお願いいたします。

収入保障保険おすすめ3選

収入保障保険の選び方のポイント

被保険者が亡くなった時に毎月お給料のように決まった金額を受け取ることができる収入保障保険。

残された家族のために準備できる保険ですが、選び方のポイントは以下の3点です。

①生活費として月いくら、いつまで必要か

収入保障保険は一定期間の死亡保障となりますが、以下の2点を明確にしましょう。

・生活費として月いくら必要か
・いつまでの期間必要か

家族の必要保障額がいくらになるのか、計算についてはこちらをご参照ください。

遺族年金など受け取ることができるお金から足りない分を保険金として計算しましょう。

②どんな特約を付加するか

最近は、死亡保障だけでなく、様々な保障を特約として付加することが可能です。

付加できる特約の例

・障害に対する特約

・介護状態、病気やケガなどによる就労不能に対する特約

・精神障害による就労不能に対応する就業不能の特約

3大疾病、7大生活習慣病などにかかった場合に保険料の支払いが免除になる保険料払込免除特約を付加することも可能です。

特約を付加した分だけ、特約保険料がかかり、保険料が高くなるため、付加しすぎないよう注意してください。

③健康に自信があるなら保険料の割引制度を利用しよう

保険会社が定めた健康基準を満たしている場合、下記の制度で保険料の割引制度が受けられます。

・健康体割引

・優良体割引

・非喫煙者割引…喫煙をしない方

・健康増進型保険…健康増進への取組みの実績

逆に、健康など何らかの事情を抱えている場合には引受基準緩和型無選択型などの引受基準が通常の生命保険よりも緩やかになっている商品を検討してもよいでしょう。

ランキング3選

アクサダイレクト生命

アクサダイレクトの収入保障2

No.1
アクサダイレクトの収入保障2

オリックス生命

家族をささえる保険Keep[キープ]

No.2
家族をささえる保険Keep[キープ]

残された家族が少しでも多くお金を受け取って欲しいと思う気持ちもありますが、保障金額や特約を多くした分支払う保険料も高くなります。

家族に必要な金額はいくらなのかを知り、過不足なく加入することがおすすめのポイントです。

2.収入保障保険に加入する前に知っておきたいこと

収入保障保険は、残される家族の生活費の準備だけではなく、以下に挙げるような費用としても活用が期待できます。

(1)子どもの養育費・教育費としての活用

子どもがいる世帯では、世帯主が死亡した時に備えて子どもが独立するまでの養育費をしっかりと準備しておく必要があります。

通常、子どもの独立までの成長に合わせて必要な保障額は減っていきます。

収入保障保険は養育費と同じように保障額が年々減少していき、子どもの養育費の推移に似ていることから、合理的に保障を持つことができます。

(2)子どものベビーシッターや保育施設の費用としての活用

幼い子どもがいる家庭で万一、夫・妻いずれかが死亡した場合、家族を養うために働きながら子どもの世話や家事をすることは非常に大変です。

身体的な負担とこれから先の養育費などが重なり、経済的な負担がのしかかってくる可能性があります。

収入保障保険に加入していれば、毎月決まった保険金を受け取ることができるため、経済的な心配をすることなく受け取った保険金を子どものベビーシッターの費用などに充てられます。

その他、保育施設に子どもを預けて仕事と育児を両立させていくことも可能になるでしょう。

(3)住宅ローンの返済費用(団体信用生命代わり)としての活用

世帯主が万一(死亡・高度障害)のときのために、住宅ローンを免除する団体信用生命保険(団信)に加入している人は多いですが、実は収入保障保険で代用することも可能なのです。

収入保障保険は死亡保険金を毎月受け取ることができ、時間の経過とともに受け取る保険金額も少なくなります。

団信も同じように、ローン返済者が死亡し、時間が経過するにつれ残りの住宅ローンの残高が減っていくため仕組みは同じなのです。

収入保障保険は定期保険の中でも若い時に加入すれば比較的安価であることや、更にリスク細分型のものであれば団信より安価で住宅ローン返済費用保険を準備できる可能性があるでしょう。

(4)相続税の納税資金準備としての活用

生命保険は、遺された家族の生活費を保障するだけでなく、相続対策として活用することも可能です。

被保険者が万一死亡して相続が発生した場合、相続財産は課税の対象となり、相続税は相続発生を知った日の翌日から10ヶ月以内に申告と原則現金で納付をしなければなりません。

この際に相続税の相当額となるものを死亡保険金額とし、契約者を自分に、法定相続人(配偶者や子ども)を受取人に設定することで、相続税の納税資金資金を準備することができます。

相続関係はトラブル対応や準備に時間がかかるため、納税資金対策として生命保険を活用することを視野にいれておくと良いでしょう。

(5)分けにくい財産を公平に分割するための手段として

土地や不動産、家屋などの分割がしにくい財産を複数人で公平に受け取るときに、跡を継いだ相続人が相続税を支払うお金がない場合、遺産を売却して納税資金を準備しなければならなくなります。

なので、まずは相続人を死亡受取人として明確に設定し、その相続人(死亡受取人)の相続分相当額を生命保険金として確保することが可能です。

また、契約者と被保険者が同一人の場合、死亡保険金は受取人の固有の財産となり、生命保険によって遺した保険金を確実に受け取ることが可能になります。

収入保障保険の必要性の記事一覧

もっとみる

3. 収入保障保険の選び方・見直し方

収入保障保険への加入を検討する際の選び方や、既に加入している方や見直す場合のポイントについてみていきましょう。

(1)新規加入の場合

これから収入保障保険への加入を検討している場合、あなたの年齢と家族構成からどういった商品が適切であるかを考えることが大切です。

死亡保障を割安な保険料で探したい場合は、収入保障保険は大きな候補になります。

タバコを吸わないなどリスクが低いと思われる場合は、リスク細分型で非喫煙者割引などのある収入保障保険を利用されると、なお効果的です。

あなたが独身であれば、死亡保障は最低限(死後の葬儀費用などの整理資金)として、ご自身が生きていくために必要となる医療保険や就業不能保険などを検討する余地があります。

(2)見直しの場合

すでに収入保障保険に加入していて見直しを検討する場合、既存の契約でどのような過不足があるのかを把握し

・新たに契約をする

・もしくは既存の契約を増額する

といった見直し方法があります。

今まで加入していた保険料をより安くしたい場合には、ご自身の健康状態やリスクを考慮して、リスク細分型の収入保障保険が利用できるか検討してみましょう。

タバコを吸わない非喫煙割引など、従来より保険料の負担を軽減することも可能です。

ライフステージの変化に伴い、必要な保障や保障額などは変わってくる他、ご家庭の経済状態で保険料の支払いが負担になり解約を視野に入れる場合、出来るだけ保障が無くならない方法を模索しましょう。

4. 収入保障保険のチェックポイント

収入保障保険の加入にあたってのチェックポイントは、下記のとおりとなります。

何のため? 家族の生活資金のため
いくら必要? 毎月の生活費からいくら必要になるのか考え設定する
期間は? 家族にとって必要な期間(15年、20年などで設定)
誰が使う?

  • 契約者・被保険者=自分 死亡給付金受取人
  • あなたの相続人(主に配偶者、子など)
受取方法は? 自分(被保険者)の万一時に:年金形式で受け取りたい

監修者プロフィール

吹田 朝子(すいた ともこ)

吹田 朝子

(すいた ともこ)

1級ファイナンシャルプランニング技能士、
宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

ぜにわらい協会会長 一般社団法人円流塾 代表理事。人とお金の理想的な関係を追究するお金のメンタリスト®。1989年一橋大学卒業後、金融機関にて企画調査・主計部門を経て1994年より独立。
顧客相談3300世帯以上。TV出演・新聞連載など多数。結婚・妊娠・出産・子育てや転職・住宅購入、そして親の介護など、様々な人生イベントを含み、夫婦の稼ぎ方からお金の使い方、受け取り方、増やし方、そして家族のために次世代まで幸せが続くお金の使い道を設計することを生業としている。著書に「お金の流れをきれいにすれば100年人生は楽しめる!」(スタンダーズ社)、「お金オンチの私が株式投資を楽しめるようになった理由」(C&R研究所)など多数。

長尾 義弘(ながお よしひろ)

長尾 義弘

(ながお よしひろ)

ファイナンシャルプランナー、AFP、日本年金学会会員、辛口保険評論家

NEO企画代表。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。1997年にNEO企画を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。新聞・雑誌・Webなどで「お金」をテーマに幅広く執筆。
著書に「コワ~い保険の話」(宝島社)、「こんな保険には入るな!」(廣済堂出版)「商品名で明かす今いちばん得する保険選び」「お金に困らなくなる黄金の法則」「保険払いすぎ見直しBOOK」「最新版 保険はこの5つから選びなさい」「老後資金は貯めるな!」(河出書房新社)、「保険ぎらいは本当は正しい」(SBクリエイティブ)。共著に「金持ち定年、貧乏定年」(実務教育出版)。監修には別冊宝島の年度版シリーズ「よい保険・悪い保険」など多数。

目次