就業不能保険の選び方・見直し方

就業不能保険の選び方・見直し方

「病気やケガで働けなくなったとき、
生活を守る」就業不能保険

最短1分であなたにオススメの就業不能保険を提案します。

比較・見積りからあなたにピッタリの就業不能保険をみつけましょう。

就業不能保険のもっと詳しい解説や気になるトピック満載!

  • 就業不能保険の 比較・見積り

    年齢
    性別
  • 就業不能保険の クイック診断

    最短1分であなたにオススメの
    就業不能保険を提案します

    今すぐ診断
  • 就業不能保険の コラム記事

    就業不能保険のもっと詳しい解説や
    気になるトピック満載!

    記事を読む

就業不能保険の
選び方・見直し方 select / revise

目次

監修者プロフィール

吹田 朝子(すいた ともこ)

吹田 朝子

(すいた ともこ)

1級ファイナンシャルプランニング技能士、
宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

ぜにわらい協会会長 一般社団法人円流塾 代表理事。人とお金の理想的な関係を追究するお金のメンタリスト®。1989年一橋大学卒業後、金融機関にて企画調査・主計部門を経て1994年より独立。
顧客相談3300世帯以上。TV出演・新聞連載など多数。結婚・妊娠・出産・子育てや転職・住宅購入、そして親の介護など、様々な人生イベントを含み、夫婦の稼ぎ方からお金の使い方、受け取り方、増やし方、そして家族のために次世代まで幸せが続くお金の使い道を設計することを生業としている。著書に「お金の流れをきれいにすれば100年人生は楽しめる!」(スタンダーズ社)、「お金オンチの私が株式投資を楽しめるようになった理由」(C&R研究所)など多数。

長尾 義弘(ながお よしひろ)

長尾 義弘

(ながお よしひろ)

ファイナンシャルプランナー、AFP、日本年金学会会員、辛口保険評論家

NEO企画代表。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。1997年にNEO企画を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。新聞・雑誌・Webなどで「お金」をテーマに幅広く執筆。
著書に「コワ~い保険の話」(宝島社)、「こんな保険には入るな!」(廣済堂出版)「商品名で明かす今いちばん得する保険選び」「お金に困らなくなる黄金の法則」「保険払いすぎ見直しBOOK」「最新版 保険はこの5つから選びなさい」「老後資金は貯めるな!」(河出書房新社)、「保険ぎらいは本当は正しい」(SBクリエイティブ)。共著に「金持ち定年、貧乏定年」(実務教育出版)。監修には別冊宝島の年度版シリーズ「よい保険・悪い保険」など多数。

1. 就業不能保険に新規加入検討の場合

就業不能保険に新規加入する場合は、ご自身が必要とする保障を把握するところからスタートしましょう。

  • そもそも対象者か否か
  • 保障対象となる病気
  • 保障期間
  • 給付日数
  • 給付金額

これらの項目で、ご自身が何を必要としているかを書き出します。

まず重要なのは、保障対象となる病気です。厚生労働省の統計によると、精神疾患による入院者数が多く、入院期間も長期にわたることがわかりました。しかし、精神疾患を給付対象外としている保険会社も存在しますので、すべてのリスクに備えたければ精神疾患を含めた病気で、給付金が支払われる保険会社を選ぶべきです。

また、女性の場合は、妊娠出産に関わる病気での入院や自宅療養なども支払い対象になると助かるでしょう。妊娠初期は悪阻や切迫流産、中期以降は切迫早産等での入院リスクが高まりますので、そちらも支給対象となっていれば、心強いもの。

もちろん、支払う保険料と相談しながら決めなければなりませんが、ご自身の年齢と状況、病気のリスクを比較した上で、十分な保障を受けられるようにしましょう。これらの対象者と、対象となる病名を決めるだけで選択対象となる保険会社はかなり絞られます。多くの方がその時点で、加入すべき保険会社が確定します。保険会社が決まったら、給付金額や、保険期間などを選択します。給付金額は、先ほど説明した社会保障(公的扶助)制度等を考慮した上で検討しましょう。給付金額は会社員と自営業者の場合で、設定すべき金額が異なります。

・会社員の場合
健康保険組合の健康保険に加入している場合は、傷病手当金を最長1年半にわたって受け取ることができます。傷病手当金は標準報酬月額の3分の2です。つまり、1年半までは、就業不能保険から給与相当額が全額支払われなくても、なんとか生活は可能かもしれません。
例えば、毎月の給与が30万円という方は20万円が傷病手当金から支払われますので、不足する10万円を就業不能保険で賄えばより安心といえますね。また、傷病手当金がある期間分は、就業不能保険の給付金が半額になるタイプで保険料を抑える方法もあるでしょう。
重度の後遺障害と認定された場合の障害年金は、厚生年金加入者は、年間およそ300万円を受け取り可能ですが、介助や治療にかかる費用が別途必要になりますので、月額10万円から20万円ほどの給付金があると安心です。

・自営業者の場合
自営業者は、会社員と異なり、健康保険、公的年金共に給付内容が手薄になっています。健康保険の傷病手当金を受け取ることができませんし、障害年金も月額8万円足らずです。そのため、就業不能保険の給付金額を高めに設定するほうが良いと言えます。毎月の収入が30万円の場合は、最低でも満額の給付金額に設定しましょう。保険会社によっては、自営業者の給付金額に上限が定められている場合がありますので、手厚い保障を受けたい自営業の方は自営業者でも給付金額の上限が規定されていない保険会社を選びましょう。不能保険に新規加入する場合は、ご自身が必要とする保障を把握するところからスタートしましょう。

2. 就業不能保険の見直しの場合

現在就業不能保険に加入している方が見直す場合は、なぜ見直したいのかを把握してください。「保険料が高い」、「保障される範囲を広げたり期間を延ばして手厚くしたい」、などその理由に応じて、保険会社を選ぶ必要があります。
保険料が高いことがネックで、見直したい方は、より割安な保険料が売りの保険会社の商品へ変更することで、保険料削減が見込めます。
保障内容を手厚くしたい方は、現在の保障内容を確認した上で、保障される範囲や保障して欲しい期間など、必要な保障内容を書き出し、条件を満たしている保険会社を選びましょう。

見直したい場合は、現在の保険との兼ね合いや、保険料の増減も含めて慎重に検討しなければなりません。特に、若い時に加入していた就業不能保険であれば保険料が割安なことが多く、加齢に従って、保険料が高額になる可能性もあります。現在、治療中の病気等がある場合は保険の引き受けに条件がついてしまうこともあります。
見直せば保険料が安くなる、保障内容が手厚くなるとは限りませんので、信頼できる保険の代理店等に相談してみましょう。

就業不能保険の選び方・見直し方の記事一覧

もっとみる