就業不能保険の選び方・見直し方

就業不能保険の選び方・見直し方

「病気やケガで働けなくなったとき、生活を守る」
就業不能保険

最短1分であなたにオススメの就業不能保険を提案します。

比較・見積りからあなたにピッタリの就業不能保険をみつけましょう。

就業不能保険のもっと詳しい解説や気になるトピック満載!

  • 就業不能保険の 比較・見積り

    年齢
    性別
  • 就業不能保険の クイック診断

    最短1分であなたにオススメの
    就業不能保険を提案します

    今すぐ診断
  • 就業不能保険の コラム記事

    就業不能保険のもっと詳しい解説や
    気になるトピック満載!

    記事を読む

就業不能保険の選び方・見直し方 about

目次

1. 就業不能保険に新規加入検討の場合

就業不能保険に新規加入する場合は、ご自身が必要とする保障を把握するところからスタートしましょう。

・そもそも対象者か否か

・保障対象となる病気

・保障期間

・給付日数

・給付金額

これらの項目で、ご自身が何を必要としているかを書き出します。

(1)そもそも対象者か否か

保険マメ知識

就業不能保険(しゅうぎょうふのうほけん)
病気やケガで働けない状態に陥った場合の「働けない間の収入減少」というリスクに備えるための保険。

現役で働いている会社員・公務員などが対象なため、契約可能な年齢は20歳~60歳までに設定されているのが一般的です。会社員や自営業などの「働いている人」であれば加入できます。

専業主婦(夫)の場合、収入がないため加入することができません。

(2)保障期間

就業不能保険は現役で働いている間の病気やケガによる収入ダウンをカバーするもので、保障期間は「現役で働いている期間」です。

保障期間の決め方には、

・年満期

・歳満期

の2種類があります。

保険マメ知識

年満期(ねんまんき)
10年・20年など、一定の年数を保険期間とするタイプ。

満期を迎えた場合は更新する必要があり、その時の年齢・保険料率によって再計算されるため、更新前より保険料が高くなります。

保険マメ知識

歳満期(さいまんき)
50歳・60歳・70歳など、契約当初に決めた年齢までずっと保障が続くタイプ。

歳満期を選択する場合、夫婦が共働きか・片働きかで選択すべき保障期間が変わります。

共働きの場合

共働きの家庭では、片方が働けなくなってもパートナーの収入によって生活をしていくことが可能です。

しかし、住宅ローンの支払期間や、子どもが大学へ進学するなどのタイミングによっては、片方の収入だけではカバーできない場合があります。

支出が大きくなる一定期間だけカバーするなら、保障期間は50~60歳までの期間で設定するほうが保険料を節約できます。

専業主婦(夫)がいる場合

逆に専業主婦(夫)がいる家庭の場合、世帯収入のほとんどを夫婦の片方が担うことになります。

世帯収入を得ている人が病気やケガをしてしまった場合は、世帯収入が極端に少なくなってしまいます。

夫婦のどちらかが世帯収入を担っているようなご家庭の場合、定年退職までを見据えて60~70歳までを目途に保障期間を設定することになるでしょう。

(3)支給開始日

就業不能保険では、受け取り開始日を指定できるのが一般的です。

商品によって受け取り開始時期は異なりますが、就業不能状態に陥ってから60日後、180日後、1年6ヶ月後などの選択肢があります。

自営業者の場合

自営業の場合は国民健康保険に加入しますが、ケガや病気で働けなくなっても会社員のような「傷病手当」を受けられません

障害基礎年金の受給要件に該当したとしても、支給開始は「初診日から1年6ヶ月を経過してから」のため、しばらくは無収入状態が続きます。

自営業者は、支給開始日をできるだけ早くする必要があるでしょう。

会社員の場合

一方の会社員は、働けなくなった場合に健康保険から「傷病手当金」を受け取れます。最長で1年6ヶ月に渡って支給されるため、当面の生活費をカバーすることが可能です。

傷病手当金が支給される期間

会社員の場合は最長で、1年6ヶ月後に支給開始日を設定できるでしょう。

職業によって収入が急激に下がり始める時期が異なるため、受け取り開始時期や受け取る金額のシミュレーションが必要です。効率的な受け取りと、ひいては保険料を抑えることにつながります。

(4)給付金額

就業不能保険では、就業不能給付金を月10~50万円の間で設定します。

給付金額は「収入の減少をカバーする金額」で設定するのが一般的です。

給付金月額の選び方

ケガや病気で障害等級が適用された場合、公的保障として障害基礎年金・障害厚生年金の給付を受けることができます。

必要な生活費からパートナーの収入と障害年金を差し引いて、不足する分が就業不能保険で必要な給付金額です。

不足分全額をカバーすると保険料が高くなってしまう場合は「住宅ローンだけは払えるようにする」など、最低限の住居費用に備える金額だけを設定することも考えられます。

毎月の生活費から「自分が万が一働けなくなった場合に必要になる金額」を計算し、そこから逆算するように給付金額を決めていきましょう。

2. 会社員・自営業者の就業不能保険の選び方

(1)会社員の選び方

健康保険組合の健康保険に加入している場合は、傷病手当金を最長1年半にわたって受け取ることができます。傷病手当金は標準報酬月額の3分の2です。

つまり、1年半までは就業不能保険から給与相当額が全額支払われなくても、なんとか生活は可能かもしれません。

たとえば、毎月の給与が30万円という方は20万円が傷病手当金から支払われますので、不足する10万円を就業不能保険で賄えばより安心といえますね。

傷病手当金のシミュレーション

また、傷病手当金がある期間分は給付金が半額になる就業不能保険を選んで、保険料を抑える方法もあるでしょう。

公的制度に合わせた保険給付例

厚生年金加入者は、重度の後遺障害と認定された場合に障害年金を年間およそ300万円を受け取り可能ですが、介助や治療にかかる費用が別途必要になります。そのため、月額10万円から20万円ほどの給付金があると安心です。

(2)自営業者の選び方

自営業者は会社員と異なり、健康保険・公的年金共に給付内容が手薄になっています。健康保険の傷病手当金を受け取ることができませんし、障害年金も月額8万円足らずです。

そのため、就業不能保険の給付金額を高めに設定するほうが良いと言えます。毎月の収入が30万円の場合は、最低でも満額の給付金額に設定しましょう。

保険会社によっては、自営業者の給付金額に上限が定められている場合がありますので、手厚い保障を受けたい自営業の方は、自営業者でも給付金額の上限が規定されていない保険会社を選びましょう。

就業不能保険に新規加入する場合は、ご自身が必要とする保障を把握するところからスタートしましょう。

就業不能保険おすすめ3選

就業不能保険の選び方のポイント

就業不能保険は病気・ケガなどで働けない状態の期間が長くなることで起こりうる収入の減少に備えるための保険です。
就業不能保険の選び方のポイントは下記3点です。

①被保険者の職業

被保険者となる人の職業によって、商品の選び方が変わります。

<会社員・公務員の場合>

傷病手当金(給与の3分の2程度の金額)を最長1年6カ月受給できるので、就業不能給付金の支払削減期間があるタイプを選んでも良い

<自営業の場合>

傷病手当金がないため、支払削減期間のない、就業不能給付金を満額受け取れるタイプがおすすめ

<主婦(夫)等の場合>

商品によっては所定の条件や制限(保険金額が制限される等)内で加入することができる場合がある

②病気・ケガの中に「精神疾患」は含まれるか

「病気・ケガ」の保障の範囲が広ければ広いだけ保険料は高くなり、保障の範囲が「特定の病気」に限定されることで、保険料が割安となります。

これは「所定の就業不能の状態(働けない状態)」の条件についても同様で、就業不能の条件が緩い場合には保険料は高めになります

商品によっては、「精神疾患」による就業不能の状態についても保障される商品もあります。

どこまでを保障範囲としたいのか検討し、生命保険会社ごとに「所定の就業不能の状態」の定義も異なるので必ず確認しましょう。

③支払対象外期間と給付金の受け取り方

「所定の就業不能の状態(働けない状態)」になった直後に就業不能給付金を受け取れる商品はほとんどありません。

働けない状態となってから保険会社所定の期間が経過してはじめて受け取ることが可能になります。

働けない状態となった期間とは

30日、60日、120日、180日 等商品ごとに異なります。

一般的に、支払対象外期間が長ければ保険料は安く、支払対象外期間が短ければ保険料は高くなる傾向があります。

給付開始から満額を受け取るのか、一定期間を半額とするのか受け取り方を選ぶことができる商品があります。

一定期間の保険金額を半額とすることで、保険料が割安になります。

会社員・公務員等の場合…傷病手当金があるので半額タイプを選ぶことも保険料を抑えるコツのひとつです。
自営業の場合…傷病手当金がないため、満額タイプをおすすめします。

ランキング3選

アクサダイレクト生命

アクサダイレクトの働けないときの安心

No.1
アクサダイレクトの働けないときの安心

チューリッヒ生命

終身治療保険プレミアムDX

No.3
終身治療保険プレミアムDX

ご自身の現在の職業や目的によって就業不能保険の必要性や適切な商品の選び方も変わってきます。

また、保険会社や商品によって支払対象期間や保障範囲も異なりますので、加入検討時はよく確認をしましょう。

3. 就業不能保険の見直しの場合

現在就業不能保険に加入している方が見直す場合は、なぜ見直したいのかを把握して下さい。その理由に応じて、保険会社を選ぶ必要があります。

保険料が高いことがネックで、見直したい
→より割安な保険料が売りの保険会社の商品へ変更することで、保険料削減が見込めます。

保障される範囲を広げたり期間を延ばして手厚くしたい
→現在の保障内容を確認した上で、保障される範囲や保障して欲しい期間など、必要な保障内容を書き出し、条件を満たしている保険会社を選びましょう。

見直したい場合は、現在の保険との兼ね合いや、保険料の増減も含めて慎重に検討しなければなりません。

特に、若い時に加入していた就業不能保険であれば保険料が割安なことが多く、見直した時の年齢によっては保険料が高額になる可能性もあります。

現在、治療中の病気等がある場合は、保険の引き受けに条件がついてしまうこともあります。

「見直せば保険料が安くなる」「保障内容が手厚くなる」とは限りませんので、信頼できる保険の代理店等に相談してみましょう。

就業不能保険の選び方・見直し方の記事一覧

もっとみる

監修者プロフィール

吹田 朝子(すいた ともこ)

吹田 朝子

(すいた ともこ)

1級ファイナンシャルプランニング技能士、
宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

ぜにわらい協会会長 一般社団法人円流塾 代表理事。人とお金の理想的な関係を追究するお金のメンタリスト®。1989年一橋大学卒業後、金融機関にて企画調査・主計部門を経て1994年より独立。
顧客相談3300世帯以上。TV出演・新聞連載など多数。結婚・妊娠・出産・子育てや転職・住宅購入、そして親の介護など、様々な人生イベントを含み、夫婦の稼ぎ方からお金の使い方、受け取り方、増やし方、そして家族のために次世代まで幸せが続くお金の使い道を設計することを生業としている。著書に「お金の流れをきれいにすれば100年人生は楽しめる!」(スタンダーズ社)、「お金オンチの私が株式投資を楽しめるようになった理由」(C&R研究所)など多数。

長尾 義弘(ながお よしひろ)

長尾 義弘

(ながお よしひろ)

ファイナンシャルプランナー、AFP、日本年金学会会員、辛口保険評論家

NEO企画代表。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。1997年にNEO企画を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。新聞・雑誌・Webなどで「お金」をテーマに幅広く執筆。
著書に「コワ~い保険の話」(宝島社)、「こんな保険には入るな!」(廣済堂出版)「商品名で明かす今いちばん得する保険選び」「お金に困らなくなる黄金の法則」「保険払いすぎ見直しBOOK」「最新版 保険はこの5つから選びなさい」「老後資金は貯めるな!」(河出書房新社)、「保険ぎらいは本当は正しい」(SBクリエイティブ)。共著に「金持ち定年、貧乏定年」(実務教育出版)。監修には別冊宝島の年度版シリーズ「よい保険・悪い保険」など多数。

目次