就業不能保険

【FP監修】生命保険と就業不能保険どう違う?平均はいくら?

投稿日:

生命保険を検討するとき、一緒に就業不能保険を検討する人が増えてきています。働けなくなったときに保険金を受け取れるのが就業不能保険の特徴ですが、生命保険とどう違うのでしょうか。必要保障額の考え方と一緒に見ていきましょう。

生命保険と就業不能保険どう違うの?

では、生命保険と就業不能保険はどう違うのでしょうか。まずは、それぞれの保障内容のポイントをしぼって見てみましょう。

生命保険は死亡保障、就業不能保険は働けなくなったときの保障

生命保険が死亡したときに死亡保険金が受け取れる保障なのに対し、就業不能保険は一定期間働けなくなったときに保険金を受け取ることができます。病気やケガで入院したときや、医師の指導をもとに在宅療養が必要になって仕事ができなくなったときが対象となり、給付金を受け取るまで一定の支払対象外期間があるのも就業不能保険の特徴のひとつです。

また、同じようなタイプの保険に所得補償保険がありますが、こちらは損害保険会社が販売しているものです。

精神疾患を理由にする就業不能も保障するものも

一般的な就業不能保険は、病気やケガで働けなくなったときに給付金を受け取ることができますが、精神疾患で働けなくなったときは保障の対象外です。しかし、最近ではうつ病などで働けなくなるケースもあることから、精神疾患を保障対象とする商品も発売されるようになってきました。

新社会人などで会社の雰囲気に慣れずにうつ病を発症してしまったり、仕事のストレスにより様々な精神疾患を発症してしまうこともありますので、気になる方は精神疾患を保障するタイプの商品を選んでみてはいかがでしょうか。

就業不能保険の平均はいくら?必要な金額は?

就業不能保険の加入を検討するとき何を基準にするかというと、まず自身の収入をベースに考えます。ですから、「平均はいくら」というような生命保険のようなイメージを考える必要はありません。生命保険や医療保険であれば、葬儀代の平均や入院したときにかかる医療費をもとに考えますが、就業不能保険はこの部分から違うというわけです。では、保障のイメージをつかむためにも、年収400万円と500万円の会社員と自営業の場合の必要保障額の考え方を見てみましょう。

年収400万円の会社員と自営業の場合

まず、会社員と自営業とでは公的医療保険制度が異なります。具体的にいうと、会社員は傷病手当金※1の対象なのに対して、自営業にはこのような制度はありません。

年収400万円(月収約28万円、ボーナス2回合計約60万円と仮定)の会社員の場合、傷病手当金約18万円を最大1年6ヵ月受け取ることができます。また、この後も働けなくなった状態が続くようであれば、障害基礎年金や障害厚生年金を受け取ることもできる場合があります。

年収400万円の会社員であれば、まずは住宅費(家賃や住宅ローン)をベースに保険金額を考えてみましょう。就業不能保険は保険金額10万円を基準に5万円刻みで設定することができます。支払える保険料との相談にもなりますが、まずは保険金額10万円を目安に検討してみましょう。

自営業の場合は会社員のような公的医療保険制度を利用できませんので(障害基礎年金は利用可能)、年収400万円であれば同じ金額の保障内容を選ぶことを基準に考えます。自営業の場合、「就業不能=減収」に直結しますので、会社員と違って働けなくなるというのは死活問題だからです。

ただし、保険金額が高くなればなるほど保険料ももちろん高額になりますので、支払える保険料と相談しながら決める必要があります。また、支払対象外期間を60日から180日にのばすなどの方法で保険料を下げることもできますので一緒に検討してみるといいでしょう。

※1 傷病手当金とは病気やケガで4日以上仕事を休んだときに、最大1年6ヵ月間にわたり標準報酬月額の2/3を受け取れる制度

年収500万円の会社員と自営業の場合

年収500万円(月収約35万円、ボーナス2回合計約70万円と仮定)の場合、傷病手当金から約23万円を最大1年6ヵ月受け取ることができます。また、この後も働けなくなった状態が続くようであれば、障害基礎年金や障害厚生年金を受け取ることもできる場合があります。

保険金額を決める基準は、年収400万円と同じようにまずは住宅費をベースに考えてみましょう。そして子どもの教育費なども含め、支払える保険料と相談しながら5万円刻みで保険金額を設定してみましょう。

自営業の場合、会社員のような定年退職はありませんので、年収と同じ金額の保険金額で保険期間も長く設定する場合が出てきます。年収500万円で保険期間を70歳など長く設定すると保険料も高額になりますので、支払対象外期間を長く設定するなど保険料をおさえる工夫をしながら加入するといいでしょう。

まとめ

就業不能保険は生命保険とは違い、死亡しなくてもお金を受け取ることができます。このような新しい魅力的な商品が出てくることで、さらに私たちもしっかりと保険選びをしなくてはいけないことになります。

保険選びをするうえで大切なことは、しっかりと比較検討し加入するということです。では、どのように保険を選んだらいいのでしょうか。自分で調べて加入したい人におすすめなのが「ロボアド」です。最初から専門家にアドバイスを受けたいという人は、独立系のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談することをおすすめします。どちらを選んでも、あなたにぴったりと合う保険に出会えるはずですので、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
s_aiko

ドーナツ・マガジン編集部

-就業不能保険
-, ,