がん保険

30代におすすめの各種保険の選び方【男女別】

30代の方は、20代よりも病気に罹患する確率が高くなっていたり、結婚して所帯を持つ人が増えていたりと状況が大きく異なります。

加入すべき保険や優先順位、選び方も人によって異なりますよね。

そこで今回は、30代の方におすすめの保険や入り方・選び方について解説していきます。

30代に生命保険は必要?不要?必要性に迫ります

30代の生命保険加入状況

30代の生命保険加入率

公益財団法人生命保険文化センターのデータによれば、世帯主年齢別の生命保険・個人年金保険*の加入率は30~34歳で86.7%35~39歳で88.7%です。
※出典:公益財団法人生命保険文化センター 平成30年度「生命保険に関する全国実態調査」

ココがポイント

このことから、30代では9割弱の人が生命保険に加入しているということがわかります。

ほとんどの人が何かしらの生命保険に加入しているということは、加入する必要性が高そうですね。

*かんぽ生命を含む民間の生命保険・簡易保険・JA・県民共済・生協などを含めた保険、以下「全生保」といいます。

生命保険加入者は平均いくら保険料を払ってる?

同上のデータによれば、世帯の平均年間払込保険料(全生保)は38.2万円となっています。

ココがポイント

前回調査の平成27年度のデータでは38.5万円となっているため若干減少していますが、月額にすると約3万2,000円の保険料を支払っていることがわかります。

また、世帯主年齢別の世帯年間平均払込保険料については、30~34歳で29.8万円、35~39歳で38万円です。

世帯主年齢別で見ても、月額にすると30~34歳で約2万5,000円、35~39歳で約3万2,000円の保険料を支払っていることが分かります。

こちらも時系列で見ますと、前回調査の平成27年度のデータと比較して、30~34歳、35~39歳ともに増加の傾向にあります。

それでは、まずは30代男性の各種生命保険の選び方から解説して参ります。

30代女性の保険の選び方を先に見たい方はこちらをタップして下さい。
20~50代の生命保険料の相場・死亡保険金の平均は?毎月いくら払ってる?

生命保険(死亡保険)への加入を検討するとき、まず死亡保険金(死亡保障額)はいくら必要なのかを考えることが大切です。 必要な死亡保険金額は年齢やライフステージで異なり、自分に合った死亡保険金額の保険に加 ...

続きを見る

30代男性の保険の選び方・入り方

30代男性が優先すべき保険3つ

30代男性に多い疾病原因・入院原因及び入院が長期化しそうな病気はどのような疾病なのでしょうか。

30代男性の疾病・入院原因

  • 統合失調症
  • 神経系の疾患
  • 骨折
  • 結核
  • 悪性新生物
  • 脳血管疾患 など
    ※出典:厚生労働省「平成29年度 患者調査」

次いで糖尿病高血圧性疾患肝疾患などの生活習慣病なども30代に入院が長期化しそうな病気です。

これら疾病に対応できる自信がなければ、医療保険に加入する必要性がありそうですね。

30代男性のがんの罹患率は30代女性に比べれば低い※1ものの、厚生労働省のデータ※2では、30代男性の死亡原因の第1位は自殺で、第2位は悪性新生物(がん)であることが分かっています。

こうして見ると、がん保険に加入する必要性もありそうですね。

特にがんは以下の要素もあることから、がんのみに特化したがん保険への加入の必要性は、医療保険加入の必要性以上にあるかもしれません。

ココに注意

  • 治療の長期化
  • 再発の危険性
  • 公的医療保険ではカバーできない先進医療や自由診療 など

おすすめな人気がん保険って?詳しく読む

コのほけん!TOP コのほけん!マガジン がん保険 がん保険 「がんの保障に特化」がん保険 最短1分であなたにオススメのがん保険を提案します。 詳しくはこちら 比較・見積りからあなたにピッタリのがん保 ...

続きを見る

また、30代男性の中には結婚して妻や子どもなど扶養家族が増える方もいるでしょう。世帯主として万が一のリスクに備える必要性も増すと、死亡保険への加入も重要となります。

ココがポイント

結論として、30代男性が優先すべき保険は

  1. 死亡保険
  2. がん保険
  3. 医療保険

の順番であり、さらに就業不能保険なども合わせて検討しておくことをおすすめします。

※1 出典:国立がん研究センター「最新がん統計」
※2 出典:厚生労働省「令和元年 人口動態調査」

就業不能保険とは?基本の解説〜おすすめ商品を比較

コのほけん!TOP コのほけん!マガジン 就業不能保険 就業不能保険 「病気やケガで働けなくなったとき、生活を守る」就業不能保険 最短1分であなたにオススメの就業不能保険を提案します。 詳しくはこちら ...

続きを見る

30代男性のがん保険の選び方

がん保険とは

がんにかかったときの医療費をはじめとした経済的負担をカバーしてくれる保険。

がん保険が保障してくれる基本的な保障内容は、以下のとおりです。

がん保険の基本的な保障内容

  • がんと診断されたときに受け取れる「診断給付金(診断一時金)」
  • がんで入院や通院したときに受け取れる「入院給付金」・「通院給付金」
  • がんの手術をしたときに受け取れる「手術給付金」
  • がんで放射線治療や抗がん剤治療
  • ホルモン剤治療などを受けたときに受け取れる「放射線治療(抗がん剤治療、ホルモン剤治療)給付金」 など

がん保険が保障してくれる上記内容を踏まえた上で、近年のがん治療がどのような傾向にあるのかを理解することで、あなたに合ったがん保険を選ぶことができるでしょう。

近年のがん治療の傾向

  • がんの三大治療は「手術」「化学療法」「放射線療法」であること
  • 入院日数は比較的短期であること
  • 治療は入院ではなく通院がメインであること
  • がんは治せる病気であること
  • がんのリスクは再発・転移であること など

選び方のポイントは以下のとおりです。

診断給付金か入院給付金か

診断給付金をメインにした「診断給付金タイプ」にするか、入院給付金をメインにした「入院給付金タイプ」にするかを選択します。

近年のがん治療は、従来のような入院メインではなく通院がメインで入院日数は比較的短期でしたよね。

がんと診断された際に使途を問わない給付金が受け取れる、診断給付金タイプがおすすめといえるでしょう。

がん保険の一時金(診断給付金)はいくら必要?相場を解説【FP監修】

「がん診断一時金」「がん診断給付金」という言葉を聞いたことがありますか? がん保険というと、入院したら給付される入院給付金や、手術したら給付されるがん手術給付金などのイメージが強いですが、最近ではがん ...

続きを見る

診断給付金の受取回数

また、診断給付金を初回しか受け取れない「初回限定タイプ」にするか、何度でも無制限に受け取れる「無制限タイプ」するかも決めなければなりません。

ココに注意

がんは転移・再発のリスクがあることを踏まえると無制限タイプがおすすめではありますが、その分月々の保険料も割高になることは覚えておきましょう。

その他の特約など

そのほか、

  • がん先進医療特約(保険料は月額100円程度)
  • 悪性新生物と同じように上皮内新生物も保障される「同額保障タイプ」
  • 「入院(通院)給付金」
  • 「終身保険」
  • 「保険料の終身払」

などもおすすめです。

医療保険の特約ではだめ?

医療保険に既に加入しているのですが、がん特約を付加するのでは不十分なのでしょうか?

医療保険に加入しつつ、特約でがんの治療を保障する方法もありますが、特約で補うのではなく、がん保険に加入することをおすすめします。

ココがポイント

がんの治療は日進月歩です。

医療の進歩や社会の変革など常に時代に合ったタイプのがん保険に乗り換えできるように、単体のがん保険に加入することをおすすめします。

がん保険の選び方・見直し方をもっと詳しく知る

コのほけん!TOP コのほけん!マガジン がん保険 がん保険の選び方・見直し方 がん保険の選び方・見直し方 「がんの保障に特化」がん保険 最短1分であなたにオススメのがん保険を提案します。 詳しくはこ ...

続きを見る

30代男性の医療保険の選び方

続いて、医療保険の選び方です。

そもそも医療保険とはどういった保険なのかご存知ですか?

医療保険とは

被保険者が病気やケガをした場合の医療費などの経済的負担について、公的医療保険制度や高額療養費制度でカバーできない部分について備える保険です。

たとえば、病気やケガで入院した場合に公的医療保険が適用される医療費のうち、自己負担となってしまう以下の項目等を医療保険の入院給付金などでカバーすることができます。

自己負担となる項目

  • 差額ベッド代
  • 食事代
  • お見舞い客などの交通費
  • 働けない場合の逸失給与 など

医療保険に加入すると保障してくれる基本的な保障内容は、以下のとおりです。

医療保険の保障内容

  • 病気やケガで入院したときに保険金を受け取れる「入院給付金」
  • 手術をしたときに保険金を受け取れる「手術給付金」


おすすめ医療保険を紹介!1番人気はどれ?

コのほけん!TOP コのほけん!マガジン 医療保険 医療保険 「病気やケガで入院・手術等の出費に備える」医療保険 最短1分であなたにオススメの医療保険を提案します。 詳しくはこちら 比較・見積りからあ ...

続きを見る

入院給付金について

入院給付金日額をいくらにするのか決定します。

5,000円や1万円が一般的ですが、より手厚い保障を求めるなら入院給付金日額を10,000円にすることをおすすめします。

1万円に設定すると安心できそうですが、保険料も上がりそうですしきちんと確認が必要そうですね。

また、入院給付金の支払限度日数も選択しますが、60日タイプで問題ないと言えます。

ココがポイント

さらに、入院給付金日額が入院初日から受け取れるタイプの医療保険かどうかも確認しましょう。

手術給付金について

入院給付金は日額に連動していますが、手術の種類に関わりなく手術給付金が一定の「倍率一律タイプ」と手術の種類によって手術給付金が変動する「倍率変動タイプ」があります。

保険期間や特約について

そのほか、保険期間で「終身タイプ」と「定期タイプ」、保険料の支払方法で「終身払」と「短期払」がありますが、どちらにするかを選択します。

特約も、先進資料特約や三大疾病特約、がん特約などがあり、確認して特約の有無を選択しましょう。

医療保険の選び方・見直し方について詳しく知る

コのほけん!TOP コのほけん!マガジン 医療保険 医療保険の選び方・見直し方 医療保険の選び方・見直し方 「病気やケガで入院・手術等の出費に備える」医療保険 最短1分であなたにオススメの医療保険を提 ...

続きを見る

30代男性の死亡保険の選び方

続いて、死亡保険の選び方です。

死亡保険とは

世帯主である被保険者が亡くなった場合に、葬儀代・お墓代・身辺整理のための死後整理資金の準備と残された扶養家族の事後の住居費や生活資金(子どもがいる場合には子どもの教育費や養育費も含みます)の準備として備えておくための保険。

公的保障や自身の貯蓄などでカバーできない分を死亡保険で準備するということが基本的考え方となります。

30代男性が死亡保険を選ぶ場合には、以下の項目を考慮して、まずは必要保障額を試算して決定しましょう。

考慮すること

  • 扶養家族の有無や人数
  • 配偶者の収入の有無
  • 自身の資産やライフプランや資金計画
高額な生命保険(死亡保険)加入時に必要な審査と上限

死亡保険に加入するとき、保険金額をいくらまで設定できるのか考えたことはありませんか? もちろん万が一の保険ですから、高い保険金を受け取ることができたほうがいいですが、そもそもそんなに高い保険金の死亡保 ...

続きを見る

終身保険か定期保険か

必要保障額を決定するだけでなく、死亡保険を選ぶ場合には保障期間を選ぶ必要性もあります。

  • 保障が同じ保険料で一生涯続く「終身保険
  • 安い保険料で一定期間の保障を準備できる「定期保険
月々支払っていく保険料にも関係しますし、最適な保障をプランナーや専門家に相談した方が良さそうですね。
終身保険と定期保険の違いを詳しく比較

コのほけん!TOP コのほけん!マガジン 終身保険 終身保険 「一生涯、死亡保障が約束される」終身保険 最短1分であなたにオススメの終身保険を提案します。 詳しくはこちら 比較・見積りからあなたにピッ ...

続きを見る

貯蓄型か掛け捨てか

また、資金計画との兼ね合いで、保険料は割高になりますが貯蓄性がある保険にするのか、保険料が割安になる保険料の掛け捨ての保険にするのかなども選びましょう。

さらに詳しく

貯蓄性のある保険とは、生命保険を途中解約した際に”解約返戻金”としてお金が戻ってくる保険などをいいます。

その他の選択肢

そのほか、医療保険特約や収入保障特約などを付けるか、保険料の支払方法は「終身払」か「有期払」にするかなども選ぶ必要があります。

ココがポイント

死亡保険の保障内容や条件を決定する場合には、各項目にメリット・デメリットがありますので、しっかりと確認して、保険会社の担当者やライフプランナーなどの専門家に相談しながら決定することをおすすめします。

医療保険と生命保険の違いとは|どっちがおすすめ?両方に入るべき?

生命保険会社が販売する「保険」商品は保障の仕組みや範囲・保険金受取人などによって、いくつかの種類に分けられます。 中でもなじみがあるのが生命保険と医療保険ですが、これらの特徴について理解していなかった ...

続きを見る

30代女性の保険の選び方・入り方

30代の女性は、ここでご紹介する3つのポイントを意識して、保険を選びましょう。

女性特有の病気への保障は最優先

30代女性は、女性特有の病気に対する保障を最優先に確保しましょう。

さらに詳しく

女性特有の病気とは

  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 乳がんや
  • 子宮がん など

特に女性は30代を迎えると、がんに罹患する確率が男性よりも高くなります。

たとえば、30歳の女性が10年後までにがんに罹患する確率は1%。

つまり、100人に1人は30代でがんにかかるということですね。

一方で30歳の男性の罹患率は0.6%ですので、女性の約半分。30代は女性の方が男性よりもがんに対する対策を意識する必要がありますね。

※出典:国立がん研究センター「最新がん統計」

女性保険のメリットとは?年代別の必要性やおすすめな選び方を紹介

一般的な医療保険の保障に加え、女性特有の病気になった場合に手厚い保障を受けられる「女性保険」。 ただ、ひとくちに「女性保険」といってもいくつかのタイプがありますし、商品によって保障内容も様々です。 「 ...

続きを見る

入院した場合や亡くなった時の影響を考えよう

他の年代と同じく、以下のような場合にどんな影響が発生するのかを考える必要があります。

考慮すること

  • 亡くなった場合
  • 入院した場合
  • 大きな病気にかかった場合

子どもがいる女性の場合

もしあなたに子どもがいる場合、万一のことがあると配偶者が子供の面倒を見ることになるでしょう。お子さんを育てる人手が不足するため、以下のような影響が考えられます。

  • ベビーシッター雇うことによる出費の増加
  • 配偶者が時短勤務を利用することで収入の減少
これらに備えようと思うと、医療保障だけでなく死亡保障が必要ですね。
子供は医療保険にいつから入るべき?加入率・メリットから見る必要性

日本は子供に対する国の公的医療保険制度や、各自治体の医療費助成制度が充実しています。そのため、子供の医療保険の必要性に疑問を持っていたり、加入を迷っていたりする方は少なくないでしょう。 実際のところ、 ...

続きを見る

独身女性の場合

もしあなたが独身の場合は、病気やケガで休職することで収入が減少し、生活が苦しくなる可能性があるでしょう。

会社員の場合は、病気や怪我で働けなくなった場合は、傷病手当金が受給できる可能性がありますが、支給される額は最大で収入の2/3程度で、受給できる期間も最大で1年半までです。

傷病手当金とは

病気や怪我で働けなくなり会社を休んだ際に、事業主から十分な報酬が受けられない場合に手当金が受け取れる制度。

傷病手当金などの公的医療保険制度を利用しても、もしも貯金がない場合は治療費が払えない可能性があり、家族や周りの人にお金を借りたりする必要があるかもしれません。

ココがポイント

30代の方が入院した場合、健康保険証や高額療養制度を利用しても、平均的な自己負担額は19.7万円です。


※出典:(公財)生命保険文化センター「平成28年度「生活保障に関する調査」

病気やケガで入院した場合にこの自己負担額がきちんと払えるのか、周りの人に迷惑をかけないかどうかもしっかり考えましょう。

高額療養費制度とは

自己負担の金額が年収によって定められた上限を超えてしまった場合に、超えた部分が払い戻される制度。

独身に生命保険は必要?選び方3つのポイント

結婚している家族には生命保険が必要とされる一方で、独身の方に生命保険は必要なのでしょうか。 独身の方が無保険の状態では、病気やケガの際にかかる治療費をすべて自己負担する必要があり、貯蓄だけではカバーで ...

続きを見る

30代女性が優先すべき保険3つ

死亡保険・医療保険・がん保険のうち、30代女性の方が加入すべき保険の優先順位は、以下のとおりです。

30代女性が優先すべき保険

  • がん保険
  • 医療保険
  • 死亡保険

20代に比べてがんにかかるリスクが高くなるため、がん保険の優先順位も高くなります。

貯金がいくらかあり、保険料の負担を最小限に抑えたいのであれば、がん保険のみに加入するのも1つの方法です。

また、自分自身の保障をできるだけ手厚くしたい場合は、がん保険に加えて医療保険も加入することで、幅広い病気やケガをカバーできます。

ココがポイント

そして、あなたに子どもがいる場合は、死亡保険の加入も忘れてはいけません。

特に世帯主であったり収入の柱であったりする場合は、手厚い死亡保障が必要でしょう。

死亡保険とは?種類やメリット・デメリットを紹介

コのほけん!TOP コのほけん!マガジン 生命保険 生命保険 あなたが亡くなったとき「家族の生活を守る」生命保険 最短1分であなたにオススメの生命保険を提案します。 詳しくはこちら 比較・見積りからあ ...

続きを見る

それではここから、それぞれの保険について詳しい選び方を解説していきます。

30代女性のがん保険の選び方

まず、がん保険を選ぶ際に留意しておくべき注意点です。

ココに注意

がん保険で保険金や給付金を受け取るには、基本的に生まれて初めての悪性新生物と診断されなければなりません。

過去にがんになったことがある場合はがん保険に加入できず、がんであったことを隠して加入した場合、保険金は給付されません。

では、実際にがん保険に入る時は、主契約と特約をどのように選べば良いのでしょうか?順番に確認していきましょう。

主契約の選び方

がん保険の主契約は、販売している保険会社によって大きく異なります。

診断給付金の受取回数は?

主契約が、がんと診断された場合にまとまったお金を一括で受け取れる「診断給付金」の場合は、診断給付金が複数回受け取れるかどうかを確認しましょう。

古いタイプのがん保険は、診断給付金が1度しか給付されないため、再発した場合には保険金を受け取ることができません。

がんは部位によって再発率が高いものもあると聞きますし、よく考えなければなりませんね。
上皮内がんでも給付が受け取れるか?

また、がんの中でも比較的初期のがんである上皮内がんで給付が受け取れるかどうかも確認が必要です。

女性特有の病気である子宮頸がんのうち6割が上皮内がんですので、保障の対象外だと女性特有の病気をカバーできません。

女性向けがん保険の必要性と選び方を年齢別に比較

乳がんや子宮頸がんといった、女性特有のがんに備えるための「女性向けがん保険」。 この種の保険は具体的にどのような保障が受けられて、加入するとどういったメリットがあるのでしょうか。 この記事では、女性が ...

続きを見る

特約の選び方

がん保険の特約では、女性特有のがんになった場合のその後の治療を保障してくれるものがあります。

たとえば、以下のような場合です。

  •  乳がんで乳房を全摘出した後の乳房の再建手術を手術にかかる費用
  •  抗がん剤によって髪の毛が抜けをしてしまったときに利用するウイッグを作成する費用

また、先進医療特約を付加することによって、陽子線治療や粒子線治療などの高額な先進医療も保障の対象にできます。

先進医療特約とは

治療を受けた時点で厚生労働大臣が認める先進医療に該当している場合、その先進医療に係る費用と同額の給付金が支払われる特約。

令和元年9月1日現在、先進医療として88種類の先進医療が認められている。

先進医療の治療費は全て自己負担のため、数百万円単位の出費をカバーできます。

一方で、がん保険の先進医療特約は、基本的にがんに関する先進医療のみが保障の対象となるため注意しましょう。

自分にがん保険は必要?不要論のワケ・必要性が高い人を知る

がん保険は、保障対象となる病気が「がん」に限定されています。そのため、がん保険に加入する必要があるのか、入るべきならばどんな商品を選べばいいのか、迷っている方は少なくありません。 この記事では、 がん ...

続きを見る

30代女性の医療保険の選び方

次に、30代女性の医療保険の選び方です。

医療保険を選ぶ際は、女性専用の疾患をカバーするものを選ぶと安心です。

最近、女性専用の医療保険の広告をテレビやネットでよく見かけるので、選択肢も多くありそうですね。

主契約の選び方

入院給付金日額は10,000円が理想ですが、5000円でも問題ありません。

ココがポイント

女性疾病がカバーされている医療保険においては、女性特有の病気で入院した場合は、入院給付金日額が倍額になります。

また、1入院あたりの給付限度日数は、重い病気によって入院期間が長期化した場合に備えるために120日がおすすめです。

もし限度日数が60日のものを選ぶときは、三大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)に罹患した場合に限度日数が無制限になるものを選ぶと良いでしょう。

特約の選び方

医療保険の特約は、がんになった場合にまとまった金額の保険金を受け取れるがん保障があると安心です。

また、三大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)の場合にも、一時金で給付金を受け取れる特約もあり、手厚い保障を準備したい場合は付加すると良いでしょう。

ココがポイント

重い疾病があったときの保障を手厚くする重度疾病特約をつけることによって、医療保険1つでがんも含めた治療費が高額になる重い病気の保障をまとめて準備できます。

ただし、医療保険を解約すると、がん特約や重度疾病特約も解約となるため注意しましょう。

医療保険とは
医療保険とは?公的医療保険制度との仕組みの違いをわかりやすく解説

「病気やケガで入院したらどうしよう?」そんな不安を減らしたいとき、医療保険への加入を検討する人は多いと思います。 しかし、日本には国が運営する「公的医療保険制度」があり、保険会社が販売する「民間医療保 ...

続きを見る

30代女性の死亡保険の選び方

最後に、死亡保険の選び方です。

専業主婦(夫)で子どもがいる場合は、500万〜1,000万円までの死亡保障に加入すると良いでしょう。

配偶者に訪れる金銭的なリスクに備えることができそうですね。

そして、あなたが世帯主や夫婦で共働きなど家族の収入を支えている場合は、収入保障保険もおすすめです。

収入保障保険とは

万一のことがあった場合、残された家族に対して毎月一定額の保険金が、決まった年数分受け取れる保険。

公的な保障である「遺族年金」と合わせて家族の生活費をしっかり準備することができます。

遺族年金とは

国民年金や厚生年金に加入している人が亡くなった場合、残された家族に毎月一定額の年金が支給される制度。

収入保障保険とはどんな保険?加入前に知るべきこと

コのほけん!TOP コのほけん!マガジン 収入保障保険 収入保障保険 あなたが亡くなったとき「保険金が毎月の給料のように受け取れる」収入保障保険 最短1分であなたにオススメの収入保障保険を提案します。 ...

続きを見る

まとめ

今回は30代の男性・女性が加入すべき保険の優先順位について解説しました。

30代は病気に罹患する確率や女性においてはがん罹患率が上昇するだけでなく、家庭環境生活に大きな変化が生じる年代でもあるため、必要な保障は個人によって大きく変わります。

もしご自身でどのような保証に加入したらいいかわからない場合は、保険のプロやファイナンシャルプランナーに相談してみるとよいでしょう。

経験豊富なFP資格を持った人が、個人の状況に合わせてぴったりなプランを提案してくれるだけでなく、様々な疑問にも答えてくれるため、納得がいくまで検討することができます。

  • この記事を書いた人

品木 彰

ファイナンシャルプランナー、FP技能士2級、保険・金融ライター。国公立大学卒業後、明治安田生命保険相互会社に新卒入社。法人営業として官公庁向けの団体保険・個人営業を担当。チームリーダーや管理職候補など7年半勤務。その後、人材会社に転じ多くの転職をサポート。現在は、保険、税金、貯蓄術、不動産など幅広いジャンルの記事を執筆するファイナンシャルプランナー。

-がん保険
-, , , ,