がん保険

【FP監修】がん保険の診断一時金ってそもそも何?

更新日:

がん保険の診断一時金(診断給付金)とは?

がん保険の診断一時金とは、がんと診断されたときに受け取れるお金のことです。具体的には、100万円程度の保障額が一般的で、加入する保険によって50~200万円ほどと幅があります。診断一時金という名称の他にも「診断給付金」「がん診断保険金」など保険によっていろいろな呼びかたをされています。

がん保険の診断一時金の特徴は、治療の種類や資金使途を問わず、診断を受けることでほとんどのケースにおいて給付を受けられることです。また、診断を受けるのにかかった費用とは関係なく、固定された金額を受け取れるのも特徴です。診断一時金の額は、一般的には、入院給付金という、入院時に1日あたりに支給される額の約100倍程度が目安と言われ、1日あたりの入院給付金が1万円の場合は、100万円程度が設定されることが多くなっています。なお、がん保険の多くは医師にがんと診断されることで診断一時金が支給されますが、中には診断が確定して入院を条件に支払われる場合もあります。しっかりとがん保険の保障条件をチェックしておきましょう。

診断一時金は一般的な医療保険にはない保障内容です。これには、がん治療の進歩が大きく関係しています。がん保険は通称「入院重視型」「通院重視型」「診断一時金重視型」の3タイプに分かれるといわれています。がんは従来、大病であることが多く、通常、入院や手術をして治療するのが一般的でした。しかし、放射線治療や抗がん剤治療などの医療の発達や早期発見によって在宅での治療も増えています。そのため、入院、手術の場合を中心に給付がなされる「入院重視型」の保険では物足りず、それ以外のニーズが生まれてきました。そのニーズを満たすがん保険が、通院重視型と診断一時金重視型の保険なのです。通院重視型も多くの場合、診断一時金が支給されます。

実際にがん保険の加入を検討する際には、診断一時金以外の保障も考えておいたほうがいいでしょう。ほかの基本的な保障は、入院日数に応じた支給額が受け取れる入院給付金、手術費用を受け取れる手術給付金、通院日数に応じて受け取れる通院日数などです。また、先進医療を受ける際に受け取れる先進医療給付金などもあります。自分に合ったがん保険に加入するには、どの保障を選ぶのか、どの保障を重視するかなどをしっかり考えておく必要があるのです。

がん保険の診断一時金(診断給付金)のメリットとは?

現在、がん保険の多くは、診断一時金と入院給付金、手術給付金を組み合わせています。つまり、多くの人にとって役立つと考えられているのが、これら3つの保障ということになります。このように多くのがん保険に組み込まれている診断一時金にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

1つ目のメリットは、お金を受け取れるまでの期間が短いということです。がんと診断された場合、治療に向けて気になることが増え、通院するにしても入院するにしても、ある程度まとまったお金が必要になることが多いと言えます。当面の医療費を支払うために使うことはもちろんのこと、セカンドオピニオンを受けたい場合や、病気を知るための書籍購入代、医療機関への交通費などに充てることも可能です。また、こうした使い方の例のように、用途が自由ということは2つ目のメリットといえます。

3つ目のメリットは、保障の対象範囲が広いということです。がん保険で困るのは、せっかく加入してきたのに、いざというときに保障の対象外と認定されてしまうケースです。もしこのようになってしまえば「何のために保険料を払っていたのか」などと思ってしまうものですよね。しかし、診断一時金という保障の場合、医師による診断を受けるという比較的シンプルな条件なので、対象外となるケースはめずらしく保険加入者にとって安心感があると言えるでしょう。

がん保険の診断一時金(診断給付金)の注意点とは

がん保険の診断一時金には、いくつか注意点があります。まず注意しておきたいことは、月々の保険料と診断一時金の額のバランスです。一時金が多く受け取れるほど万一の場合に助かるのは確かですが、そのぶん、月々の保険料は高くなってしまいます。よって、自分の安心のためにどれくらい保険料を負担して、診断一時金の額を増やせるのか、バランスを考えることがとても重要です。仮に、診断一時金を少なめにして保険料が安くするぶん貯蓄しておくなど、リスクに備える方法はいろいろあります。また、診断一時金以外の保障内容でカバーするなど優先順位を考えることも大切です。

2つ目の注意点は、診断一時金をもらえるのは1回だけというがん保険もあることです。つまり、治療が終了した後にがんが再発してしまった場合などでは、もう診断一時金は受け取れません。一般的に、このようながん保険は保険料が安いのが特徴です。ただ、がんが怖いといわれるのは、転移や再発が多いことでしょう。このような点に不安を感じる人は、複数回診断一時金が受け取れるがん保険を選んだほうがよいと言えるでしょう。

3つ目の注意点は、保障の範囲となるがんの種類です。がんは悪性新生物と呼ばれるもので、がん保険の中には、上皮内新生物については保障の対象外、または給付を少額としている保険もあります。上皮内新生物は初期がんと言われることもありますが、上皮に対する治療なので一般的にはそれほど高額な治療費になりません。また、悪性新生物と違って転移や再発のリスクも少ないのが特徴です。そのため、悪性新生物を中心に保障する保険も多くみられるのです。

このような注意点をチェックするには、ご契約のしおりや約款をきちんと読む必要があるため、一般の人にとってはむずかしいと思われることも多いでしょう。そのため、自分に合ったがん保険を見つけるために、保険やお金の知識を持つ独立系FP(ファイナンシャル・プランナー)に相談することは、とても役立つのではないでしょうか。

  • この記事を書いた人
アバター

矢野 康介

ファイナンシャルプランナー、トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP)。大学卒業後、日本生命保険相互会社に新卒入社。法人営業として、一部上場の建築会社及び製薬会社を担当。その後、外資系生命保険会社にて保険事務、コールセンターの統括業務を経験。保険業界での経験は約20年にわたる。ドーナツの「保険をやさしく、わかりやすく」多くの読者に伝えたい想いに共感しドーナツ・マガジンにて執筆を開始。

-がん保険
-, , , , , ,