がん保険

がん保険|診断一時金は必要?

がん保険の診断一時金とは?

がん保険の診断一時金とは診断給付金と呼ばれることもあり、保険会社ごとに名称が違います。ただ、内容はほぼ同じであり、がんと診断されたときに給付されるお金のことです。金額はがん保険の種類や契約内容によって変わります。基本的に使い道は自由とされていて、入院費用にあてる人もいれば、通院治療にかかる費用に利用する人もいるのです。すべてのがん保険に診断一時金がついているわけではなく、一時金付きのがん保険に加入するかどうか決める必要があります。

がん保険は大別すると大きく3つのタイプに分けることができます。

それは、

(1)入院治療を重視するか、
(2)通院を重視するか、
(3)診断一時金を重視するか

の3つのタイプです。
従来、がん治療といえば入院治療が中心だったので、がんを治療するために長期間入院し、その費用をがん保険で補うという(1)のパターンが多く見られました。それが、最近では通院で集中的に治療を受けるケースが増え、(2)のように通院重視の保障内容のがん保険が登場しています。この場合、入院しなくても保障を受けることができのは一つの安心でしょう。また、(3)として、入院や通院をしなくてもお金を受け取れるように診断一時金を重視するがん保険も重視されています。これは、がん治療の方法が、入院治療や通院治療、さらには在宅治療するケースも増え、多様なニーズに対応するためにがん保険が変化した結果と言えるでしょう。

一方、がん保険には入院や通院など幅広い保障が用意されているものもあり、診断一時金を受け取らなくても十分の保障を受けられるのではないかという考え方もあります。そこで、がん保険に加入する際には、診断一時金が必要か不要か悩むことになるのです。診断一時金を付けるかどうかは自由に選ぶことができるため、メリットとデメリットを考慮して、慎重に選択しましょう。

いくらが適当?がん診断一時金の金額の決め方

がんの治療や手術を受ける際には、まとまったお金が少しでも多くあったほうが安心ですよね。自分の治療費などにかけるお金だけではなく、家族などに経済的な不安をかけたくないと考えて不安を感じる人も多くいます。しかし、がん診断一時金で受け取る金額を上げるためには、月々の保険料も高くしなければいけません。日々の生活にかかるお金を考えると、不要にお金をかけることに、ためらってしまう場合もあるでしょう。実際にがんになったときにかかる費用は人それぞれです。がんの症状や治療の期間などによって必要となる金額は異なってきます。
たとえば、治療費は、部位や進行度、治療方法によって様々で、低いものだ数十万円から高いケースでは数百万円まで幅があります。また、入院費は病院によって設定が異なり、利用する部屋などによっても金額は変わってきます。通院する場合には、自宅と病院とのあいだを行き来する交通手段や距離により費用の負担は大きく違ってくるでしょう。さらに、治療後に、後遺症を軽減させるための費用が別途必要となる人もいます。

メディケア生命 新メディフットエース
  • この記事を書いた人

矢野 康介

ファイナンシャルプランナー、トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP)。大学卒業後、日本生命保険相互会社に新卒入社。法人営業として、一部上場の建築会社及び製薬会社を担当。その後、外資系生命保険会社にて保険事務、コールセンターの統括業務を経験。保険業界での経験は約20年にわたる。ドーナツの「保険をやさしく、わかりやすく」多くの読者に伝えたい想いに共感しドーナツ・マガジンにて執筆を開始。

-がん保険
-, , , ,