がん保険

【FP監修】がん保険の一時金(診断給付金)はいくら必要なのか相場を解説

更新日:

がん診断給付金、がん診断一時金ということばをきいたことがありますか?がん診断一時金は、がんと診断された時点で受け取ることができる給付金です。

一般にがん保険というと、入院したら一日ごとに給付される入院給付金や、手術したら給付されるがん手術給付金、先進医療給付金などのイメージが強いのですが、最近ではがん診断一時金がある商品が主流になってきています。

本記事では、がん保険の診断一時金(診断給付金)とはどのようなものなのか、一時金はいくら必要なのか治療費相場や、診断給付金のみで大丈夫なのかなどがん保険を選ぶ上で見るべきポイントをご紹介します。

がん保険の基本保障!がん診断一時金(診断給付金)ってなに?

がん保険の仕組みについて

自分や家族ががんと診断されたときに、手元にある預貯金以外で経済的な支えとなるのが、がん保険です。

一般的ながん保険の基本保障には、入院日数や通院日数に応じて受け取れる「入院給付金」や「通院給付金」、がんの手術を対象とした「手術給付金」があります。

さらに、厚生労働省により定められた一定の先進医療を受ける際に受け取りができる「先進医療給付金」も基本保障の1つです。

加えて、がんの診断が出た際にほかの給付金より早くに手元に入る「がん診断給付金」もあり、これががん保険の特徴とも言われます。

がん診断一時金(診断給付金)とは?その必要性と使いみちは?

がん診断一時金とは「がん診断給付金」とも呼ばれ、原則、医師からがんと診断をされたタイミングで給付を受けることができるお金です。

手術給付金であれば手術の費用に、先進医療給付金は先進医療を受けた際の支払いに充てることとなっていますが、がん診断一時金は使途を問わず、どのような目的に使用することもできます。

入院や通院にかかった費用の一部として充てることも、がん治療の負担で苦しくなっている生活費を補うために使用することも可能です。

保険会社や契約内容によっては、がんの診断が確定されたときではなく、入院を開始したときなどの条件がつく場合もあります。しかし、一般的には早い段階に受け取ることが可能となっていて、目的を指定されずに使えるまとまったお金を受け取れる点はがん診断一時金のメリットです。

がん診断一時金は、入院日数や症状、治療方法などによって必然と受ける金額が決まってしまうほかの保障とは異なり、自分で自由に受取金額を選択できる点も大きな特徴です。

50万円、100万円、200万円、300万円などいくつかの選択肢があり、契約者が自由に給付金額を選べるようになっています。ただし、選択肢が複数あるため、保険選びや保険商品の契約の際には、自分に合った給付金額をしっかりと検討することが必要です。

いくらが適当?がん診断一時金(診断給付金)の金額の決め方と治療費相場

がんの治療や手術を受ける際には、まとまったお金が少しでも多くあったほうが安心ですよね。

自分の治療費などにかけるお金だけではなく、家族などに経済的な不安をかけたくないと考えて不安を感じる人も多くいます。しかし、がん診断一時金で受け取る金額を上げるためには、月々の保険料も高くしなければいけません。

日々の生活にかかるお金を考えると、不要にお金をかけることに、ためらってしまう場合もあるでしょう。実際にがんになったときにかかる費用は人それぞれです。がんの症状や治療の期間などによって必要となる金額は異なってきます。

たとえば、治療費の相場は、部位や進行度、治療方法によって様々で、低いものだと数十万円から高いケースでは数百万円まで幅があります。

また、入院費は病院によって設定が異なり、利用する部屋などによっても金額は変わってきます。通院する場合には、自宅と病院とのあいだを行き来する交通手段や距離により費用の負担は大きく違ってくるでしょう。

さらに、治療後に、後遺症を軽減させるための費用が別途必要となる人もいます。

治療費の目安(相場)は下記の通りです。なお、細かい内訳については上記のリンク先でご確認ください。

参考

  • 胃がんの治療費の目安(相場) 約36万9,000円(罹患後3年間、高額療養費適用なし)
  • 肺がんの治療費の目安(相場) 約206万9,000円(罹患後3年間)
  • 乳がんの治療費の目安(相場) 約353万5,000円(罹患後5年間)

同じがんという病気でも、その罹患部位・がんの種類によって必要とされる治療費が36万から400万弱と幅があることがわかりますね。男性であれば100万円から200万円、女性で乳がんの不安があるならば300万円くらいを目安とすると良いかもしれません。

【FP監修】<がん保険の必要性を考える>胃がんとは?医療費はいくら?

「近しい身内で胃がんになった人がいる」などの理由で胃がんに備えるためにがん保険への加入を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 胃がんは、数あるがん中でも比較的メジャーながんです。ドラマ ...

続きを見る

【FP監修】<がん保険の必要性を考える>肺がんとは?医療費はいくら?

「喫煙しているから肺がんになるかもしれない」と心配になり、がん保険への加入を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか? 肺がんは、他のがんと比較して治療費が高額になる可能性があるため、心配な場 ...

続きを見る

【コラム】がんの治療法とがん保険の関係

がんの治療法はいろいろ 本庶佑さんがノーベル医学生理学賞を受賞したニュースは、まだ記憶に新しいのではないでしょうか。本庶さんが手がけた免疫の研究が、オプジーボなどがん治療薬の開発に貢献したことが受賞の ...

続きを見る

がん診断一時金には所得税がかかる?医療費控除との関係は?

がん診断一時金は原則非課税

がん診断一時金(がん診断給付金)などのように、治療を目的とする給付金については原則非課税です。あくまで原則であるので、そうでない場合もあるので注意が必要です。

所得税法施行令第30条には、「損害保険契約に基づく保険金及び生命保険契約に基づく給付金で、身体の傷害に基因して支払を受けるもの並びに心身に加えられた損害につき支払を受ける慰謝料その他の損害賠償金」(一部要約)と記載されています。

それでは、非課税ではない場合とはどのようなものでしょうか?

生存給付金のような「祝い金」がこれにあたります。治療目的ではないため所得税や住民税がかかるため注意してください。

非課税で受け取った給付金を相続財産として遺族に引き継ぐ場合は、相続税の課税対象となる可能性もあるので注意しましょう。

がん診断一時金と医療費控除

がん保険で受け取る給付金や保険金は原則非課税ですが、確定申告で医療費控除を受ける際には注意が必要です。

医療費控除を受ける場合、医療機関に支払った医療費から給付金や保険金で受け取った金額を差し引く必要がありますので覚えておきましょう。

【FP監修】医療費控除のしくみと計算は

医療費控除は税金を軽くしてくれる 医療費に関する制度に、「医療費控除」があります。 高額療養費制度みたいに、医療費が戻ってくるんでしょ? と勘違いしやすいのですが、両者は別物です。 高額療養費制度は、 ...

続きを見る

まとめ

  • がん診断給付金(診断一時金)は、手術・入院などを伴わなくても、医師から「がん」と診断をされたタイミングで受け取ることが可能
  • がん診断一時金(診断給付金)の使い道は自由
  • がん診断一時金(診断給付金)の金額の範囲は50万円から500万円のうちである
  • 罹患するがんの種類によっても治療費の相場が異なるので、男性であれば100万円から200万円、女性で乳がんの不安があるならば300万円くらいを目安
  • がん診断一時金(診断給付金)は原則非課税、医療費控除を行う場合は、医療機関に支払った医療費から受け取った給付金額を差し引いて申告を行う

以上、がん診断一時金(診断給付金)についてみてきましたが、要点は上記の5つになります。出来るだけ過不足のない給付金額にして保険料を節約したいところですね。

すでにがん保険に加入済みだけど保障内容にいまいち納得感がないという方、がん保険を含め、生命保険・家計の相談をしたい方は、独立系ファイナンシャル・プランナーに相談してみてはいかがでしょうか。

 

  • この記事を書いた人
アバター

矢野 康介

ファイナンシャルプランナー、トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP)。大学卒業後、日本生命保険相互会社に新卒入社。法人営業として、一部上場の建築会社及び製薬会社を担当。その後、外資系生命保険会社にて保険事務、コールセンターの統括業務を経験。保険業界での経験は約20年にわたる。ドーナツの「保険をやさしく、わかりやすく」多くの読者に伝えたい想いに共感しドーナツ・マガジンにて執筆を開始。

-がん保険
-, , , , , , , ,