がん保険

【FP監修】がん保険の診断一時金はいくら必要?

更新日:

がん保険の基本保障!診断一時金ってなに?

自分や家族ががんと診断されたときに、手元にある預貯金以外で経済的な支えとなるのが、がん保険です。一般的ながん保険の基本保障には、入院日数や通院日数に応じて受け取れる「入院給付金」や「通院給付金」、がんの手術を対象とした「手術給付金」があります。さらに、厚生労働省により定められた一定の先進医療を受ける際に受け取りができる「先進医療給付金」も基本保障の1つです。加えて、がんの診断が出た際にほかの給付金より早くに手元に入る「がん診断給付金」もあり、これががん保険の特徴とも言われます。

がん診断給付金は「診断一時金」とも呼ばれ、原則、医師からがんと診断をされたタイミングで給付を受けることができるお金です。手術給付金であれば手術の費用に、先進医療給付金は先進医療を受けた際の支払いに充てることとなっていますが、がん診断一時金は使途を問わず、どのような目的に使用することもできます。
入院や通院にかかった費用の一部として充てることも、がん治療の負担で苦しくなっている生活費を補うために使用することも可能です。保険会社や契約内容によっては、がんの診断が確定されたときではなく、入院を開始したときなどの条件がつく場合もあります。しかし、一般的には早い段階に受け取ることが可能となっていて、目的を指定されずに使えるまとまったお金を受け取れる点はがん診断一時金のメリットです。

がん診断一時金は、入院日数や症状、治療方法などによって必然と受ける金額が決まってしまうほかの保障とは異なり、自分で自由に受取金額を選択できる点も大きな特徴です。50万円、100万円、200万円、300万円などいくつかの選択肢があり、契約者が自由に給付金額を選べるようになっています。ただし、選択肢が複数あるため、保険選びや保険商品の契約の際には、自分に合った給付金額をしっかりと検討することが必要です。

いくらが適当?がん診断一時金の金額の決め方

がんの治療や手術を受ける際には、まとまったお金が少しでも多くあったほうが安心ですよね。自分の治療費などにかけるお金だけではなく、家族などに経済的な不安をかけたくないと考えて不安を感じる人も多くいます。しかし、がん診断一時金で受け取る金額を上げるためには、月々の保険料も高くしなければいけません。日々の生活にかかるお金を考えると、不要にお金をかけることに、ためらってしまう場合もあるでしょう。実際にがんになったときにかかる費用は人それぞれです。がんの症状や治療の期間などによって必要となる金額は異なってきます。
たとえば、治療費は、部位や進行度、治療方法によって様々で、低いものだ数十万円から高いケースでは数百万円まで幅があります。また、入院費は病院によって設定が異なり、利用する部屋などによっても金額は変わってきます。通院する場合には、自宅と病院とのあいだを行き来する交通手段や距離により費用の負担は大きく違ってくるでしょう。さらに、治療後に、後遺症を軽減させるための費用が別途必要となる人もいます。

  • この記事を書いた人
アバター

矢野 康介

ファイナンシャルプランナー、トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP)。大学卒業後、日本生命保険相互会社に新卒入社。法人営業として、一部上場の建築会社及び製薬会社を担当。その後、外資系生命保険会社にて保険事務、コールセンターの統括業務を経験。保険業界での経験は約20年にわたる。ドーナツの「保険をやさしく、わかりやすく」多くの読者に伝えたい想いに共感しドーナツ・マガジンにて執筆を開始。

-がん保険
-, , , , , , , ,