介護・認知症保険の選び方・見直し方

介護・認知症保険

「所定の介護状態や認知症を保障する」
介護・認知症保険

介護保険・認知症の選び方・見直し方 select / revise

目次

監修者プロフィール

吹田 朝子(すいた ともこ)

吹田 朝子

(すいた ともこ)

1級ファイナンシャルプランニング技能士、
宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

ぜにわらい協会会長 一般社団法人円流塾 代表理事。人とお金の理想的な関係を追究するお金のメンタリスト®。1989年一橋大学卒業後、金融機関にて企画調査・主計部門を経て1994年より独立。
顧客相談3300世帯以上。TV出演・新聞連載など多数。結婚・妊娠・出産・子育てや転職・住宅購入、そして親の介護など、様々な人生イベントを含み、夫婦の稼ぎ方からお金の使い方、受け取り方、増やし方、そして家族のために次世代まで幸せが続くお金の使い道を設計することを生業としている。著書に「お金の流れをきれいにすれば100年人生は楽しめる!」(スタンダーズ社)、「お金オンチの私が株式投資を楽しめるようになった理由」(C&R研究所)など多数。

長尾 義弘(ながお よしひろ)

長尾 義弘

(ながお よしひろ)

ファイナンシャルプランナー、AFP、日本年金学会会員、辛口保険評論家

NEO企画代表。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。1997年にNEO企画を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。新聞・雑誌・Webなどで「お金」をテーマに幅広く執筆。
著書に「コワ~い保険の話」(宝島社)、「こんな保険には入るな!」(廣済堂出版)「商品名で明かす今いちばん得する保険選び」「お金に困らなくなる黄金の法則」「保険払いすぎ見直しBOOK」「最新版 保険はこの5つから選びなさい」「老後資金は貯めるな!」(河出書房新社)、「保険ぎらいは本当は正しい」(SBクリエイティブ)。共著に「金持ち定年、貧乏定年」(実務教育出版)。監修には別冊宝島の年度版シリーズ「よい保険・悪い保険」など多数。

1. 介護保険のしくみと選び方のポイント

(1)主契約で入る介護保険は4つのタイプ

主契約で入る保険のしくみは、4つのタイプで構成されています。

  • 貯蓄タイプ、掛け捨てタイプ
  • 支払い要件が、公的保障に連動タイプ、自社基準タイプ、または両方の併用タイプ
  • 支払い基準の厳しいタイプ、緩いタイプ
  • 受け取り方が一時金タイプ、年金タイプ、両方の併用タイプ

これらの組み合わせで、介護保険はできています。
では、それぞれどんな特徴を持っているのかを見ていきましょう。

①貯蓄タイプ・掛け捨てタイプ
介護保険には、死亡保障がついている商品があります。終身の死亡保障ですから、貯蓄性があります。死亡保障のついている介護保険は、介護状態にならなかった場合でも、死亡すると保険金を受け取ることができます。その分、保険料は高くなります。
掛け捨ての介護保険は、死亡しても保険金を受け取ることができません。その分、保険料は安くなっています。

②支払い要件が、公的保障に連動タイプ、自社基準タイプ、または両方の併用タイプ
支払い要件が公的介護保険の基準に連動している場合には、公的介護保険で規定された認定を受けると保険金を受け取ることができます。
保険会社の基準によって決まる場合には、約款などに書かれた所定の状態になった場合に受け取ることができます。公的介護保険の基準と保険会社の基準は、一致しているとは限りません。
また、公的介護保険の基準と保険会社の基準の併用タイプもあります。その場合は、どちらかに該当すると、保険金を受け取ることができます。

③支払い基準の厳しいタイプ、緩いタイプ
保険金が出やすいか出にくいかの基準は、各社まちまちです。
支払い基準が緩い場合には、「要介護1」または「要介護2」で保険金を受け取ることができます。当然、受け取れる確率は高くなりますから、その分、保険料は高くなりがちです。逆に、「要介護4」や「要介護5」といったレベルにならないと、保険金を受け取ることができないタイプもあります。こちらは支払い基準が厳しい分、保険料は安くなっています。

④受け取り方が一時金タイプ、年金タイプ、両方の併用タイプ
保険金の受け取り方も違いがあります。
一時金タイプは、要介護状態になると一時金で受け取ることができます。
年金タイプは、要介護状態になったら、年金形式で受け取ることができます。
併用タイプは、一時金、年金の両方を受け取ることができます。または、どちらかを選ぶことができるものです。

介護保険は、これら①〜④の要素を組み合わせて作られています。
たとえば、「掛け捨てタイプ。支払い要件は公的介護保険制度に連動していて、要介護2以上の場合に一時金で受け取れる」介護保険とこのような形になっています。
この4つの要素を考えれば、自分に合った介護保険を選ぶことができます。ただし、死亡保険金も必要、一時金も年金も必要などと手厚い保障を望めば望むほど、保険料の高い商品になってしまいます。保険を選ぶ際には、どうしても必要な項目に絞った方が保険料は安くなります。

(2)介護保険が特約の場合には

特約として入る介護特約も、主契約タイプと同じようなしくみになっています。
ただし、特約である性質上、主契約が払込満了し契約が終わると、特約も契約が終わってしまいます。
また、最近の介護特約は支払い要件がかなり緩和されてきていますが、以前の介護特約の支払い要件をみると非常に厳しいものが残っています。たとえば、支払い要件が高度障害状態に近い要件になっている場合があります。このような介護特約は、見直した方がいいでしょう。
最近は、介護特約でも、公的介護の要介護1の要件で保険金を支払ってくれる商品もあります。支払い基準は必ず確認して、比較検討するようにしましょう。

(3)使い勝手がいい介護保険とは

介護保険・介護保障特約の選び方のポイントを紹介しましょう。
介護費用は、多くの方は、まず貯蓄で用意していることでしょう。それは高齢になっても介護を必要とせず、認知症にもならないで、元気に暮らしている人が一定数以上いて、そういう人には介護保険は必要ないと思われるからです。長生きリスクに備えるためには、貯蓄を増やしておいて、もし介護が必要になった時には、その貯蓄を使って対応をしようとする方が非常に多いのではないでしょうか。貯蓄は用途を限定しませんから、自由度が高い手段と言えます。
一般的に介護で必要な総額は約800万円程度と考えられます。その金額が用意できない場合には、民間の介護保険の利用を検討しましょう。

介護保険は4つのタイプを参考にし、自分にあったものを探しましょうと述べました。
自分にあったものを探しつつ、選ぶ際、見直す際の最大のポイントは、使い勝手のよさにあるといえます。

まず、支払い条件については、緩い方が受け取れる可能性は高くなります。要介護1、2が要件になっているものを選ぶのはいかがでしょうか。
また、終身保険のように死亡保障がついているものは、保険料が高くなります。年金暮らしをしている場合には、できるだけ支出は抑えたいものです。その場合は保険料の安い掛け捨ての介護保険が向いていると言えます。

保険金は、一時金がいいか、年金がいいかについては、一概にどちらがいいとはいえないところです。それは、バリアフリーなどの住宅の改修が必要なのか、施設などへの入居一時金が必要かなど、要介護になった状況にもよるからです。それぞれの目的とお金の使い方を考え、選んでください。

2. 認知症保険の選び方・見直し方

認知症保険も同じように、支払い要件が重要なポイントになります。従来は認知症と診断されてから180日以上経過することが支払い要件になっていました。しかし最近では、認知症と診断されたら支払われるという支払い要件が緩いものが登場してきました。それに追随して要件を緩くした保険会社もあります。 また、認知症予備軍と言われる軽度認知傷害(MCI)を給付条件とした保険も生まれています。MCIは回復の可能性もある状態で、MCIスクリーニング検査でわかります。

認知症の場合には、損害保険も要検討

認知症高齢者が電車にはねられて死亡する事件がありました。JR東海は、死亡した認知症の家族に対して720万円の損害賠償を請求。一審の名古屋地裁では全額請求が認められたのですが、最高裁では支払い義務を否定する逆転の判決が出て確定をしました。
この裁判をきっかけに、認知症の高齢者の監督義務者に対する責任が問題になりました。
それを受け、個人賠償責任保険の内容を改定する動きが出てきました。損害保険会社大手3社は、あらたに被保険者の範囲を拡大して、別生計、別居の場合でも「監督義務者」であれば適用されるとしました。
新しく個人賠償責任保険に入る場合には、これが適用されるかどうかを確認してください。
個人賠償責任保険は、補償の範囲が広いことが特徴です。掛金も年間2000円ぐらいで、1億円の保障がついています。通常は自動車保険や火災保険の特約として販売されていますが、最近は単独でも契約できる個人賠償責任保険が登場してきました。