がん保険の選び方・見直し方

がん保険の選び方・見直し方

「がんの保障に特化」がん保険

最短1分であなたにオススメのがん保険を提案します。

比較・見積りからあなたにピッタリのがん保険をみつけましょう。

がん保険のもっと詳しい解説や気になるトピック満載!

  • がん保険の 比較・見積り

    年齢
    性別
  • がん保険の クイック診断

    最短1分であなたにオススメの
    がん保険を提案します

    今すぐ診断
  • がん保険の コラム記事

    がん保険のもっと詳しい解説や
    気になるトピック満載!

    記事を読む

がん保険の
選び方・見直し方 select / revise

目次

監修者プロフィール

吹田 朝子(すいた ともこ)

吹田 朝子

(すいた ともこ)

1級ファイナンシャルプランニング技能士、
宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー

ぜにわらい協会会長 一般社団法人円流塾 代表理事。人とお金の理想的な関係を追究するお金のメンタリスト®。1989年一橋大学卒業後、金融機関にて企画調査・主計部門を経て1994年より独立。
顧客相談3300世帯以上。TV出演・新聞連載など多数。結婚・妊娠・出産・子育てや転職・住宅購入、そして親の介護など、様々な人生イベントを含み、夫婦の稼ぎ方からお金の使い方、受け取り方、増やし方、そして家族のために次世代まで幸せが続くお金の使い道を設計することを生業としている。著書に「お金の流れをきれいにすれば100年人生は楽しめる!」(スタンダーズ社)、「お金オンチの私が株式投資を楽しめるようになった理由」(C&R研究所)など多数。

長尾 義弘(ながお よしひろ)

長尾 義弘

(ながお よしひろ)

ファイナンシャルプランナー、AFP、日本年金学会会員、辛口保険評論家

NEO企画代表。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。1997年にNEO企画を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。新聞・雑誌・Webなどで「お金」をテーマに幅広く執筆。
著書に「コワ~い保険の話」(宝島社)、「こんな保険には入るな!」(廣済堂出版)「商品名で明かす今いちばん得する保険選び」「お金に困らなくなる黄金の法則」「保険払いすぎ見直しBOOK」「最新版 保険はこの5つから選びなさい」「老後資金は貯めるな!」(河出書房新社)、「保険ぎらいは本当は正しい」(SBクリエイティブ)。共著に「金持ち定年、貧乏定年」(実務教育出版)。監修には別冊宝島の年度版シリーズ「よい保険・悪い保険」など多数。

1. がんになった時にどんなお金が出るの?

がん保険の必要性を考える前に、まずは、あなたががんになった場合にどういった給付が、加入している健康保険から出るのか把握しましょう。

(1)健康保険から出るお金

各健康保険の共通の制度として、4つの制度が挙げられます。

窓口での医療費自己負担に関する制度

①高額療養費制度(こうがくりょうようひせいど)
医療機関等の窓口での支払いが高額になった場合、後から申請することで自己負担限度額を超えた額が払い戻される制度です。

②健康保険限度額適用認定申請(けんこうほけんげんどがくてきようにんていしんせい)
限度額適用認定申請とは、あらかじめ健康保険に申請をしておくことで「限度額適用認定証」を発行してもらい、利用時に医療機関等の窓口で「健康保険被保険者証」(「保険証」)と「限度額適用認定証」を提示することで、窓口での支払額が高額療養費の自己負担限度額までとなる制度です。

つまり、この2つの制度の違いは、

  • 高額の医療費を最初は自己負担してから数か月後に払い戻しを受けるのか、
  • あらかじめ申請しておくことで、はじめから自己負担限度額に抑えておけるのか、

の違いです。

医療費の負担は想像以上に大きいこともあります。
後者の健康保険限度額適用認定をすぐに使いたいと思われる方も多いでしょうが、各健康保険の申請手続きには、ある程度の期間を要するので、入院がわかった段階で申請を行うことをおすすめします。

ただし、高額療養費制度や、限度額適用認定を活用しても、カバーしきれない部分があります。具体例としては下記のものが挙げられます。

  • 差額ベッド代などの健康保険対象外の費用や入院時の食事代は、別途自己負担
  • 2つ以上の病院に同時にかかっている場合は病院ごとに計算
  • 同じ病院でも、内科などと歯科がある場合は、歯科は別扱い
  • 1つの病院・診療所でも通院と入院は別計算
公的年金から障害年金を受け取れる可能性がある

障害年金は、日常生活や働くことに支障が出た場合に支給される公的年金制度です。障害年金でいう一定の障害とは、初診日が国民年金あるいは厚生年金の被保険者期間中で、原則として初診日から1年6ヵ月経過した時点の身体の状態で判断されます。

一般的には、

  • 身体の機能が働くことに制限を受けたり、日常生活に著しい制限を受けるような状態
  • 働くこと自体が日常生活に著しい制限を加えるような状態

を指します。

がん治療の副作用による倦怠感・悪心・嘔吐・下痢貧血・体重減少などの全身衰弱により、これらの状態になった方や、1年6か月経たなくても、人工肛門や新膀胱の造設日、あるいは尿路変更術の装着日、喉頭全摘出日、在宅酸素療法の開始日などが障害認定日になる例もあります。これらは申請しなければ給付されるものではなく、書類の書き方のコツ等もあるようなので、まずは知っておくことが大事です。

病気・けがにより就労できない場合に関する制度

③傷病手当金
病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度です。被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。

企業独自の健康保険組合の場合は独自の給付も用意されていることも多いですので、その辺りも含めて今一度確認しておきましょう。

2. がん保険の新規加入を検討している場合

がん保険も医療保険のひとつです。
そのため加入する際、告知をする必要があることがあります。
保険会社が公平な生命保険の引受判断をするため、契約者や被保険者は健康状態や職業等について事実をありのままに保険会社へ告げなくてならない告知義務があります。

保険マメ知識

告知義務(こくちぎむ)
生命保険はあらかじめ大勢の保険契約者が定められた保険料を出し合い、保険会社はその資金を運用しつつ、保険契約者(被保険者)に万一、病気・ケガをした場合に、保険金や給付金を支払うという、「相互扶助:助け合い」の原理から成り立っています。
加入前から健康状態の良くない人や危険度の高い職業に従事している人などが無条件に契約すると、保険料負担の公平性が保たれなくなります。したがって契約に際し、契約者または被保険者は、過去の傷病歴(傷病名・治療期間等)、現在の健康状態、職業などについて、告知書や生命保険会社の指定した医師の質問に、事実をありのまま告げる義務があります。
告知義務違反(こくちぎむいはん)
健康状態、傷病歴、職業などについて事実を告げなかったり、事実と異なる告知をしたなどの告知義務違反があった場合は、契約(特約)が解除されて、保険金や給付金が受け取れなくなることがあります。
なお、営業職員などが事実の告知をしないことや、事実でないことを告知するよう勧めた場合などには、保険金や給付金は支払われ、契約も解除されません。
引受基準緩和型、無選択型(ひきうけきじゅんかんわがた、むせんたくがた)
傷病歴等がある場合でも、その内容や申込みをする保険商品によって、通常どおり契約できる場合があります。「保険料の割増」や「保険金の削減」、「特定部位不担保」などの特別な条件がつく場合もあります。また、健康状態・過去の傷病歴に関する告知が不要な生命保険や、傷病歴等があっても契約しやすい生命保険もあります。
転換制度、復活制度の告知義務(てんかんせいど、ふっかつせいどのこくちぎむ)
転換制度によって新たな生命保険を契約する場合や、失効した契約を元に戻す(復活する)場合も同様に告知義務があります。
告知受領権(こくちじゅりょうけん)
生命保険会社指定の医師以外(営業職員や保険代理店の担当者、生命保険面接士など)に健康状態、傷病歴などについて口頭で伝えても告知したことにはならないためご注意ください。

加入する際にその商品が何の告知が必要であるのか、告知方法を確認しましょう。

告知方法は下記のような4種類があります。

①告知書扱
被保険者が告知書を記入します。
②健康診断書扱、人間ドッグ扱
健康診断書や人間ドックの結果のコピーを提出します。
③面接士扱
面接士による面接を受けます。
④医師扱
 
診査医により診察を受けます。

被保険者が健康である場合、告知方法が簡易であるほど保険料は高く、細かく告知を行うことによって保険料が安くなる傾向が一般的にあります。

がん保険に新規加入する際に気をつけるポイントは3つあります。

(1)がん保険は必要ですか?

がん保険が必要ない人の特徴として、もしがんに罹患したら

  • 健康保険適用の治療しか行わないし、少人数部屋などでの入院はしないと割り切っている人
  • 多少の治療費や生活費をカバーできるだけの預貯金などの資産がたくさんある人

が多いということが挙げられます。

とはいえ、実際がんに罹患して治療をした場合、その治療費は付随費用も入れると何かとお金がかかりがちで、治療期間も長期化する傾向にあるでしょう。そうした状態で、仕事を今までのように続けられなくなって収入が減る可能性もあります。そこまで想定しても治療や生活ができるかどうかが判断基準になります。

また先ほど「がんという病気について」でも触れましたが、がんの発生率は40代以降で急激に高まることもわかっていますので、働き盛りの年代の男女はがん保険の必要性は高まることも理解できます。 そのため、預貯金などの資産の問題、年齢や性別の問題を考えてがん保険が必要かどうかをまず考える必要があります。

(2)保障内容は自分に合っていますか?

がん保険の保障内容は保険会社によって様々です。

  • 保険期間は終身型か有期型か
  • がん診断給付金があるタイプかないタイプか?
  • がんの通院治療も保障の対象かどうか?
  • 放射線治療や抗がん剤治療も保障の対象かどうか?
  • 保険料払込免除特約が付加できるかどうか?

がん保険を選ぶとき、あなたが希望する保障内容を満たすものかどうか細かく確認する必要があります。保障内容を細かく確認することで、無駄な保障を組み入れてしまうこともなくなり、必要な保障を選べないなどの間違いを少なくできます。

(3)保障内容と保険料のバランスは取れていますか?

その際に見るべきポイントはひとつです。
「同じ保障内容なら安いものを選ぶこと」です。

もし自分だけでは保障内容と保険料のバランスが取れているか確認するのが難しいと思えば、複数の保険会社を取り扱う保険代理店に相談するのがおすすめです。

もちろん保険代理店に見積もりや資料を請求したり、保険相談をしても必ず保険に加入しなければいけないということはありませんので、気軽に相談してみるとよいでしょう。

3. がん保険の見直しを検討している場合

がん保険の見直しをする際に気をつけるポイントは3つあります。

(1)現在加入しているがん保険は時代に合っていますか?

がん保険の見直しをする際に、まず確認することは現在加入しているがん保険の保障内容が時代に合っているかどうかです。がんの治療は「入院ありき」だった時代から、今は通院だけでがんの治療ができる時代になり始めています。 古いがん保険になればなるほど、がん診断給付金の保障がないものがあったり、保障内容が入院や手術しかなく通院の保障がないものもあったりします。

いくら保険料が安いからといって保障内容の「古い」がん保険を続けていては、もしものときに満足に保険金や給付金を受け取ることができなくなってしまいます。そうならないためにも、まずは現在加入しているがん保険の保障が時代に合っているかを確認しましょう。

(2)新しいがん保険の保障内容、保険料のバランスは取れていますか?

新しく検討するがん保険は、保障内容に比べて保険料が高くなっていませんか? 保障内容と保険料のバランスが取れていないと、無駄に高い保険料を支払う可能性が出てきます。先ほどもお伝えしましたが、保障内容と保険料のバランスが取れているか確認するには、複数の保険会社のがん保険を比較することが一番のおすすめです。

現在加入しているがん保険との比較、複数のプランの新しいがん保険の比較、その中で保障内容がほぼ同様というものでも保険料をチェックしてより安いもの、より納得のいくものを選ぶと失敗せずにがん保険に加入することができます。

(3)どこで見直しをしますか?

がん保険の見直しをする場合、最も大切なことは加入している以外の保険会社でがん保険の見直しをするということです。なぜかというと、同じ保険会社に比較できるがん保険がもう1種類あるという確率は極めて低く、根本的な保障の見直しができないからです。 がん保険は保険会社ごとに保障内容が異なり保険料にも差が出てきますので、必ず複数の保険会社で比較して見直すことが必要です。

一番簡単に見直しができるのが、複数の保険会社を取り扱っている保険代理店です。保険代理店には経験豊富なFP(ファイナンシャル・プランナー)資格を持ったスタッフもいますので、納得いくまで説明してもらい見直しをすることができれば、あなたにぴったり合ったがん保険に加入することができますので、まずは気軽に相談してみましょう。

定期保険の選び方・見直し方の記事一覧

もっとみる